ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

風四

17

ふうよつ

漫画「五等分の花嫁」の主人公・上杉風太郎とヒロインの一人である中野四葉のカップリング。

概要

主人公・上杉風太郎とヒロインである五つ子の一人・中野四葉のカップリング。

同級生であるが、家庭教師(風太郎)と生徒(四葉及び中野家の五つ子全員)という関係でもある。


この先、『五等分の花嫁』の物語全体のネタバレになるため要注意。



































出会いと再会

二人の出会いは小学生の頃まで遡る。京都での修学旅行の際、単独行動中に盗撮を疑われた風太郎を助けたのが、姉妹とはぐれた四葉である。

その後、二人は一緒に京都を観光し、出会いの記念にツーショットの写真を撮った。この写真は風太郎にとっての宝物であり、高校の学生証に挟んでいる。

そして、一生懸命勉強し高給取りになって、大事な家族を幸せにしようと二人は約束する。

風太郎は約束を守るべく、金髪から黒髪にし家族以外の人間関係をほぼ捨てて勉強に取り組むようになった。


一方の四葉は、幸せにしたかった家族(母親の零奈)を失い、その後五つ子を引き取ってくれた義父のマルオの無関心そうな態度(実際は彼なりに愛情を持って接している)と五つ子へのコンプレックスから、勉強を離れスポーツの方にのめり込んでいく。その結果、進学した黒薔薇女子では中等部から徐々に成績を落としていき、高等部進学こそできたものの、姉妹揃って受けた追々試で一人だけ赤点を取ってしまい、落第回避のため転校を余儀なくされた。

しかし、彼女を放っておけない姉妹たちは「カンニングで追試を突破した」と自ら罪を捏造し、全員で転校する事になった。

この出来事によって、四葉は姉妹愛を再認識すると同時に、「姉妹の幸せこそが自分の幸せ」という考え、悪く言えば自己犠牲がちな性格になった。


そして転校先の旭高校にて、風太郎と運命の再会を果たす。しかし、風太郎が落とした「100点満点の答案」を見たことで「風太郎は京都で交わした約束を守ったのに、自分は何一つ守れないどころか、姉妹まで不幸にしてしまった」(尤も、黒薔薇女子と比べて旭高校の食堂のレベルの高さやテストの緩さを評価しており、転校してよかったとのことなので禍根は残していない様である)という後ろめたさに苛まれる。

そのため、親の伝手で風太郎が自分たちの家庭教師を務めることになった際には、率先して彼を助ける一方で「自分には名乗り出る資格などないから、風太郎と姉妹のためにできることをしよう」という思いに縛られていった。

そのため、林間学校直後に風太郎から京都のエピソードを聞いていた五月にだけ事情を明かし、亡き母の名前「零奈」(CV:京花優希)を名乗る「京都で会った少女」として風太郎に接触させ、「過去に囚われずこれからを生きてほしい」という願いから彼が思い出の品として大事にしていたツーショット写真を回収してもらった。なお、五月に頼んだ理由は「風太郎には嘘をつけないため、自分がやればすぐバレてしまうから」。


姉妹の絆か初恋か

やがて、家庭教師と教え子として接していくうちに、3が風太郎に恋心を抱いていく様子を間近で見ていた四葉は、3年への進級後のある日、風太郎とデートをすることになる(アニメ版での設定で、原作では2年生の2学期期末試験を前にした勤労感謝の日)。


だが、彼女の行く先は姉妹に縁ある場所ばかりで、四葉自身の望みではないことを風太郎に指摘される。

そして、最後に訪れた公園のブランコで遊び、童心に帰ったように笑う風太郎を見て、彼女は微笑みながら告げる。


「欲しいものは、もう貰いました」


学園祭での出来事と告白の後

運営から出し物の助っ人など、たくさんの仕事を引き受けてこなしていく四葉だったが、疲労蓄積によって2日目途中でダウンし病院に担ぎ込まれる。目が覚めたときには既に夜になっていたが、自分があけてしまった穴はこれまで関わってきた人たちが埋めてくれたことを知り、最終日は謝罪とお礼のため校内を行脚する。

