ピクシブ百科事典

春日聖

かすがひじり

トリニティセブンの登場人物

概要

CV諏訪彩花
16歳、身長:156cm、スリーサイズ:B 83/W 56/H 84。

福音探求会のメンバーの1人。元々はアラタの下へ派遣された、元・王立リベル学園の魔道士。書庫は憤怒(イラ)で、テーマは崩壊(ルイーナ)創造(パルタム)分解(アナリシス)の3つ。アスティルの写本イーリアス断章の元々の所持者でもある。両親が事故で他界したため、アラタの「従姉妹」の名目で彼の家で生活していた。世話好きで口うるさいところもある。

「崩壊現象」で「無の世界」に飛ばされる寸前、アラタに伝説の魔道書「アスティルの写本」を手渡す。現在の聖はアラタの知る聖ではなく、魔王因子をその身に宿して世界を滅ぼそうと目論む強力な魔道士となっているが、それはトリニティセブンと出会った魔王が世界を滅ぼし、また世界が生まれては魔王が滅ぼすという破滅のループから、魔王候補であるアラタを救うための行動であったことが語られる。

魔王因子を用いることで「崩壊」、「創造」、「分解」の3つのテーマを極めており、トリニティに達している。異空間にアラタを閉じ込めることに失敗したため、「憤怒」の顕現装束「セイタン」をまとってトリニティセブンと対決するが、魔王因子を持つアラタとリリスの「メテオ・ドラグナー」に敗れ、一時休養を余儀なくされた。アラタには昔から好意を抱いており、短編小説ではアラタとは実際に血のつながりがあることが明かされた。聖はアラタの魔王候補としての力が無ければ、「アラタさんのお嫁さん」になるという夢を抱いていた。

関連タグ

トリニティセブン 春日アラタ ソラ(トリニティセブン) イリア(トリニティセブン)

pixivに投稿された作品 pixivで「春日聖」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3863

コメント