2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

憑依ガノン

ひょういがのん

憑依ガノンとは、ゼルダ無双 厄災の黙示録に登場するキャラクター(画像左下)。
目次[非表示]

概要

ゼルダ無双 厄災の黙示録』に登場する敵キャラクター。
なぜか謎の白いガーディアンと似た姿をしている。違いはカラーリングが黒ということ。
アストル未来の一端を見せて予言を行う。

その正体は「未来からやって来た厄災ガノンの怨念に憑依されたこの時代のテラコ」である。未起動だったところを怨念に憑依され乗っ取られてしまったのだ。このためイーガ団には「ガノン様」と呼ばれる。
なお、アストルは元々は小さな村の占い師であり、憑依ガノンが接触したことで「自分はガノンに選ばれた」と思い込んで仲間になったようだ。

生命体を瞬時に吸収する能力を持っており、劇中ではライネルモリブリンを取り込んでいる。これによって強化され、より禍々しい形態への変身が可能となる(後述)。
他の怨念を宿したガーディアンと比べても明らかに規格外の強さを持ち、最終的には本作の裏ボスにまでなった。

Astor


ラストバトルの前哨戦では小型ガーディアンを禍々しくしたような姿となってリンクたちに襲い掛かる。敗北後は追い詰められたアストルからリンクとゼルダの始末を命じられるが、ガノンにとって最早アストルは用済みの駒でしかなく吸収して力に還元してしまう。そしてテラコという入れ物も不要になり爆発四散。
アストル、そして未来の怨念と合一したガノンは巨人へと変貌する。これが本作のラスボスである。そのためブレスオブザワイルドとまた異なる姿となっている。

ラストバトル以外にもバトルチャレンジで戦うこともできる。もちろん難易度は高め。

追憶の守護者

DLC第二弾で追加された「記憶チャレンジ」ではラスボスとして登場。アストルと出会った経緯も少なからず描かれている。
最初の記憶チャレンジでは時間遡航したテラコを追い、その過程でライネルを吸収してテラコを抹殺するべく襲い掛かる。ダメージを受けると更にモリブリンを吸収してから再度勝負を挑む。
一度はテラコに敗れるも、立ち去ろうと背中を向けた隙を突いて逆転勝利。瓦礫の中に埋めて機能停止させた。

最後の戦いでは再びテラコと一騎討ちを繰り広げる。その際の姿はブレスオブザワイルドの厄災ガノン第一形態を彷彿させる巨大な化け物となっている。名称は変異ガノン
圧倒的な力でテラコを容易く機能停止させるが、プルアたちの援護によってエネルギーが届けられ強化復活されてしまう。今度は変異ガノンの敗北となり、元の姿に戻ったところをイーガ団に回収され撤退していった。

ちなみにアストルとの出会いは、厄災ガノンを信奉する占い師の集団と接触したことが始まり。
未来の映像を見せ、彼らが見惚れている間に怨念を放って憑依させ、次々と命を奪って行った。しかし怨念が飛び交う中、ただ一人だけ恍惚とした表情で破滅の未来を見続ける男がいた。その男はガノンの怨念などものともせず佇み、ついには厄災の力を得るにまで至る。この男こそがアストルである。
その後、憑依ガノンはアストルをイーガ団と接触させ手を組ませた。
アストルはハイラル征服戦で「ハイラルの滅亡を望んでいた」旨を語っているので、そういう部分でも怨念と共鳴するところがあったと思われる。

余談

未将崎雄著「リンクの冒険」に登場するガノンは、魔界で封印された本体の一部という設定である。ガノンの一部は他者やホワイト・ソード(ゼルダの一族が生み出した古代遺物)を吸収して大幅なパワーアップを果たし、更にはホワイト・ソードを暗黒に染めて暗黒の剣(ダークソード)へと変貌させている。
最終的にはリンクをも取り込もうとするが、大ダメージを受けて撃退される。最終局面にて封印されていた本体と合体を果たして最後の勝負を繰り広げる。

ゼルダの一族過去に完成させた白の古代遺物ガノンの一部が取り込んで黒に染め他者を吸収して力を付けた末に封印されていた自分と合体を果たす」という役回りは憑依ガノンとよく似ている。
ちなみにこの作品に登場するガノンの一部はリンクそっくりの姿に化けているため、ガノンの一部に襲われた者たちがリンクを敵と勘違いして攻撃を加えるという展開がある。
これも憑依ガノンの被害を受けたリト族がテラコを見てリンクたちを敵と勘違いするという厄災の黙示録の展開に通じるものがある。

小説形式で物語が進む「魔界からの逆襲」に登場するガノンは、怨念となってリンクとゼルダを過去の時代へと引きずり込み、そこでリンクを始末することで「自分が倒される」という歴史を変えて復活を果たそうとしているという設定。

「ガノンの怨念が過去の世界へ行き、主要人物の抹殺を目論むと共に自身の復活のため暗躍する」というのは憑依ガノンとよく似ている。

関連タグ

ゼルダの伝説シリーズ 厄災の黙示録 ゼルダの伝説のキャラクター一覧
厄災ガノン アストル テラコ ガーディアン(BotW)

ガノン:田口順子版神々のトライフォースでは、命乞いからリンクの油断を誘い不意打ちするという卑怯な手を使っている。死んだ振りをして背後からテラコに逆襲した憑依ガノンと似ていなくもない。

ダークリンク:未将崎雄のコミカライズ版のダークリンクと憑依ガノンの役回りがよく似ている。

アグニム:原作では倒した直後に半透明のガノンが抜け出す描写があるなど「憑依されていた」ように見えなくもない。ガノン復活のために暗躍した「ガノンの分身」という設定も憑依ガノンと共通する。付け加えると未将崎雄に登場した「異界に封印された本体の代わりにハイラルで暗躍したガノンの一部」とコンセプトが同じ。

ガノン憑依ゼルダ:似たような名前の敵。
シア(ゼルダ無双):前作の黒幕の一人。『黒』の魔女。
ミストバーンダイの大冒険の登場人物。と同じ名前を冠する配下。
ミストマァム:ダイの大冒険のヒロインであるマァムが憑依された状態。ラスボス戦の前辺りに戦ったり、肌が変色したりなど憑依ガノンと似た部分がある。

関連記事

親記事

厄災ガノン やくさいがのん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38433

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました