ピクシブ百科事典

ザント

ざんと

この項では、『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』に登場するキャラクターについて解説する。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』に登場するキャラクター。本項で解説。
  2. 夢王国と眠れる100人の王子様』に登場するキャラクター。


概要

英語表記:「Usurper King Zant
CV:北島淳司(トワイライトプリンセス)、玉木雅士(ゼルダ無双)
影の世界の実質的な支配者。トワイライトの王を僭称する。
影の使者達を従え、己が信じる神のためハイラルをトワイライトに飲み込ませようと画策する。
かつては影の世界の王家に仕えていた臣下。しかし野心家であり、かつての祖先たちと同じ過ちを繰り返すことを危惧した影の世界の王により、失脚させられる。
そのショックの最中にガノンドロフと出会い、その怨念と憎悪が宿り、力を授かって謀反を起こした。
そして影の世界の住民たちを影の使者に変え、ミドナの力を奪い、影の世界の王となった。
しかし、選ばれた真の長ではなかった為、光と影を繋ぐ陰りの鏡を完全に破壊することはできなかった。

物語終盤以外では常に仮面で顔を覆っており、素顔が見れない。
影の世界の王の座を奪っただけあり、能力が強く、物語中盤リンクは吹き飛ばされ、ミドナは空中に貼り付ける形に束縛された。



ネタバレ

※ネタバレ注意



しかしザント本来の性格や姿は王らしからぬネタキャラである。
まず、仮面の下の素顔がウルトラマンの出来損ないとか言われている。
そして、奇声を発し、謎の無駄な動きが多く、プレイヤーは「なんだこいつ......。」
と大抵思ってしまう。
そして十字架から落ちたときのポーズが間抜けだったり、足に鉄球をぶつけられた時のリアクションがコミカルだったり、「お前剣術知らないだろ。」としか思えない、力任せに剣を振り回す様子から、誰もが今までのストーリーで思い描いていたザント像をぶち壊されたであろう。
ゼルダシリーズファンからはゼルダシリーズ屈指のネタキャラとして「残念王」と呼ばれる始末である。
ラストシーンの謎の演出にも出演。(その時はやられっ放しだったガノンを見限った可能性も。)

物語終盤で影の世界に乗り込んできたリンクに敗れ、最期はミドナによって完全に止めを刺される。


ゼルダ無双において

コーエーとのコラボゲーム「ゼルダ無双」にも登場。
トワイライトプリンセス編の影の宮殿ステージにボスとして登場する。
ラナに敗れたその後、ギラヒムと共にガノンドロフの配下になってハイラル侵略の手伝いをする。
強いがやはり奇声とコミカルな動きが目立ち、ユーザーからはまるでマスコットキャラクターのアイツを彷彿させたユーザーも少なからず。
ある条件を満たせばプレイアブルキャラクターとして登場。武器は2本の曲刀



散々残念扱いをされているザントだが、どういうわけか無双では結構な強キャラである。
各種強攻撃を連打することで専用に用意されたゲージが溜まる。
その状態で特殊攻撃を使うと、強攻撃ボタン連打でトワイライトプリンセスでも見せた魔法弾の連射、弱攻撃ボタン連打で最終決戦で見せたあの高速回転が出来る。
特に高速回転が強力で、敵を巻き込みながら凄まじい勢いで連続ヒットする為、ザコからボスに至るまで一気に体力を削り取ることが出来る。

強攻撃もザコ掃除に向くもの、巨大魔獣に有効なもの、素早く拠点制圧できるものと便利なものが多く、戦況に合わせてオールマイティーに戦うことが出来る。
残念王とは一体なんだったのか。

しかし、強攻撃を連打しすぎてゲージが振り切ってしまった場合、攻撃が中断されて隙だらけになってしまう。やっぱり残念王じゃないか
使用する際にはゲージの管理をつねに念頭にいれておく必要がある。


余談だが、ゼルダ無双のザント、ギラヒムは攻撃モーションの凝りっぷりが素晴らしいと評判である。
スネにチェーンハンマーを食らった時どころか、とあるムービーにちょろっと出ただけの土下座まで取り入れるとはだれが考えただろうか。

関連タグ

トワイライトプリンセス ゼルダ無双 ゼルダの伝説

関連記事

親記事

トワイライトプリンセス とわいらいとぷりんせす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ザント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 502754

コメント