2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「見てください。本当に今日は綺麗な満月ですよ

プロフィール

誕生日5月5日(実際は6日。理由は後述)
身長159cm
血液型A型
イメージカラー
好きな食べ物
好きな飲み物カレー
嫌いな食べ物梅干し
好きな動物カンガルー
よく見るテレビワイドショー
好きな映画犬が死ぬ系
好きな本ガイドブック
日課腹筋、ヨガ
お気に入りスポットペットショップ
得意科目(5教科)理科
CV水瀬いのり


概要

五等分の花嫁』に登場する五つ子末っ子
五つ子の中では1話で最初に上杉風太郎と出会う。
コミックの単独表紙は6巻・11巻。

容姿

中野五月


ウェーブのかかった長い髪で前髪の一部が長く後ろに伸びている。
星形の髪飾りを前髪に着けており、アホ毛が生えている。
私服はオープンショルダーロングスカートの組み合わせが多い。
制服はシャツの上に赤いニットベストを着ており、白いハイソックスを履いている。また、姉妹の中で一番スカートの丈が長い。
視力が悪い為、勉強の時には眼鏡を掛ける。

人物

風太郎を「上杉君」と呼ぶ。風太郎と2年の時から同じクラス(3年では五つ子全員がクラスメイト)。
真面目な性格であり、末っ子でありながら精神年齢は1番上。
風太郎に教えを乞う、指示されなくても自習をするなど勉強に対する意欲もある、ただしテストでは努力が実が結ばないのか、なかなか結果が出ない様子。
真面目な性格が影響して、他の姉妹に変装する時はかなり緊張するらしい。
恋愛も不得手で、あまり風太郎に対してとやかく言えないレベルの鈍感さである。

食いしん坊な一面があり、二乃から「肉まんお化け」と称されている。

中野五月🌎


五つ子の体重の合計は250kgで五月本人は「一人当たり50kgで割り切れる」と断言しているが、他の姉妹のリアクションからもっと重いと思われる(※)。水着のイラストから体型は崩れていないので、栄養は胸に行っているのかも知れない。これは、姉妹5人のバストは全員88cmでその合計値は440cmであるはずが、実際は441cmと五月だけ89cm疑惑が出ている扱いからも分かる。

初対面の際に風太郎に「勉強を教えてほしい」と頼んたが断られたのを根に持ち、二乃と同じように彼に冷たい態度を取っていた。
その為、花火大会で自分たちの関係を問われた際には「100歩譲って赤の他人」と答える程であったが、自分達に対する頑張りや林間学校で変装して、危うく取り返しのつかない事態から救ってくれて以降、次第に信頼を寄せるようになる。
彼の妹のらいはは最初から気に入っており、彼女の頼み事は基本的に断れない。その為に嫌いな風太郎にメアドを教える羽目になったり、プリクラを一緒に撮ったりしている。

おばけが嫌いで、林間学校の肝試しで二乃とはぐれた際には泣き出してしまった。
今は亡き母親の影響を受けており、みんなの母親代わりをしたり、父親の件もあって男に対して警戒しているところがある。
上杉家へ直接行った経験があるのは彼女だけである(家庭の事情は本人から聞いた一花も知っている)。

※=ただし、同じ体重でも『体脂肪が多い人』『筋肉が多い人』では比重の上では後者が重い為、姉妹で最も体を動かしている=筋肉が多いと思われる四葉が、五月に匹敵する体重の可能性も否定できないが……。

関連イラスト

☆
こっち見ないでください…


落書き五月ちゃん
食いしん坊の赤ずきん



関連動画



余談

五等分の花嫁の公式ツイッターで作中のシーンをセリフだけ変えたコラが発表される。五月は毎週金曜日に発表されるが、ほとんどがごはん関連である。
こちらの投稿では、五月が159cmの標準体重は55.6kgであると答えているが、自身を指しているのかは不明である。

第1回人気投票では3位。

五つ子の誕生日は5月5日とされているが、実は生まれる際に五月だけ日をまたいでしまったので五月の誕生日は5月6日である事実が14巻のキャラクター紹介で判明した。ちなみにこれをいじるのは『五つ子ハラスメント』になるらしい。

二乃との共通項

五つ子の中では、次女の二乃との共通項がかなり多い。
ざっと列挙しても

  • 姉妹に対する愛情が強い(故に時にトラブルを招いてしまう)
  • 日課に二人してヨガ
  • 嫌いな食べ物が漬け物(五月は梅干し単品だが、二乃は漬け物全般と違う)


蛇足

余り知られておらずこの作品でも勘違いされているが、双生児以上の「同時に誕生する子供」は後から生まれてくる方が上である。つまり、本来なら五月が長女で一花が末っ子だったりする。

……ただし、現在の日本では1874年(明治7年)12月13日にて布告された「産まれた刻限が早い子が上の子になる(要約)」によって、法的に産まれた順序がそのまま序列になったので、上述の内容は既に無意味になっている(それもあって、12月13日は『双子の日』に制定された)。
しかし、帝王切開の場合は、基本的に下にいる子が長子になるが、取り出す順序によって逆転する。

