ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

初代ゼルダの伝説を始め、夢をみる島時のオカリナ風のタクトふしぎの木の実スカイウォードソードなど出演先は多岐に及ぶ。

大体は豚人間のような太ましい姿をした一般的なファンタジー作品で言うオークに近いモンスターで、ゼルダシリーズでよくあるデカくて鈍いけど攻撃力が高い雑魚敵に相当する。

その体躯に違わず、大抵は大型の武器を所持しており、一番顕著なのが持ち。

作品別

初代ゼルダの伝説

敵モンスターの一種として登場するが、とある場所では臆病なモリブリンが隠れており、後に後世まで語り継がれる有名な台詞「ミンナニ ナイショダヨ」を残し、見逃し金としてルピーを渡してくる(この要素は神々のトライフォース2までも確認出来るが、台詞を喋るモンスターがヒノックスに変わっている)。

時のオカリナ

大人リンクよりもはるかに大きな体をした巨人のようなモンスターとして登場。
大人時代において森の神殿前にある迷路を彷徨き、リンクを見つけると槍を構えて突進してくる。
前方に対する備えは万全だが、反面背後に対しては無防備で、後ろから攻撃すると一撃で倒せる。

他には神殿前の通路に陣取り、棍棒を地面に叩きつけて指向性の衝撃波攻撃を仕掛けてくるボスブリンという上位個体も存在する。

夢をみる島

こちらは槍系と盾持ちの敵として登場。

ふしぎの木の実

剣や槍で武装している普通のザコ敵として登場。
さらに大きな身体にまるで王様のような格好をしたボスブリンも存在しており、こちらはただのモンスターではなく、セリフ付きのNPCキャラクターという側面も与えられている。

風のタクト

HD!



ブルドックのような頭にブタ鼻をあしらった姿。
顔は大きめのマッシブな体格をしており、武器は槍(というよりもはや薙刀)を扱い、同作のボコブリンよりも強化されている。
茶赤の個体と青黒い色の個体が存在し、主に魔獣島やガノン城などガノンドロフの拠点近辺に多く存在している。

また、とあるイベントではジークロックが誘拐してきた少女の一人に惚れられ、仲良くなった個体もいる。

スカイウォードソード

同作品のボコブリンを肥大化させたタイプ。
鉄や木の盾などを扱う強めの雑魚敵として扱われる。

神々のトライフォース2

ロウラルフィールドに生息するブタの魔物。
完全なる二足歩行の豚であり、武装は剣・槍+盾の組み合わせ。

ブレスオブザワイルド

イメージ図

モリブリン



実在する動物のバクツチブタに長い角が生えたような細長い頭、手足首に包帯を巻き、ボコブリンのようなふんどしを着た外観で、リンクの二倍程の大きさの細めの体躯を持つボコブリンの上位種。

生態
細めながらも足腰はしっかりとしており、片手剣での攻撃程度は勿論、ボコブリンリザルフォスが一発で吹き飛ぶリモコンバクダンの直撃であっても怯みこそすれど倒れることはない。

見た目通り怪力持ちで、ほぼ常に荒削りの木や骨で繕ったバット系や槍、金属の両手剣系やハンマー等、己の怪力を存分に生かせる大型武器を持ち歩き、個体によっては盾や剣、弓や属性矢なども巧みに扱う。
武具を持っていない場合でも、距離が離れた相手に投石を行ってくる。

中盤以降での王家装備や竜骨系を持ったモリブリンの攻撃力は驚異的。

基本的にバット(両手剣)持ちは攻撃動作は遅いものの、他の魔物に気を取られてる時にケツバットを食らわせてくることも度々あり、その強烈な一撃によりハートをごっそりと持って行かれ、吹っ飛ばされた挙げ句崖下に叩き落とされたりもする。

しかし図体がデカいので、主に片手武器を持ったモリブリンの足元に思い切って突っ込むと、こちらに攻撃が当たりにくいという弱点もある。

バットを何回も振り続けたり、足で蹴飛ばしたり、素手をハンマー代わりに叩きつけたり、槍で突進攻撃を繰り出したりと、ワイルドな動きが目立つ。

武器を奪われると体を大きく後ろに反らして雄叫びをあげる。

脳筋を体現したかのような凶暴な性格で、戦闘時には時折近くのボコブリン(場所によってはミニロックなど)を掴んでぶん投げて攻撃手段にしたりと、ボコブリン以上に容赦がない。(その後崖下に落ちようが溺れようがモリブリンは知ったこっちゃないのである)