その途中、学園祭最終日に外階段の一番下で座ってウトウトしている風太郎を見つけ、過去との決別の意味も込めてキスをし、風太郎の意識が覚醒する前にその場から去る。

これで今度こそ風太郎への恋心を諦める。柱の陰でそう誓いつつも、四葉は人目を忍んで泣きじゃくっていた。


そして後夜祭が終わり姉妹と別れた四葉、武田と前田と別れた風太郎。

「五人のうち一人を選んでほしい」と告げられていた風太郎は、当初「誰も選ばない」ことで問題を解決しようとしたものの、考え直した末に決断を下す。

場面は変わり保健室へ。四葉は保健室で待機していたものの、自分が選ばれるわけにはいかないという思いから逃げ出していた。しかしスマホを忘れていたため取りに戻ると、そこには風太郎がいた。彼の告白を遮り逃走するが、風太郎はこの結末を察していた五月のアシストを受け、林間学校・修学旅行・そして学園祭で四葉が言っていたことを思い出しつつ四葉を追いかける。

そしてついに追いつくが転倒してしまい、風太郎は四葉の足をつかみながら想いを告げる。

自分は姉妹より幸せになってはいけない。風太郎にも迷惑が掛かってしまう。だからこの告白を受けてはいけない。

そう自分に言い聞かせて「嫌い」と答えようとする四葉だったが、口から出た言葉は


「好きです」

「私...上杉さんには嘘をつけません...」


過去の過ちから他人を第一に考え、自分自身を二の次にしていた彼女が、長い間秘めていた本心だった。


その後、姉妹(特に二乃と三玖)と風太郎に告白されたと伝えた事により衝突や微妙な気まずさがあったが無事に乗り越え、ついに二人は恋人となりデートをする事に(途中まで姉妹に見られながら)。

そして姉妹の夢が判明していた中でついに四葉の夢(と言っても昔の)が判明。


アニメ版やゲーム版なだのメディアミックスでは回想やシーン補完があるものの、一連の流れに変更はない。


そして…

高校での再会から約5年後、ついに二人は結婚。呼び方も「上杉さん」から「風太郎」に変化し、式の直前には風太郎の愛を問うため、姉妹全員が揃いのウエディングドレス姿になり、高難易度の「五つ子ゲーム」を仕掛けたが、三度目の正直を見せた風太郎は難なくクリアし、見事に愛を証明した。


なお、一番大事なこととして、風太郎は京都で約束した少女が四葉であることを知らないまま彼女を選んだ。過去のたった1日の思い出に執着するのではなく、これまでの1年を重んじ、「どんなに自分が辛いときでも、支えになってくれたのは誰か」自問自答した結果、何度も「後悔しないように」と声をかけてくれた四葉を選んだのである。

実際、京都の件は結婚式の後に四葉がトレードマークのリボンを手放した際の言葉「私の事に気づいてくれる人がいるから」でやっと気づいたほどだった。


余談

風太郎は「四葉がいないととっくにつまづいていた」、「四葉相手だと安心出来る」と言っているが、これは「他の姉妹にも当てはまるのでは?」と異を唱える読者も存在している。

他の姉妹と異なり、四葉はどちらかというと普段の高校生活を楽しませる方向にウェイトが置かれている(現に原作・映画・『君と過ごした五つの思い出』共通で林間学校・修学旅行・学園祭で言ったセリフを思い出している)ため、それを指しているのであれば辻褄は合う。

風太郎と四葉の2人きりでいるシーンは決して少なくはないが、絆の強さや好意等を特別アピールするものではないため、2人きりでいる印象が他の姉妹(特に三玖や五月)と比べて弱く感じてしまう部分があるのは否めないところではある。


