ピクシブ百科事典

安達映子

あだちえいこ

安達映子とは、『甘城ブリリアントパーク』の登場人物。

CV:五十嵐裕美

人物像

遊園地「甘城ブリリアントパーク」のアルバイト募集にやって来た女子大生
巨乳のおっとりしたお姉さんで、面接後に無事採用されて甘ブリで働くことになる。

育ちの良さから来る柔和な物腰とルックスは西也をして「男なら誰でも隣にこんな人が住んでいたらと妄想する」などと内心で妄言を吐かせるほどだが、些かならず天然ボケの嫌いがあり、過去の仕事で出演していた映像作品のジャンルを説明する際、壮大な誤解を招く語彙を使ってしまう悪癖がある。
当人はまだ周囲が抱く誤解に気付いていないようだが、もし自覚したらどうなってしまうのだろうか。

かなりのお嬢様育ちで、父親の言いつけをなんでも聞き入れる“良い娘”だが、当人なりに葛藤や鬱屈はあった模様。声優のアルバイトを辞めたのも父親が難色を示したからであった。
しかし父親の決めた婚約者とマカロンが揉め事を起こしたのを発端として抑圧していたものが爆発し、甘ブリ存続に関わるほどの騒動を巻き起こしてしまう。
騒動の際には「父がマカロンや甘ブリに危害を加えるようなら、父を殺して自分も死ぬ」とまで言い放ち、普段のおっとりした彼女とはかけ離れた一面を見せた。

マカロンに対しては職場の上司として信頼を寄せている模様。
或いはそれ以上の目で見ているのかいないのか……?

関連項目

甘城ブリリアントパーク 中城椎菜 伴藤美衣乃 タスクフォースABC
小鳥遊ひな:中の人と絵師が同一。絵師の人脈で声優が起用されてきたかは不明。

pixivに投稿された作品 pixivで「安達映子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 737237

コメント