ピクシブ百科事典

音速丸

おんそくまる

漫画「ニニンがシノブ伝」に登場する何だかよくわからない黄色い物体。(゜3゜)ん~、おっぱい
目次[非表示]

音速丸ルルルウゥゥゥァァァア!!

ニニンがシノブ伝に登場するのような生物で曰く「あっちのサイズも加藤鷹」らしい。
鷹である設定だったのに、本人は「趣味で鷹をやってる」といっている。作者自身も設定をすっかり忘れており、アニメの第1話を見て思い出したと語る。おい!

主人公シノブのお目付けとして登場するが実は彼女が通う忍者学校の頭領である。
シノブ以外は全員正体を知っているが、実際気付かないほうがおかしい。まぁシノブちゃんなので良しとしよう。

作者古賀亮一氏の作品につき物のセクハラキャラの一傑。その強烈なキャラクターは氏の最長連載作品であるゲノムパクマンさんとの二大巨根・・・巨頭を成す。
連載初期からドラマCDがリリースされ、作者の古賀氏が別メディア化に際し唯一出した要望によって声を担当した若本規夫に合わせたキャラクターになった。ほぼ素の演技らしい。
当初はまだ鳥らしさがあったが、楓に勝つために鍛えマッスル化したあたりから著しくUMAと化していった。

アニメ版では若本による演技を超えた激しい壊れぶりで視聴者を爆笑および腹筋崩壊させ、ものの見事にぶっ壊れた若本とまで言われている。
作中でも若本節がこれでもかというぐらい炸裂しているが、これは若本のアドリブによるものらしい。また、最終話では若本繋がりで銀河英雄伝説オスカー・フォン・ロイエンタール提督のセリフの一つを「イゼルローンは陽動、本隊はフェザーン行きときたぜ」というギャグを入れている。アニメ化決定後に製作されたドラマCDシリーズでの若本氏の怪演技は暴走の域に達し、毎度後半はただの若本が主に川澄綾子にセクハラするドラマCDに変貌する。

本来の主人公であるシノブを差し置いて物語の主軸となる回が多く(そもそもシノブちゃんが音速丸にセクハラされる漫画なのでしょうがない)、ファンの一部からは「この作品は音速丸のためにある」と言われるぐらいの人気キャラである。

関連イラスト

射音命速丸
音速さん。


音速ジェット、突き刺さる。
\射命丸/\射命丸/\音速丸/



関連タグ

ミトン(魔法少女なんてもういいですから。):カップやきそば現象

pixivに投稿された作品 pixivで「音速丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1965411

コメント