しかしながら、時たまに集落では仲良く会話している姿も見掛けられるため、ゲーセンなどで稀に居るアツくなると見境が無くなるタイプに相当する。

とある場所では木のオタマ(または松明)と鍋のフタで武装(笑)した非常にシュールな光景を見ることができる。
あと泳げない。

種類
リンクの強化具合やストーリー進行度に応じて上位種も出現する模様。
体力を攻撃力と所持武器の質が比例して上昇する。

(赤)モリブリン
ノーマルモード最初期のモリブリン。
武器もハートも乏しい序盤においては一撃で即死・瀕死級と脅威。
リモコンバクダン+でも3発必要なタフネスを持つ。
マスターモードでは他のリザルやボコブリンの初期種と同様、僅か一体しか存在しない。

青モリブリン
序盤辺りで出現する上位種。体色は群青色。
初期は集落などで見かけられるが、ゲームを進めていくと殆どが黒に置き換わる。

黒モリブリン
体がドス黒くなり、体力も攻撃力も格段に高くなって危険度が増した上位個体。
終盤では殆どのモリブリンがコレになる。

白銀モリブリン
ノーマルモードでのモリブリンの最上位種。

白銀系は倒せば高価な宝石を落とすため、小銭稼ぎに狩るのもいいが、大抵は他の黒以下の魔物を連れて集落を構えている。

生半可な装備でコイツが居る集落に真っ向から纏めて相手にする思考で突撃するには相応のリスクが伴う。
因みに体力はHP1080と4桁に達してしている。

そのしぶとさを挙げれば-

  • 王家の弓(攻撃38)でバクダン矢をボディに十数発ブチ込んでやっと沈黙する
  • 平均攻撃52の王家の両手剣でも20回程殴らないとくたばらない
  • 攻撃30未満の武器なら倒す前にぶっ壊れる

オマケに高頻度で王家や竜骨系を持っているので、単純な攻撃力なら初期ライネルクラスと同等以上。
マスターモードでは進めていくうちにそこら中に出現するようになる。

ちなみに白銀種はマスクを付けてエサを与えても全く反応しないため、餌付けによる不意打ちが通用しない。

金色モリブリン
マスターモードのみに出現する、白銀の更に上位に位置する個体。
遠方からでも見紛うことがない黄金色の体、体力はHP1620、攻撃力は白銀種をも上回り、総じてHP1000台を超える金色種よりも頭一つ飛び抜けた戦闘力を持つ。

王家や竜骨を持った金色モリブリンの圧倒的な攻撃力は最早語るまでもない。

本質的にはただ火力を上げて堅くなったモリブリンとも言えるが、強力な武器を高確率で所持しており、生半可な防具では一撃で瀕死及び即死、最大強化した防具でもかなり痛い。

ドロップ品は白銀と同様。

スタルモリブリン
白骨化したまま活動するモリブリンの亡骸。
他のスタル系と同様に夜間にのみ地面から突如として出現し、頭と体が一組でも無事なら何度でも接合して復活する。

耐久性は他のスタル系と比べると高めで、片手剣では2~3回ぶっ叩かないとバラバラにならないが、他のスタル系と同じくリモコンバクダンで簡単に吹き飛ぶ。

この種類は他のスタル系と同様にプレイヤーの目の前に出現するが、コイツは殆どの場合は決まって兵士~騎士クラスの弓やトゲモリブリン~竜骨バット等の有用な武器を携えて出現するうえ、奪うのが簡単故に緊急補充には最適なのでスタル宅急便(夜勤制)と揶揄される。

オルディン地方の山中では、火の粉が舞う灼熱地帯に入るか入らないかのギリギリな領域で出現する事がある。
灼熱地帯で出現すれば無論身体や武器に火が付き、あろうことかそのまま活動する。

カースモリブリン
神獣およびハイラル城内部でのみ出現するカースガノンの魔力で操られたモリブリンの頭蓋骨。

神獣にこびりついたゲル状の口から、目玉を破壊されるまで他の魔物の頭蓋骨と共に無限に吐き出される。
自我は無く、浮遊しながらただ襲うだけの存在。
ボコブリンやリザルフォスの頭蓋骨より若干耐久性が上がっている。

ドロップ品は無し。

関連タグ

ゼルダの伝説のキャラクター一覧 ゼルダの伝説

関連記事

親記事

ゼルダの伝説のキャラクター一覧 ぜるだのでんせつのきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「モリブリン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 78273

コメント