ピクシブ百科事典

インゴー

いんごー

インゴーとは、「ゼルダの伝説シリーズ」の登場人物(画像右の男性)。
目次[非表示]

概要

CV:長嶝高士
ハイラル平原の中央にあるロンロン牧場の従業員。『時のオカリナ』より登場。

牧場主であるタロンの元で牧場を切り盛りしているが、だらしないタロンに仕事を押し付けられる待遇に不満を抱いている。
7年後の未来ではガノンドロフの後ろ盾で牧場を乗っ取り、追い出されたタロンに代わって牧場主となって彼の娘マロンをコキ使う等、悪役に近い立場となっている。
また、その立場は態度にも表れており、不満を愚痴る程度だった7年前と比べると粗暴な口調になっている。

ガノンドロフに献上する予定の馬であるエポナを育てているが、自分には懐かずに手を焼いていたらしく、レースイベントでエポナに乗ったリンクに負けた際には往生際悪くロンロン牧場を封鎖してリンクを閉じ込めようとしたものの、リンクを乗せたエポナが柵を飛び越えて脱出した事で失敗に終わる。
その後、改心して愛想良く振舞っており、戻って来たタロンも心を入れ替えて真面目に働くようになった。
なお、直接描かれていなかったものの、マロンによればエポナを失った直後はガノンドロフの制裁を恐れて錯乱していた模様。

続編である『ムジュラの仮面』ではインゴーにそっくりなゴーマン兄弟が登場している。

漫画版

7年後の未来では、ガノンドロフの配下となってロンロン牧場の主に収まっていた。それでもマロンのことは「マロンおじょうさま」と呼ぶなど忠誠心は持っていたようである。しかしカカリコ村に預けておいたエポナをリンクに奪われ、反逆罪としてガノンドロフに処刑されそうになったところをツインローバに洗脳され豹変。タロンを追い出し馬を虐めるようになり、更にはリンクをロンロン牧場におびき寄せるためにマロンを人質にする等、原作とは異なる展開となっている。戦闘ではボーガンを持ってリンクとマロンを始末しようとするが、耳に付いた宝石(洗脳装置)をマスターソードで弾かれた事で洗脳が解けて正気に戻った。そのままマロンと共にエポナに乗せられ牧場を脱出した。
皮肉にもエポナがリンクの手に渡ったことで処刑され掛けたインゴーが、今度はリンクとエポナに助けられるという結果となった。作戦が失敗したことでゲルド族は去り、タロンも帰って来てインゴーもまた下働きとして働くようになった。

ムジュラの仮面のコミカライズ版にもゴーマン座長が登場しているが、わずか数コマの出番しかなくストーリーには全く絡まなかった(ぶつぶつ言いながらリンクのそばを通り過ぎるだけだった。彼の悩みはゲームで解決しようということだろう)。

関連タグ

ゼルダの伝説 時のオカリナ ロンロン牧場 タロン マロン エポナ
苦労人 社畜

ルイージ…インゴーのモチーフと思われる任天堂キャラ。

ラディーチェ・リロト…インゴーと同じく待遇の悪さが原因で敵役の力を借りて職場を乗っ取ったキャラ。こちらは自分を蔑ろにする仕事仲間を死に追いやる等、インゴーと違って堕ちるところまで堕ちてしまった。

関連記事

親記事

ロンロン牧場 ろんろんぼくじょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「インゴー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 141

コメント