ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ムジュラ

むじゅら

ゼルダの伝説シリーズの一つ『ゼルダの伝説ムジュラの仮面』の略称、またはそれに登場する仮面の事。
目次 [非表示]

ここではアイテムとしてのムジュラを解説する。


概要

ゼルダの伝説ムジュラの仮面』に登場する仮面で本作のキーアイテム。


太古のとある部族が呪いの儀式に用いていたという不気味な仮面。

元々はお面屋が所持していたが冒頭でスタルキッドに奪われ現在は彼が身に着けている。

お面屋はリンクにムジュラの仮面の奪還を依頼する。

お面屋曰く「3日以内に仮面を取り返さなければ大変な事になる」と言うが……?


他作品では

神々のトライフォース2』や『どうぶつの森』シリーズにもアイテムや装飾品で登場しており、『ブレスオブザワイルド』にもDLCで追加された。こちらは被ると一部の魔物と敵対しなくなるという効果を発揮する。

ティアーズオブザキングダム』でも登場し、効果はブレスオブザワイルドの時と同じ。


関連タグ

ゼルダの伝説 ムジュラの仮面

スタルキッド お面屋





















※以下、『ムジュラの仮面』終盤の重大なネタバレにつき閲覧注意!





















「確かに、力を使うには…荷が大きすぎたようだ…」









「使えない道具は…タダのゴミでしかない…」








昔描いた絵2

この者の役目は、もう終わった…」


















鬼ごっこ

本作のラスボスで、月を落とそうとする張本人。仮面をかぶったスタルキッドに自身の力を使わせ、タルミナに不気味な月を作り出す。更にはスタルキッドの友人であった巨人たちに仮面を被せて封印し、各地方に異変をもたらしていた。

リンクが呼び出した4人の巨人たちに月を止められた際、スタルキッドを「ゴミ」呼ばわりして本性を露わにし、月に入り込んで全てを飲み込もうとする。

ムジュラの仮面との直接対決では、「ムジュラの仮面」「ムジュラの化身」「ムジュラの魔人」の3形態と戦うことになる。


月の中

ムジュラの仮面

恐ろしい外見とは打って変わって、内部は青空と平原、一本の樹が佇む平和的な空間が広がっている。


木の周りを走り回るボス達の亡骸を被った子供たちに話しかけるとお面を要求され、決まった数渡すと“かくれんぼ”が始まる。最後に、樹の根元に座ったムジュラの仮面をつけた子供に話しかけると“鬼ごっこ”と称し、ラスボス戦が始まる。


ただし逃げるのは鬼の方で、追い詰めるのはムジュラのほうである。

だが実際の結果は逆になり、リンクによってムジュラは倒され、仮面はお面屋によって回収された。


漫画版

姫川版では、スタルキッドは寂しさから暴走していたという設定となっている。


自分の望みを叶えてくれるムジュラの仮面を「オイラの一番の友達」と呼んでいたが、月の落下を阻止されるとムジュラの仮面は本性を現し、「バーカめ! クク…、一番の友達だって!? 笑わせるな、誰が、お前みたいな、ゴミと!!」と罵倒してから地面に叩きつけ、光線を放って殺そうとする。ムジュラの仮面は「鬼ごっこ」のつもりでリンクに鬼神の仮面を渡して戦うが、鬼神となったリンクの前には手も足も出ず終始圧倒されていた。最後はリンクの「遊びは終わりだ」の言葉と共に剣の一閃により倒された。


その後ムジュラの仮面はどこからともなく現れたお面屋に回収される。その際に不審な態度を見せるお面屋に向けてリンクは剣を振るい、「消えろ!小悪党」と言い放つ。お面屋が去った後、ようやくリンクは怒りを解き鬼神の仮面を取り外したのだった。


なお、月の内部は「ムジュラの仮面の精神世界」であると語られている。ムジュラの仮面にとってすべてが遊びの世界であり、月もムジュラの欲望の表れという解釈がされている。

また巻末のオマケ漫画には、ムジュラの仮面が誕生するまでを描いたオリジナルストーリーが掲載されている。


関連タグ(ネタバレ込み)

黒幕 ラスボス

関連記事

親記事

ムジュラの仮面 むじゅらのかめん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 878880

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました