ピクシブ百科事典

モリブリン

もりぶりん

ゼルダの伝説シリーズに登場する魔物の一種
目次[非表示]

概要

初代ゼルダの伝説を始め、夢を見る島時のオカリナ風のタクトふしぎの木の実スカイウォードソードなど出演先は多岐に及ぶ。

大体は豚人間のような太ましい姿をした一般的なファンタジー作品で言うオークに近いモンスターで、ゼルダシリーズでよくあるデカくて鈍いけど攻撃力が高い雑魚敵に相当する。

その体躯に違わず、大抵は大型の武器を所持しており、一番顕著なのが持ち。

作品別

初代ゼルダの伝説

敵モンスターの一種として登場するが、とある場所では臆病なモリブリンが隠れており、後に後世まで語り継がれる有名な台詞「ミンナニ ナイショダヨ」を残し、見逃し金としてルピーを渡してくる(この要素は神々のトライフォース2までも確認出来るが、台詞を喋るモンスターがヒノックスに変わっている)。

時のオカリナ

大人リンクよりもはるかに大きな体をした巨人のようなモンスターとして登場。
大人時代において森の神殿前にある迷路を彷徨き、リンクを見つけると槍を構えて突進してくる。
前方に対する備えは万全だが、反面背後に対しては無防備で、後ろから攻撃すると一撃で倒せる。

他には神殿前の通路に陣取り、棍棒を地面に叩きつけて指向性の衝撃波攻撃を仕掛けてくるボスブリンという上位個体も存在する。

夢を見る島

こちらは槍系と盾持ちの敵として登場。

ふしぎの木の実

剣や槍で武装している普通のザコ敵として登場。
さらに大きな身体にまるで王様のような格好をしたボスブリンも存在しており、こちらはただのモンスターではなく、セリフ付きのNPCキャラクターという側面も与えられている。

風のタクト

HD!



ブルドックのような頭にブタ鼻をあしらった姿。
顔は大きめのマッシブな体格をしており、武器は槍(というよりもはや薙刀)を扱い、同作のボコブリンよりも強化されている。
茶赤の個体と青黒い色の個体が存在し、主に魔獣島やガノン城などガノンドロフの拠点近辺に多く存在している。

また、とあるイベントではジークロックが誘拐してきた少女の一人に惚れられ、仲良くなった個体もいる。

スカイウォードソード

同作品のボコブリンを肥大化させたタイプ。
鉄や木の盾などを扱う強めの雑魚敵として扱われる。

神々のトライフォース2

ロウラルフィールドに生息するブタの魔物。
完全なる二足歩行の豚であり、武装は剣・槍+盾の組み合わせ。

ブレスオブザワイルド

イメージ図

モリブリン(Botw.ver) 簡略図


序盤の台地から降り、村を目指す際にはほぼ確実に遭遇する。

実在する動物のバクツチブタに長い角が生えたような細長い頭、手足首に包帯を巻き、ボコブリンのようなふんどしを着た外観で、リンクの二倍程の大きさの細めの体躯を持つボコブリンの上位種。

複数の同種やリザルフォス、ボコブリン達と集団生活をしている。

生態
細めながらも足腰はしっかりとしており、剣での攻撃程度は勿論、ボコブリンリザルフォスが一発で吹き飛ぶ“リモコンバクダン“の直撃であっても怯みこそすれど倒れることはない。

例にならって怪力持ちで、ほぼ常に木や骨で繕ったバット系や槍、金属の両手剣系、ハンマー等、己の怪力を存分に生かせる大型武器を持ち歩き、個体によっては盾や剣、弓や属性矢なども巧みに扱う。
特に王家装備や竜骨系を持ったモリブリンの攻撃力は驚異的で、文字通りの“鬼に金棒“状態。

基本的にバット(両手剣)持ちは攻撃動作は遅いものの他の敵の対処に気を取られてる時にケツバットを食らわせてくることも度々あり、その強烈な一撃によりハートをごっそりと持って行かれ、挙げ句崖下に叩き落とされたりもする。

バットを何回も振り続けたり、足で蹴飛ばしたり、素手をハンマー代わりに叩きつけたり、槍で突進攻撃を繰り出したりと、ワイルドな動きが目立つ。

武器を奪われると体を大きく後ろに反らして雄叫びをあげる。

余談
脳筋を体現したかのような非常に凶暴な性格で、戦闘時には時折近くのボコブリンを掴んでぶん投げて攻撃手段にしたりと、ボコブリン以上に容赦がない。…が、時たまに集落では仲良く会話している姿も見掛けられるため、現実でいうアツくなると見境が無くなるタイプであると思われる。

ちなみにとある場所では木のオタマ(または松明)と鍋のフタで武装(笑)した非常にシュールな光景を見ることができる。

種類
下に行くほど体力と攻撃力、武器の質が上昇。
リンクの強化具合やストーリー進行度に応じて上位種も出現する模様。

(赤)モリブリン
最も最初期のモリブリン。
ある程度進めたのなら接近よりも強化バクダンを3発叩き込んだ方が消耗が少なく済む。

青モリブリン
ゲームをかなり進めると殆どが黒に置き換わるため段々と見かけなくなる。

黒モリブリン
この段階でも十分硬い。

白銀モリブリン
ノーマルモードでのモリブリンの最上位種。

白銀系は倒せば高価な宝石を落とすため、小銭稼ぎに狩るのもいいが、大抵は黒モリブリンや黒ボコブリンを連れて集落を構えている。

そのため、生半可な装備で真っ向から纏めて相手にする思考で突撃するのは危険。
(オマケに白銀モリブリンはライネルを除いた他の白銀と比べてやたら堅く、体力が1080と4桁越え。

王家の弓(攻撃38)でバクダン矢を十発打ち込んでようやく瀕死および沈黙する程の他の魔物とは一線を画した化け物じみた生命力を持ち合わせており、加えて王家や竜骨を持った際の単純な攻撃力だけなら白銀モリブリンは最低でも初期型のライネルクラスに匹敵する)

金色モリブリン
マスターモードのみに登場する白銀の更に上位に位置する個体。
体が黄金色で彩られ、体力と攻撃力は白銀をも優に超えるイカれ仕様である。
王家や竜骨を持った金色モリブリンの圧倒的な攻撃能力は最早ライネルの上位種に匹敵すると言っても過言ではない。

しかし本質的にはただ火力を上げて堅くなったモリブリンとも言えるが、戦う場合はライネルと対峙する気で挑んだ方が身のためである。

ドロップ品は白銀と同様。

スタルモリブリン
白骨化したモリブリン。
ボコブリンやリザルフォスと同様に夜間にのみ出現し、頭が無事なら何度でも蘇る。

耐久性は他の骨と比べると高めで、剣で2,3回ぶっ叩かないとバラバラにならないが、リモコンバクダンで簡単に吹き飛ぶ。
ちなみにスタルモリブリンはほぼ決まって兵士クラスの弓や骨バット等の武器を携えて出現するため、緊急補充には最適である。

カースモリブリン
神獣およびハイラル城内部でのみ出現するカースガノンの魔力で操られたモリブリンの頭蓋骨。

神獣にこびりついたゲル状の口から目玉を破壊されるまで他の頭蓋とともに無限に吐き出される。
自我は無く、浮遊しながらただ襲うだけの存在。
ボコブリンの頭蓋骨より若干耐久性が上がっている。

ドロップ品は無し。

関連タグ

ゼルダの伝説のキャラクター一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「モリブリン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4315

コメント