ピクシブ百科事典

カリ・ユガ

かりゆが

ゲーム『スーパーロボット大戦UX』のオリジナルキャラクター。またはインド哲学における時期の名前。
目次[非表示]

カリ・ユガ(インド哲学)

インド哲学において登場する言葉で、サティヤ・ユガ、トレーター・ユガ、ドヴァーパラ・ユガ、カリ・ユガの4つの循環する時期からなる「時代」のことを「ユガ」と呼び、このうちカリ・ユガは最後の段階になる。

ビックリマン2000』に登場するカリユガは当然これが由来。

カリ・ユガ(スパロボUX)





ネタバレ注意


















概要

CV:松井菜桜子

ゲーム『スーパーロボット大戦UX』のラスボス
輪廻の終焉における宇宙崩壊を防ぐため、一度宇宙を無に還し、新たな輪廻を生み出すであり悪魔
外見は金髪八本腕美しい女性ながら、サイズが3Lの上にHP・能力値が高く異常に硬い。また強力なMAP兵器も有しているため、密集しているとひどい目に遭う(取り巻きを巻き込む場合は撃ってこないが、この取り巻きも各種ステータス低下武器を持っているため非常に鬱陶しい)。


 ……が、そもそも彼女が現れた理由は『輪廻を繰り返しすぎて可能性が宇宙を圧迫するようになったため、一度まっさらな状態(混沌)に返して宇宙をやり直す』というもの。そして、その原因たる『繰り返し過ぎた輪廻』の原因がこの人だったりする。……つまり彼女自身は主人公たちに何かしらの悪意を持っているわけではなく、役目に従ってその後片付けに駆り出されただけである。
それで倒されたのだから、ある意味彼女も被害者と言えなくもない。
また、イベント戦闘で撃墜された時の断末魔の悲鳴がやたらと悲痛な恐怖混じりの声色となっており、上記の理由と合わせてシリーズで最も不憫なラスボスと評される事も多い。
……その一方で、イケナイ何かに目覚めてしまったプレイヤーも少なからず確認できる。
上記の通り巨大な女性そのものがユニットであるため(攻略本に掲載されている設定画によると最小でも2km)、基本的にSD体型である味方機とのサイズ差の都合上で味方側ユニットにやたらとふとももあたりに攻撃を受ける羽目になっていることもネタキャラ化の一因かもしれない。


具体的にどれぐらい不憫かというと

・ラスボスなのに黒幕じゃない
・最終話まで影も形もない(一応ある程度言及はされるが、カリ・ユガという名前は最終話まで出てこない)
・上記の通りあまりにも巨大であるため、めちゃくちゃ攻撃が当たりやすい
・だというのに切り払い、分身などの回避スキルを一切持っていない。そのため規格外のHPもゴリゴリ削れる(ただし底力とガードスキルのせいで、最終的に無茶苦茶固くなる)。
・その上HPが半分ほどになるとイベントが挟まれ、HPが全快するが、味方ユニットのHP・EN・SP・弾薬も全回復する。実質仕切り直しである。
・さらにイベント後はラスボス恒例であったラスボス専用戦闘BGMの優先権が消失し、戦闘を仕掛けたor仕掛けられたユニットのBGMの方が優先されるようになる。(MAP兵器のみ普通にBGMが流れるが…)
刹那からはリボンズの同類と断定され、関羽ガンダム&張飛ガンダムからは外道と呼ばれ、旧神化した九郎からは紛い者の神様呼ばわりされ、挙句フェイに至っては「勘違いしてる上から目線のマシンは、再インストールしないとね!」と言い出す。
・女性の外見をしているのにも拘らず、自軍の連中はどいつもこいつも躊躇する気配が無い。版権作主人公の多くは戦闘前会話で激しい怒号を上げ、地獄コンビに至っては一切の容赦も見せずブッ殺す気マンマンであり、フェイに至っては彼女の行動の本質が根本的におかしい事、そしてそれこそが危機の元凶だと指摘する(実質的な存在の完全否定に等しい)
・挙句の果てには通常戦闘とイベント戦闘で2回撃墜される。(断末魔はイベント戦闘の方)

……もうやめてやれよ。

尤も、放置すればカリ・ユガの手で宇宙がリセットされていたこと、さらに人が新たなユガへと至った事を最後まで認めなかった(=対話の余地がなかった)ことなど、自軍側からすれば生きるために戦わざるを得なかったのも事実である。


シリーズの歴代ラスボスと比べてもかなり規格外のスペックを持ち、恐らくBXの裏ボス第三次Zのラスボスよりも格上かつこの人?とも対等に渡り合えるであろう数少ない存在…なのだが、ユーザーの間では「ユガたん」というやたら可愛らしい愛称で呼ばれ、更にはかの筆頭政務官と同じような扱いをされる事が少なくない。
それでも、歴代スパロボのラスボスでは最も美しいユニットと評されている。

その顔グラフィックや容姿から『輪るピングドラム』のあるキャラクターに似ているとの声も。

関連イラスト

カリ・ユガ
雁優雅たんは転生かわいい


(仮)歪美姉
カリ・ユガさんを追い詰めてみた!



関連タグ

ヒンドゥー教  インド神話 宗教 終末論 
スーパーロボット大戦UX アニエス・ベルジュ サヤ・クルーガー
哀しき悪役

TYPE-MOON世界観:UXの世界観に非常によく似ている時空群。マルチバースそのものの崩壊を防ぐため、世界意志によって約100年毎に並行世界の間引きが行われる。UXは可能性を一つに収束させユガを乗り越えたが、こちらでも多様な可能性を内包する世界のみが生き残る。

pixivに投稿された作品 pixivで「カリ・ユガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 114446

コメント