ピクシブ百科事典

奈良シカク

ならしかく

奈良シカクとは、漫画・アニメ『NARUTO』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:家中宏

シカマルの木ノ葉隠れ所属の上忍。右目の上と右頬にがあるのが特徴。
かつては秋道チョウザ山中いのいちとフォーメーション鹿を結成していた。
将棋でシカマルを軽く捻るほどの頭脳の持ち主。

恐妻家で、のヨシノには頭が上がらない。
シカマルにどうしてあんなキツい母ちゃんと結婚したんだ?と聞かれた際には「あんな母ちゃんでも優しく笑うときがある」と答えており、あきれられている。

知識豊富でもあり、自来也とナルトが会得した仙術チャクラや、オオノキの会得した血継淘汰の存在についても知っていた。奈良一族秘伝の術である「影縛りの術」(「影真似」の旧称)や「影首縛りの術」等を使いこなす。

綱手の護衛を務める、火の国大名との交渉で六代目火影はたけカカシを推薦するなど、格は高い。
第四次忍界大戦では忍連合の参謀長に就任し、指揮を執った。
ランチェスターの法則などを利用した作戦とその頭脳は、雷影エーをして「木の葉を落とせなかった理由が分かった」と言わしめたほど。

白ゼツによる特殊工作が展開され、頭脳に叩き込んだ様々なデータを冷静かつ迅速に分析して、うずまきナルトの九尾チャクラが大きな打開策になることを導いた。
その後は、十尾と死闘を繰り広げる忍達を援護したが、十尾が本部に向けて放った尾獣玉によって、死を覚悟し、いのいちと共に十尾を止める策と息子のシカマルに対する最後の言葉を伝えて戦死した。

ちなみに物置の左側の木箱の中にはヨシノに見つかるとまずい物が隠されているらしく、こんな時だというのにシカマルに処分を懇願していた。今までで一番取り乱したのではないだろうか。

また、息子や孫の少年期の性格からして(息子が大人になったら改善した事もあり)
シカクも・・・

使用する術

  • 影縛りの術  -影真似の術はかつては影縛りの術と呼ばれていた。
  • 影首縛りの術 -影を物質化して相手を縛る術。


関連イラスト

撮影:チョウザさん
【シカ誕】奈良一家



関連タグ

NARUTO 奈良シカマル ナイスミドル

pixivに投稿された作品 pixivで「奈良シカク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 667529

コメント