2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「上杉さん。私が欲しいのはなんでしょうか」

プロフィール

誕生日5月5日
身長159cm
血液型A型
イメージカラー
好きな食べ物みかん
好きな飲み物炭酸ジュース
嫌いな食べ物ピーマン
好きな動物ラクダ
よく見るテレビアニメ
好きな映画サメが出てくる系
好きな本漫画
日課観葉植物の水やり
お気に入りスポットブランコ
得意科目(5教科)国語
CV佐倉綾音


概要

五等分の花嫁』に登場する五つ子四女
名前にちなんで四つ葉のクローバーがアイコンに使われる。

コミックの単独表紙は5巻と10巻。

容姿

中野四葉


ボブカットで緑のうさ耳リボンを着けている(通称:悪目立ちリボン)。
制服は胸元に緑色の蝶々リボン、黄色のベストを着て、靴下は黒のハイソックスを履くのが基本。
私服では自身の名前にちなんでか、428の文字がプリントされている服をよく着ている。

人物

上杉風太郎を「上杉さん」と呼ぶ。
五つ子の中で最も活発的で明るい性格をしており、姉妹の中では唯一、最初から風太郎にも友好的に接している。
身内以外には誰に対しても、相手が年下だろうと丁寧語で話す。
心の台詞を呟く描写は殆どなく、姉妹の中で心理描写が最も少ない。

勉強は特に苦手でテストの点数は姉妹中もっとも低い。しかし、複数の運動部から助っ人を良く頼まれるほど運動神経は高く、体力はピカイチで風太郎や他の姉妹では追い着けない程に足が速い。
特定の部活に所属していないが、本人は「放課後の時間は風太郎の家庭教師に割きたいから」と説明する。
しかし心根が優しく、強く頼まれると断れない気質を抱えている。

中野四葉



作中では四葉が変装する場面は滅多になく、また嘘をつくのが苦手な為、割とあっさり見抜かれる。変装が苦手の自覚もあり、変装している時はやや挙動不審となる。逆に自身に変装される場面は多く、ドッペルゲンガー扱いするのが定番。

子供っぽいところがあるが、一花のセクシーな下着に赤面したり、風太郎の前で自身のお子様パンツの話をされると恥じらう等、年相応の部分がある。
それなりにファッションには強いらしく、風太郎を「おしゃれ下級者」と評する程に自身のおしゃれ感覚に自信がある。

常に他人を優先しよく考えるが、一方で自分の好みが分からなくなる時がある。
恋愛に興味がなさそうに見えるが、風太郎と一緒にいる時に「デートですよ」とさりげなく口にしてみたり、ペアルックをするように誘ったりと風太郎に対して好意を示している様子もある一方で、クラスメイトから「風太郎と付き合っているか?」と質問された時には「ありえません」と淡々と否定しているが……。

犬のような優れた嗅覚を持っていたり、人懐っこい一面がある。
動物のパジャマを着て寝ている。
尚、寝相は悪く、あらかじめ足元にも枕を用意している。

ちなみに、朝ごはんはシリアル派。また、最近きくらげがクラゲの仲間でない事実を知ったらしい。水着は姉妹のお下がりで、ホテルに泊まる一花モーニングコール担当。

余談

公式のツイッターの画像は毎週木曜日に発表される。
四葉の語呂合わせである428にちなんで、4月28日は「四葉の日」になっている。
春場ねぎ先生のツイッター
五等分の花嫁のツイッター

四葉を演じる佐倉綾音は、単行本1巻が発売された際に作られたテレビCMでは、四葉を含めた全員を演じていた
テレビアニメでは四葉役に専任となったが、佐倉はインタビューで「四葉が一番演じやすかった」と述べている。なお、作者の春場ねぎ曰く、「五つ子の担当声優で、佐倉綾音が誰かを担当すること以外は決めていなかった。四葉が佐倉綾音ありきという訳ではなかった」と述べている。
尤も佐倉本人は原作ファンでもあり、五つ子の中では三玖推しであるという(劇場版パンフレットの佐倉のインタビューで言及されている)。

四葉のキャラクターブックでは、超初期段階のプロットでは1話で風太郎と最初に会うのは彼女の予定だったのだが、ヒロインでなく相棒に見えると担当編集の指摘があったため、五月に変更されたというエピソードが明かされている。

第1回人気投票では2位。

関連イラスト

四葉!
よつばの幸せ


中野四葉
四葉アリス



関連動画



関連タグ

五等分の花嫁
上杉風太郎 家庭教師 風四

五つ子の姉妹
中野一花 中野二乃 中野三玖 中野五月

彼女の主な特徴
リボン 運動神経抜群 自己犠牲 アホの子 グリーンヒロイン


保登心愛中の人繋がりで、特定の人物への「妹にしたい」発言など性格も四葉と酷似している(妹にしたい対象人物の中の人は四葉の実妹の中の人)。なお彼女の登場作品では主要人物5人のイメージカラーが赤・青・と中野家と同じ。

速杉ハヤト:こちらも中の人繋がりでイメージカラーが一緒の男の子。元気いっぱいな点や自身よりも落ち着いた妹がいる。四葉とは逆に運動は苦手。また、ヒロインの上田アズサの中の人は本作では二乃を演じている

ネタバレ

















実は彼女こそが、風太郎が京都の修学旅行で出会った「写真の子」。
お互いの家庭に貧困の問題があるのを知り、しかし「自分が努力すればその問題を解決でき、必要とされる人間になれるかも知れない」結論を出す。2人は一生懸命勉強して高給取りになって、風太郎は妹を、四葉は母を幸せにすると誓った。
その後、四葉は風太郎を自分の旅館に連れて行くが、そこで風太郎は一花と四葉の区別が付かず、一花をさっきまで遊んでいた相手だと間違えて、トランプに興じていた(一花は誤解を解かなかったが、当時の五つ子にとって他姉妹と間違われるのはむしろ楽しい状況だった)。
四葉が自分の名前を名乗らなかったり、そっくりな姉妹がいる事実を話していなかったために起きた誤解ではあるが、この件は四葉のトラウマになり、その後の彼女は無茶な努力や、他姉妹と間違われない為にリボンを着ける等して「自分は他姉妹とは違う、そっくりなんかじゃない」と思い込もうとしたが、それを察した母に窘められてしまう。

無題



そして、修学旅行からわずか数カ月後に母は他界。その後、姉妹全員で生前に母と交際していた義父・中野マルオへと引き取られるが、不器用さから無関心に見える義父の態度や、成績に伸び悩んでいる間にあっさりと三玖に抜かれてしまった状況下に追い込まれた結果、四葉は次第に勉強へ見切りを付けて、スポーツでの活動に自身のアイデンティティを見出すようになる。
様々な部活で助っ人として参加し、多くの大会で優秀な成績を収め表彰されるようになったが、勉強を蔑ろにして1人だけ追試でも赤点を取ってしまう。
落第の回避の為に義父の計らいで転校が決まったが、ここで他4人が直談判に現れ、全員が一様に「私達が合格したのはカンニングしていたから」との嘘を吐いて全員で転校に至った。

そして転校先で風太郎と再会し、初見の時点で彼がかつて修学旅行で出会った男の子である事実を見抜いていたのだが、自身の惨状もあって名乗らなかった。
その後、風太郎と五月の話を盗み聞きして、向こうも覚えていた実態を知ったものの、転校した経緯から感じている姉妹への負い目を理由に全て無いものにすべく、五月に頼んで過去の自分達を模した自称・写真の子「零奈」として風太郎を振らせた。

そして三年生の文化祭最終日の夜、自分達と風太郎の恋路にケジメをつけるべく、他の姉妹共々風太郎を呼び出した。そして風太郎は自分を選んでくれたことに内心喜んでいたが、気の迷いにより飛び出してしまった。そんな自分を追いかける風太郎の必死の問い詰めにより、涙ながらに告白し、互いに両思いとなった。

それか5年後、風太郎と結婚した。

ネタバレ込みの余談

一部のファンから(こじつけなのは承知だが)「名前の構成によって四葉が写真の子」と予想されていた。

  • 彼女以外の姉妹の頭文字の母音が全て『イ』になっている(チカ、ノ、ク、ツキ)中、彼女だけ名前の頭文字の母音が『オ』ツバ)になっている
  • 5人姉妹で唯1人、名前に濁点が入っている

等を理由にしている。

特に母親の零奈は「姉妹が一緒である」のを大切・重要視していた(『サツキ』読みが一般的な五月を敢えて『イツキ』にしている)実状もあり、四葉だけ名前の構成が異なっている事態が伏線……のようにもなっていた。
なお「『四』でイ行の母音に合わせるのは難しい」意見もあるが、四は人名読みに限れば『ヒロ』と読ませられる上、常用漢字は(人名の使用に限れば)どのような読みをしても問題がない(例:四葉で『シイハ』等)為、そこまで難易度が高い訳ではない。

また、風太郎との仲に関する伏線は作中ではいくつも登場している。

  • 四葉自身が四女である事。これは、結婚指輪をはめる指が薬指=4番目の指である事を意味している為と思われる。
  • 春休み中に温泉旅館で訪れた『誓いの鐘』のモデルが愛知県田原市伊良湖町恋路ケ浦にある「幸せの鐘」で、その場所は四つ葉のクローバー発祥の地としても有名。
  • 風太郎の頭上に立っている二本のあほ毛が彼女のトレードマークのウサギリボンに酷似している。


  • 花火大会の回では、「風太郎と結婚して、らいはを合法的に妹に…」という旨の発言をしている。
    • らいはへの強い好意を表す何気ない発言に思えるが、この時点ではらいはとは出会ったばかりな上、風太郎とも関係が浅いため、「結婚してまで妹にしよう」と考えているのは不自然(風太郎と結婚することが第一の目的で、「らいははそのおまけ」と考えていたのであれば不自然ではないが)
    • 四葉は嘘や冗談の類が下手である上、当該シーンは四葉の独り言なので嘘をつく必要もない。つまりこの発言は本心に近く、「風太郎との結婚をある程度視野に入れている」というのが窺える

  • 四葉は「他姉妹への変装や演技が苦手」という事が一貫して描写されていたが、作中で実際にそう考えている事を明言されている人物は風太郎と四葉のみであり、一花達も同じ認識である事を表す描写は存在しない。
    • 本来の四葉はむしろ演技が上手く、文化祭の出し物の際は演劇部の部員達が感銘を受けるクオリティの芝居を披露している。その為、実際は四葉の演技が下手なのではなく、風太郎が彼女への無意識の愛情からなんとなく変装を見破ってしまっていた。

等、数々の伏線が上がっている。

また、伏線とは違うものの、他の姉妹4人は割と順当で驚きがないというのもヒントだったのかもしれない。
  • 一花と三玖は序盤から好意があった
  • 二乃と五月は「最初は仲が悪く、だんだん好きになっていく」という王道的な展開を歩んでいた
それに対し、四葉の好意に関する描写は終盤までなく、良くも悪くも友達としてずっと一定の距離であった

ネタバレを含む関連タグ

小野寺小咲他雑誌におけるラブコメのヒロインにして、幼少期に主人公と出会い、それが互いに大きな影響を与えた存在。ただし、彼女の場合は主人公と結ばれる事は無く叶わぬ恋となった。なお、彼女の中の人は本作で一花を演じており、四葉自身の中の人は彼女の妹を演じていた。

狛井蓮季:かつて同雑誌にて連載されていたラブコメのヒロインの一人にして中の人繋がり。幼少の頃から幼馴染である主人公に恋焦がれているものの、その主人公がライバル勢力の人物と交際している事を知り、とまどいつつも結局は認めるといった、四葉とは異なる結末を迎えている。

フィオナ・フロスト:声の方向性は逆だが中の人繋がりで、また分野は異なるが作中屈指の体力を持つ者同士、さらには「夢(彼女の場合は野望だが)は(主人公の)お嫁さん」という共通点がある。もっとも、四葉は幼い頃の漠然とした夢だったものが結果的に主人公の嫁になったのに対し、彼女は野望を拗らせて現在進行形で主人公の嫁の座を偽装結婚中の正妻から奪う野心に燃え、本作では二乃から送られる側であった「その場所を代われ」の念を送る側になっている点が異なる。

関連記事

親記事

中野家 なかのけ

子記事

  • 中野四叶 つぉんいぇすーいぇまたはなかのよつば

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79529462

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました