ピクシブ百科事典

中野四葉

なかのよつば

『五等分の花嫁』のメインヒロインの1人であり、五つ子姉妹の四女。
目次[非表示]

「上杉さん。私が欲しいのはなんでしょうか」

プロフィール

誕生日5月5日
身長159cm
血液型A型
イメージカラー
好きな食べ物みかん
好きな飲み物炭酸ジュース
嫌いな食べ物ピーマン
好きな動物ラクダ
よく見るテレビアニメ
好きな映画サメが出てくる系
好きな本漫画
日課観葉植物の水やり
お気に入りスポットブランコ
得意科目(5教科)国語
CV佐倉綾音


概要

五等分の花嫁』に登場する五つ子四女
名前にちなんで四つ葉のクローバーがアイコンに使われる。

コミックの単独表紙は5巻と10巻。

容姿

ボブカットで緑のうさ耳リボンをつけている(通称:悪目立ちリボン)。
制服は胸元に緑色の蝶々リボン、黄色のベストを着て、靴下は黒のハイソックスを履くのが基本。
私服では自身の名前にちなんだ428の文字がプリントされている服をよく着ている。

人物

上杉風太郎のことを「上杉さん」と呼ぶ。
五つ子の中で最も活発的で明るい性格をしており、姉妹の中では唯一、最初から風太郎にも友好的に接している。
身内以外には誰に対しても、相手が年下だろうと丁寧語で話す。
心の台詞を呟くことは殆どなく、姉妹の中で心理描写が一番少ない。

勉強は特に苦手でテストの点数は姉妹中もっとも低い。しかし、複数の運動部から助っ人を良く頼まれるほど運動神経は高く、体力はピカイチで風太郎や他の姉妹では追いつけないほどに足が速い。
特定の部活に所属していないが、本人は放課後の時間は風太郎の家庭教師に割きたいからと説明する。
しかし心根が優しく、強く頼まれると断ることができない気質を抱えている。

作中では四葉が変装することは滅多になく、また嘘を付くのが苦手なため、割とあっさり見抜かれる。変装が苦手という自覚もあるため、変装している時はやや挙動不審となる。逆に自身に変装される事は多く、ドッペルゲンガー扱いするのが定番。

子供っぽいところがあるが、一花のセクシーな下着に赤面したり、風太郎の前で自身のお子様パンツの話をされると恥じらうなど年相応の部分がある。
それなりにファッションには強いらしく、風太郎のことをおしゃれ下級者と言えるほどに自身のおしゃれ感覚に自信がある。

常に他人を優先し、他人のことをよく考えるが、一方で自分の好みが分からなくなる時がある。
恋愛に興味がなさそうに見えるが、風太郎と一緒にいるときに「デートですよ」とさりげなく言ってみたり、ペアルックをするように誘ったりと風太郎に対して好意を示している様子もある一方で、クラスメイトから付き合っているかと質問された時には「ありえません」と淡々と否定しているが…。

犬のような優れた嗅覚を持っていたり、人懐っこい一面がある。
動物のパジャマを着て寝ている。なお、寝相は悪いため、あらかじめ足元にも枕を用意している。

ちなみに、朝ごはんはシリアル派。また、最近きくらげがクラゲの仲間でないことを知ったらしい。水着は姉妹のお下がりで、ホテルに泊まる一花モーニングコール担当。

余談

公式のツイッターの画像は毎週木曜日に発表される。
四葉の語呂合わせである428にちなんで、4/28は四葉の日になっている。
春場ねぎ先生のツイッター
五等分の花嫁のツイッター

四葉を演じる佐倉綾音は、単行本1巻が発売された際に作られたテレビCMでは四葉以外の4人も演じていた
テレビアニメでは流石に四葉役に専任となったが、インタビューで「四葉が一番演じやすかった」と述べている。
第1回人気投票では2位。

関連イラスト

中野四葉
四葉と遊びと勉強


四葉アリス
四葉 Yotsuba Nakano



関連動画



関連タグ

五等分の花嫁
上杉風太郎 家庭教師

五つ子の姉妹
中野一花 中野二乃 中野三玖 中野五月





ネタバレ

実は彼女こそが、風太郎が京都の修学旅行で出会った「写真の子」。
なお、自称・写真の子「零奈」の正体は、彼女の依頼で変装した五月である。

お互いの家庭に貧困の問題があることを知り、しかし自分が努力すればその問題を解決でき、必要とされる人間になれるかもしれないという結論を出す。二人は一生懸命勉強して高給取りになって、風太郎は妹を、四葉は母を幸せにすることを誓った。
その後、四葉は風太郎を自分の旅館に連れて行くが、そこで風太郎は一花と四葉の区別がつかず、一花をさっきまで遊んでいた相手だと間違えてトランプに興じていた。(一花は誤解を解かなかったが、当時の五つ子にとって他姉妹と間違われることはむしろ楽しいことだった)
四葉が自分の名前を名乗らなかったこと、そっくりな姉妹がいることを話していなかったとは言え、この件は四葉のトラウマになり、その後の彼女はがむしゃらな努力や、他姉妹と間違われないためにリボンをつけるなどして「自分は他姉妹とは違う、そっくりなんかじゃない」と思い込もうとしたが、母に窘められてしまう。

そして修学旅行からわずか数カ月後に母は他界。その後、姉妹全員で生前に母と交際していた義父へと引き取られるが、不器用さから無関心に見える義父の態度や成績に伸び悩み三玖にあっさりと抜かれてしまった事で、次第に勉強へ見切りを付けてスポーツでの活動に自身のアイデンティティを見出すようになる。
様々な部活で助っ人として参加し、多くの大会で優秀な成績を収めた事で表彰されるようになったが、勉強を蔑ろにした事で一人だけ追試でも赤点を取ってしまう。
落第を回避するために義父の計らいで転校することが決まったが、ここで他4人が直談判に現れ、「私達が合格したのはカンニングしていたから」という嘘をついて全員で転校することになる。

この件で彼女は姉妹に負い目を感じており、それゆえに初見で風太郎がかつて修学旅行で出会った男の子である事を見抜いていたにも関わらず、名乗らなかった。

関連記事

親記事

中野家 なかのけ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「中野四葉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27108249

コメント