原作だけでなく他メディアのオリジナルストーリーでも友達っぽさのあるやりとりが多いのも特徴である。


上記の通り、風四エンドが公式ルートではあるが、読者の中には「他の姉妹とのルート」を望む声も多く、pixivにおいても他の姉妹を選んだ二次創作のイラスト・小説が掲載されている(四葉を含む「五つ子との間に子供が生まれた場合」の未来捏造もそこに含まれる)。


公式カップリングとなった風四だが、中の人たちはいずれも三玖推しである。


JR東海とのコラボでは風太郎と行きたい場所として「フルーツ大福弁才天(覚王山本店)(2023年10月に閉店)」「ナゴヤセントラルガーデン」「東山動植物園」を挙げている。

いずれも愛知県名古屋市千種区に存在する。

フルーツ大福弁才天が存在するのはすぐ近くに結婚式場の「覚王山ル・アンジェ教会」があるためその関係での選定と思われる。


関連タグ

五等分の花嫁

上杉風太郎 中野四葉

公式カップリング


上杉夫婦…明言はされていないが、風四はこの夫婦をモデルにした可能性が高い。


他カップリング

風一

風二

風三

風五

概要

主人公・上杉風太郎とヒロインである五つ子の一人・中野四葉のカップリング。

同級生であるが、家庭教師(風太郎)と生徒(四葉及び中野家の五つ子全員)という関係でもある。


この先、『五等分の花嫁』の物語全体のネタバレになるため要注意。



































出会いと再会

二人の出会いは小学生の頃まで遡る。京都での修学旅行の際、単独行動中に盗撮を疑われた風太郎を助けたのが、姉妹とはぐれた四葉である。

その後、二人は一緒に京都を観光し、出会いの記念にツーショットの写真を撮った。この写真は風太郎にとっての宝物であり、高校の学生証に挟んでいる。

そして、一生懸命勉強し高給取りになって、大事な家族を幸せにしようと二人は約束する。

風太郎は約束を守るべく、金髪から黒髪にし家族以外の人間関係をほぼ捨てて勉強に取り組むようになった。


一方の四葉は、幸せにしたかった家族(母親の零奈)を失い、その後五つ子を引き取ってくれた義父のマルオの無関心そうな態度(実際は彼なりに愛情を持って接している)と五つ子へのコンプレックスから、勉強を離れスポーツの方にのめり込んでいく。その結果、進学した黒薔薇女子では中等部から徐々に成績を落としていき、高等部進学こそできたものの、姉妹揃って受けた追々試で一人だけ赤点を取ってしまい、落第回避のため転校を余儀なくされた。

しかし、彼女を放っておけない姉妹たちは「カンニングで追試を突破した」と自ら罪を捏造し、全員で転校する事になった。

この出来事によって、四葉は姉妹愛を再認識すると同時に、「姉妹の幸せこそが自分の幸せ」という考え、悪く言えば自己犠牲がちな性格になった。


そして転校先の旭高校にて、風太郎と運命の再会を果たす。しかし、風太郎が落とした「100点満点の答案」を見たことで「風太郎は京都で交わした約束を守ったのに、自分は何一つ守れないどころか、姉妹まで不幸にしてしまった」(尤も、黒薔薇女子と比べて旭高校の食堂のレベルの高さやテストの緩さを評価しており、転校してよかったとのことなので禍根は残していない様である)という後ろめたさに苛まれる。

そのため、親の伝手で風太郎が自分たちの家庭教師を務めることになった際には、率先して彼を助ける一方で「自分には名乗り出る資格などないから、風太郎と姉妹のためにできることをしよう」という思いに縛られていった。

そのため、林間学校直後に風太郎から京都のエピソードを聞いていた五月にだけ事情を明かし、亡き母の名前「零奈」(CV:京花優希)を名乗る「京都で会った少女」として風太郎に接触させ、「過去に囚われずこれからを生きてほしい」という願いから彼が思い出の品として大事にしていたツーショット写真を回収してもらった。なお、五月に頼んだ理由は「風太郎には嘘をつけないため、自分がやればすぐバレてしまうから」。