関連タグ

五等分の花嫁
上杉風太郎 家庭教師
五つ子の姉妹
中野一花 中野二乃 中野三玖 中野四葉
彼女の主な特徴
常識人 真面目 食いしん坊

レッドキーパー:作者の次回作に登場する五人組の赤担当。




















ネタバレ

2学期の期末試験の勉強中に二乃とケンカし家出するが、財布を忘れた彼女は以前から住所を知っていた、風太郎の家にしばし居候する。夜に風太郎と一緒に散歩に出るが、風太郎に「お嬢様には自身の貧乏な生活に耐えれらないのでは?」と指摘される。
すると五月は自分達五つ子も、今の上杉家と負けず劣らずの貧乏な生活をしていた過去を明かす。彼女の父親は自分達を置いてどこかに消えてしまい、母親が女手一つで五つ子達を養っていたが、それが祟って体調を崩し入院してしまう。今の父親は再婚した人で作中では顔を見せなかったが、病院の医者である実態が分かる。前述の男への警戒心や、母親の代わりを必死に努めようとするところは、それらが理由となっている。
尚、会話の最後に雲が晴れて満月が見えるようになった際に冒頭の台詞を呟くも、風太郎からは「やっぱりまだまだ勉強した方がいいな」と返されている。









「やっぱり......、言えない......。京都のことも......全て............」

六巻の42話で再会を果たした、風太郎を助けた少女。
実は五月の変装であったのが79話で完全に判明する。

センシティブな作品



77話で五月が風太郎に「実は私は......、もう一つの顔があるのです」と暴露。しかし風太郎はこれを有名レビュアー「M・A・Y (メイ)」であると予想し、途中の四葉の介入もあって正体をバラすのは不発に終わり、五月は風太郎から離れてしまう。
その後、五月は零奈に変装した時に、風太郎から半ば奪うように持ち去った京都での、風太郎と少女のツーショット写真を落とし、一花に拾われてしまう (因みに五月自身はそのことに気付いていない)。一花はその写真に何かしら心当たりがあるようだが、こちらは真相が不明である。


そして79話。風太郎は再び零奈に再会する。
風太郎は誕生日プレゼントのお返しをらいはから催促され、五月の買い物に付き合い、欲しいものを調べようとする。
五月の下着の採寸中、風太郎は四葉に押される形で零奈のことを問い詰められ、しょうがなく話し、らいはから「つまり、お兄ちゃんの初恋の人だよね」と言われ、四葉は激しく動揺。
その後、四葉はらいはと一緒にご飯を食べに行ったので、風太郎がベンチに腰掛けると——
ここで零奈再び。いつの間にか隣に座っていた。
「君に会いたくて、って言ったらどうする?」と恋愛ゲームのような台詞を言う零奈に風太郎は「こんな事しなくてもいつも会ってるだろ」と五つ子の誰かであるのを看破。
「私が五つ子のうち誰か分かるかな?」と挑発するが、風太郎は「わからん! 早く教えろ」とあっさり白旗を上げる始末。
零奈は考えようともしない風太郎にショックを受け、更に「楽しい修学旅行にケチをつけるな」と冷たく厄介払いされ、「私のことどうでもよくなったの?」と、浮気された妻の如く悲しげにその場を去ってしまう。

そしてその後に、試着室でウィッグを取ったのもあり、五月が零奈であると証明された。

修学旅行当日。
五月は風太郎に『零奈との思い出は大切だったこと』に気づかせようと一緒に行動するように言い、『あなたなら気づいてくれると信じてます』と彼に零奈との思い出を振り返させようとする。

実は五月は本物の零奈(写真の子)ではなかった。本物の写真の子の為に、自分が影武者となって変装していたようである。

また、その子に対して『やはり言うべきです…。6年前に会ったのはあなただったと…。』と告げたり、その子が風太郎に対して恋愛感情を持っている本音を知っている為、「約束を守れなかった」のを理由に、このまま一生自身の気持ちを胸の内に秘めようとしている時は『誰だって幸せになる権利はあるはずです。』として、自身の気持ちが素直になるように説得している。

以下、更なるネタバレ





















実は彼女、1話の時点で花嫁候補からは外れている。
花嫁に会ったのは「風太郎が私たちに会った日」とあり、複数人数で出会った事実が分かる。
更に「五つ子だとそこで知った」と書かれており、前日に唯一単独で風太郎と接触している彼女は該当しないのである(※)。
また、五月のキャラクターブックでも「恋愛には参加せず、特別扱いだった」旨が語られている。更に「高校でのファーストコンタクト役は本来花嫁が担当する筈だった」と連載に向け、編集者とのやり取りの末、急遽センターヒロインに抜擢された旨が語られており、その後も風太郎との距離感で最も近しい存在として描写し続け、徹底して読者に対するミスリード役として配役された実態が窺える。

メガミマガジン2022年7月号の特集で脚本・シリーズ構成担当の大知慶一郎氏は原作者・春場ねぎからアニメ一期の初めての脚本会議……つまり連載が始まって一年も経ってない内に同様の説明を受けたと答えている。

※この論理をそのまま当てはめてしまうと、小学生時代に出会った一花と四葉も該当し兼ねないが、33話で「君と初めて出会ったあの日の夢を」と風太郎が写真の子を思い浮かべながら語っている。また、夢を見た段階では風太郎は写真の子の真実に気付いてない可能性が高く、矛盾は発生しなかった。

関連記事

親記事

中野家 なかのけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79851694

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました