ピクシブ百科事典

中野四葉

なかのよつば

『五等分の花嫁』の登場人物。 メインヒロインの1人。
目次[非表示]

「上杉さん。私が欲しいのはなんでしょうか」

プロフィール

誕生日5月5日
身長159cm
イメージカラー
好きな食べ物みかん
嫌いな食べ物ピーマン
好きな動物ラクダ
よく見るテレビアニメ
得意科目(5教科)国語
CV佐倉綾音


概要

五等分の花嫁』に登場する五つ子四女
名前にちなんで四つ葉のクローバーがアイコンに使われる。
コミックの1巻と5巻と10巻の表紙に登場している。

容姿

ボブカットで緑のうさ耳リボンをつけている(通称:悪目立ちリボン)。
制服は胸元に緑色の蝶々リボン、黄色のベストを着て、靴下は黒のハイソックスを履くのが基本。
私服では自身の名前にちなんだ428の文字がプリントされている服をよく着ている。

人物

上杉風太郎のことを「上杉さん」と呼ぶ。
五つ子の中で最も活発的で明るい性格をしており、姉妹の中では唯一、最初から風太郎にも友好的に接している。
身内以外には誰に対しても、相手が年下だろうと丁寧語で話す。
心の台詞を呟くことは殆どなく、姉妹の中で心理描写が一番少ない。

勉強は特に苦手でテストの点数は姉妹中もっとも低い。しかし、複数の運動部から助っ人を良く頼まれるほど運動神経は高く、体力はピカイチで風太郎や他の姉妹では追いつけないほどに足が速い。
特定の部活に所属していないが、本人は放課後の時間は風太郎の家庭教師に割きたいからと説明する。
しかし心根が優しく、強く頼まれると断ることができない気質を抱えている。

作中では四葉が変装することは滅多になく、また嘘を付くのが苦手なため、割とあっさり見抜かれる。変装が苦手という自覚もあるため、変装している時はやや挙動不審となる。逆に自身に変装される事は多く、ドッペルゲンガー扱いするのが定番。

子供っぽいところがあるが、一花のセクシーな下着に赤面したり、風太郎の前で自身のお子様パンツの話をされると恥じらうなど年相応の部分がある。
それなりにファッションには強いらしく、風太郎のことをおしゃれ下級者と言えるほどに自身のおしゃれ感覚に自信がある。

常に他人を優先し、他人のことをよく考えるが、一方で自分の好みが分からなくなる時がある。
恋愛に興味がなさそうに見えるが、風太郎と一緒にいるときに「デートですよ」とさりげなく言ってみたり、ペアルックをするように誘ったりと風太郎に対して好意的なところがある。
犬のような優れた嗅覚を持っていたり、人懐っこい一面がある。
動物のパジャマを着て寝ている。

余談

公式のツイッターの画像は毎週木曜日に発表される。
四葉の語呂合わせである428にちなんで、4/28は四葉の日になっている。
春場ねぎ先生のツイッター
五等分の花嫁のツイッター

四葉を演じる佐倉綾音は、単行本1巻が発売された際に作られたテレビCMでは四葉以外の4人も演じていた
テレビアニメでは流石に四葉役に専任となったが、インタビューで「四葉が一番演じやすかった」と述べている。
第1回人気投票では2位。

関連イラスト

中野四葉
四葉と遊びと勉強



関連タグ

五等分の花嫁
上杉風太郎 家庭教師

五つ子の姉妹
中野一花 中野二乃 中野三玖 中野五月










ネタバレ


「なんで私が上杉さんの味方をしてるかわかりますか?」
「なんだそれ?成績上げたいからだろ?」
「違いますよ」

「好きだから」

21話(単行本3巻収録)で、姉妹の中で最初に風太郎に「好き」と伝えた。
ただし、その後に「嘘」と言って茶化し、その真意はわからずじまいとなる。
まだ序盤とも言える時点での唐突な告白?は読者へのインパクトは上々だったらしく、この話は後に行われたエピソード人気投票で6位を獲得している。
なお、この話は彼女は別に誰にでも優しい聖人ではなく、ちゃんと風太郎に自覚をもって味方をしているということも示していて、彼女が一筋縄ではいかないキャラクターであることを読者に知らしめたエピソードでもある。

四葉は前述の通りモノローグがほとんど描かれず、また話の主役になることもあまりなかったために、明朗快活なキャラに反して長い間の謎の多いヒロインでもあった。
そして、その謎の一端は56話(7巻収録)で語られることとなった。

「私が皆を不幸に巻き込んじゃったんです」「簡単に取り返せるものではありません」

「姉妹の皆が私より幸せになるのは当然です」

四葉は、前の学校である黒薔薇女子に在籍していた時に一人だけ追試で赤点を取ってしまい、落第が決定した。
義父のはからいで四葉だけは別の高校に転校することが決まったが、ここで他4人が直談判に現れ、「私達が合格したのはカンニングしていたから」という嘘をついたことで全員が転校することになった。
つまり見方を変えれば、四葉的には不本意だろうが、風太郎と五つ子を引き合わせる原因を作ったのも四葉ということになる。
転校の件で四葉は姉妹に負い目を感じていたが、この秘密を打ち明けられた際に風太郎は「姉妹で互いに得意科目を教え合わせる」策をひらめき、2年の学年末試験を無事全員でクリアする。
その際に四葉は「『初めて』報われた気がする」と涙ながらに話している。
感動的なエピソードとなった一方で、いろんな場面で人助けに励んでいるはずの四葉は、それ自体で報われているとは感じていないことも示唆された。

3年生に進級後は風太郎と他姉妹全員で同じクラスになる。彼女は学級長に立候補し、同時に風太郎も学級長へ推薦する。
本人は「風太郎が凄い人だとみんなに知ってほしい」との事で、付き合っているかと質問された時には「ありえません」と淡々と否定しているが…。

以下、更にネタバレ










「勝手な真似してごめんなさい」「ですが…打ち明けるべきです」
「六年前…本当に会った子はあなただったと」


風太郎は本編開始5年前に京都で一人の少女と出会っており、当時撮ったツーショット写真を今も常に持ち歩くほどにその思い出を大切にしていた。
その「写真の子」との出会いが風太郎を変え、彼は勉強熱心になったという。
そして、それは五つ子の誰かであるが、風太郎は気づいていない。

物語の最序盤から伏線を張られていた、「未来の花嫁は誰か?」とは別の、しかし作品の根幹に関わる「写真の子は誰か?」という謎。
その「写真の子」の正体は四葉であると86話で判明した。
そして、話はこの作品初の過去編に突入し、風太郎とどのような経緯で出会ったのかが語られる。

五つ子たちは6年前に小学生の修学旅行で京都に行った。ほどなくして四葉だけがはぐれて迷子になってしまう。四葉は「私達は五人一緒じゃなきゃいけないから早く見つけないと」と考える一方で「本当にそうなのかな?」と自問自答しながら他姉妹を探す。
彼女は当時から姉妹の中で運動で一人だけ秀でつつあり、それで一人だけ褒められるなど『そっくりは自分たちにとって褒め言葉』という五つ子共通の価値観から変化しつつある微妙な時期だった。

そんな中、階段に座り込む、同じく修学旅行で京都に来ていた風太郎を発見。これが四葉視点での風太郎との出会いである
警官と、風太郎に濡れ衣を着せようとする女性を見て、四葉が「その人は無罪だよ。私ちゃんと見てたもん」と助け舟を出した。
その後の詳細は不明だが、一日中二人で京都を散策し意気投合したことは風太郎から語られている。気づけば日は落ちており、二人は神社でお互いの身の上話をした。
お互いの家庭に貧困の問題があることを知り、しかし自分が努力すればその問題を解決でき、必要とされる人間になれるかもしれないという結論を出す。二人は一生懸命勉強して高給取りになって、風太郎は妹を、四葉は母を幸せにすることを誓った。

その後、四葉は風太郎を自分の旅館に連れて行くが、そこで風太郎は一花と四葉の区別がつかず、一花をさっきまで遊んでいた相手だと間違えてトランプに興じてしまう。(一花は誤解を解かなかったが、当時の五つ子にとって他姉妹と間違われることはむしろ楽しいことだった)
四葉が自分の名前を名乗らなかったこと、そっくりな姉妹がいることを話していなかったとは言え、この件は四葉のトラウマになった。その後の彼女はがむしゃらな努力や、他姉妹と間違われないためにリボンをつけるなどして「自分は他姉妹とは違う、そっくりなんかじゃない」と思い込もうとしたが、母にたしなめられてしまう。
そして修学旅行からわずか数カ月後に母は他界。四葉が風太郎と誓い合い目指していた夢は前提から崩れてしまった。

目的を失った四葉は次第に勉強よりも運動に傾倒しだし、複数の部活を掛け持ちしインターハイまで進出する超高校級のアスリートとなる。しかし人に必要とされることに快感を覚え、姉妹の中で自分は特別だと優越感を抱けるスポーツに熱を入れすぎた結果、前述の通り追試に落ちて、姉妹を転校につき合わせてしまった。
この一連の流れは四葉に「私だけが特別になっちゃいけない。私は姉妹のために生きるんだ」という決意を抱かせるに至った。

そして、四葉は転校先で風太郎と再会を果たす。四葉は再会を喜ぶがしかし、すぐに風太郎の100点の答案を見て、彼が約束を守り勉強を頑張り続けていたことを悟る。一方で0点の答案を抱えた――約束を守れなかった自分を恥じ、とっさに自分の正体を隠してしまう。

風太郎は四葉の正体に気づけなかったため、それ以降は高校で初めて出会った体を装い自分の正体をずっと隠し続けることになった。なお、昔の四葉から風太郎への呼称は『風太郎君』だが、心の中では『上杉さん』と混同して使用していることが示唆されている。

最大のネタバレ(四葉の気持ち)








四葉は風太郎が自分に気づかなかったことを寂しがりつつも、彼が五つ子の家庭教師になったことを歓迎し、勉強を頑張れば自分の正体を明かしてもいいのかもしれないと希望を抱いていた。
これが当初から風太郎の家庭教師に一人だけ友好的だった理由である。

しかし、三玖や一花が風太郎に恋していく姿を見て「姉妹のために自分の思い出も想いも消してしまおう」とすぐに考えを改める。風太郎が四葉との思い出を大事に覚えていることを知って喜ぶこともあったが、それでも姉妹への想いと負い目から自分の恋を隠し通す道を選ぶ。
時には、事情をある程度風太郎から聞かされていた、他の姉妹に芝居を依頼し「五つ子と写真の子は無関係」と風太郎に誤認させることで真実から遠ざけようとした。
結果として五つ子の中に写真の子がいることまでは風太郎にバレてしまったが、風太郎はそれ以上追求しようとはしなかった。


「ううん」「これでいいんだよ」





四葉 Yotsuba Nakano




「上杉さん」

「風太郎君」

「好きだったよ ずっと」




21話の告白は嘘でも演技でもなく心の底からの本音だった。

関連記事

親記事

中野家 なかのけ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「中野四葉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11552836

コメント