姉妹の絆か初恋か

やがて、家庭教師と教え子として接していくうちに、3が風太郎に恋心を抱いていく様子を間近で見ていた四葉は、3年への進級後のある日、風太郎とデートをすることになる(アニメ版での設定で、原作では2年生の2学期期末試験を前にした勤労感謝の日)。


だが、彼女の行く先は姉妹に縁ある場所ばかりで、四葉自身の望みではないことを風太郎に指摘される。

そして、最後に訪れた公園のブランコで遊び、童心に帰ったように笑う風太郎を見て、彼女は微笑みながら告げる。


「欲しいものは、もう貰いました」


学園祭での出来事と告白の後

運営から出し物の助っ人など、たくさんの仕事を引き受けてこなしていく四葉だったが、疲労蓄積によって2日目途中でダウンし病院に担ぎ込まれる。目が覚めたときには既に夜になっていたが、自分があけてしまった穴はこれまで関わってきた人たちが埋めてくれたことを知り、最終日は謝罪とお礼のため校内を行脚する。

その途中、学園祭最終日に外階段の一番下で座ってウトウトしている風太郎を見つけ、過去との決別の意味も込めてキスをし、風太郎の意識が覚醒する前にその場から去る。

これで今度こそ風太郎への恋心を諦める。柱の陰でそう誓いつつも、四葉は人目を忍んで泣きじゃくっていた。


そして後夜祭が終わり姉妹と別れた四葉、武田と前田と別れた風太郎。

「五人のうち一人を選んでほしい」と告げられていた風太郎は、当初「誰も選ばない」ことで問題を解決しようとしたものの、考え直した末に決断を下す。

場面は変わり保健室へ。四葉は保健室で待機していたものの、自分が選ばれるわけにはいかないという思いから逃げ出していた。しかしスマホを忘れていたため取りに戻ると、そこには風太郎がいた。彼の告白を遮り逃走するが、風太郎はこの結末を察していた五月のアシストを受け、林間学校・修学旅行・そして学園祭で四葉が言っていたことを思い出しつつ四葉を追いかける。

そしてついに追いつくが転倒してしまい、風太郎は四葉の足をつかみながら想いを告げる。

自分は姉妹より幸せになってはいけない。風太郎にも迷惑が掛かってしまう。だからこの告白を受けてはいけない。

そう自分に言い聞かせて「嫌い」と答えようとする四葉だったが、口から出た言葉は


「好きです」

「私...上杉さんには嘘をつけません...」


過去の過ちから他人を第一に考え、自分自身を二の次にしていた彼女が、長い間秘めていた本心だった。


その後、姉妹(特に二乃と三玖)と風太郎に告白されたと伝えた事により衝突や微妙な気まずさがあったが無事に乗り越え、ついに二人は恋人となりデートをする事に(途中まで姉妹に見られながら)。

そして姉妹の夢が判明していた中でついに四葉の夢(と言っても昔の)が判明。


アニメ版やゲーム版なだのメディアミックスでは回想やシーン補完があるものの、一連の流れに変更はない。


そして…

高校での再会から約5年後、ついに二人は結婚。呼び方も「上杉さん」から「風太郎」に変化し、式の直前には風太郎の愛を問うため、姉妹全員が揃いのウエディングドレス姿になり、高難易度の「五つ子ゲーム」を仕掛けたが、三度目の正直を見せた風太郎は難なくクリアし、見事に愛を証明した。


なお、一番大事なこととして、風太郎は京都で約束した少女が四葉であることを知らないまま彼女を選んだ。過去のたった1日の思い出に執着するのではなく、これまでの1年を重んじ、「どんなに自分が辛いときでも、支えになってくれたのは誰か」自問自答した結果、何度も「後悔しないように」と声をかけてくれた四葉を選んだのである。

実際、京都の件は結婚式の後に四葉がトレードマークのリボンを手放した際の言葉「私の事に気づいてくれる人がいるから」でやっと気づいたほどだった。


余談

風太郎は「四葉がいないととっくにつまづいていた」、「四葉相手だと安心出来る」と言っているが、これは「他の姉妹にも当てはまるのでは?」と異を唱える読者も存在している。

他の姉妹と異なり、四葉はどちらかというと普段の高校生活を楽しませる方向にウェイトが置かれている(現に原作・映画・『君と過ごした五つの思い出』共通で林間学校・修学旅行・学園祭で言ったセリフを思い出している)ため、それを指しているのであれば辻褄は合う。

風太郎と四葉の2人きりでいるシーンは決して少なくはないが、絆の強さや好意等を特別アピールするものではないため、2人きりでいる印象が他の姉妹(特に三玖や五月)と比べて弱く感じてしまう部分があるのは否めないところではある。


原作だけでなく他メディアのオリジナルストーリーでも友達っぽさのあるやりとりが多いのも特徴である。


上記の通り、風四エンドが公式ルートではあるが、読者の中には「他の姉妹とのルート」を望む声も多く、pixivにおいても他の姉妹を選んだ二次創作のイラスト・小説が掲載されている(四葉を含む「五つ子との間に子供が生まれた場合」の未来捏造もそこに含まれる)。


公式カップリングとなった風四だが、中の人たちはいずれも三玖推しである。


JR東海とのコラボでは風太郎と行きたい場所として「フルーツ大福弁才天(覚王山本店)(2023年10月に閉店)」「ナゴヤセントラルガーデン」「東山動植物園」を挙げている。

いずれも愛知県名古屋市千種区に存在する。

フルーツ大福弁才天が存在するのはすぐ近くに結婚式場の「覚王山ル・アンジェ教会」があるためその関係での選定と思われる。


関連タグ

五等分の花嫁

上杉風太郎 中野四葉

公式カップリング


上杉夫婦…明言はされていないが、風四はこの夫婦をモデルにした可能性が高い。


他カップリング

風一

風二

風三

風五

コメント

コメントはまだありません

pixivisionの関連記事

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • サプライズ

    四葉がストーカーされている!? それを知った風太郎の行動とは…
  • 風邪太郎

    夏が暑すぎて早く涼しくなれとか秋になれとか思ってたけどいざ夏が終わって秋に入ると夏の暑さが少しだけ恋しいです。朝と夜は秋らしいというか寒すぎるけど金木犀の匂い良いですよね。昼は昼で暑い。着る服困るんだよな…ってことで風邪引いた風太郎と四葉です。リハビリ中です…頑張ります。最後に五等分の花嫁記念日おめでとうございます〜!!!!
  • 「vs中野父」と「再おまじない」

    今回は二本立てのお話です。ですが、二つのお話は繋がっています。 やはりラスボスは中野父、マルオですよね。 風四増えて…お願い… 誤字脱字だけはご勘弁を〜!
  • 風太郎「最近四葉が冷たい」

    時系列は高校3年、学園祭を終え受験目前くらいです。 推薦は一般入試より前にもう終わってんじゃないかとか色々ありそうですが、こまけぇことは(ry 今回もノリで読んでください。
  • 五つ子が風都に行く話

    第13話 Fの想い・続/6人目の姉妹

    短めです。 うーん。うまく書けない……。 よろしければ楽しんでいただけると幸いです。
  • 上杉家庭のほのぼの日常

    いたずらはほどほどに

    ミッキーのboketeを見たときに閃いたネタです。 小さい子のイタズラって意外と困るのに中々怒れないんですよね笑
  • ごとはなss Twitterまとめ

    Twitterに投稿してるssをまとめました! 結構溜まってたので長めですが、暇な時に見ていただければ……! あと気分と好みで書いてるので、各CPの話数に差異があるのをご了承ください(いつか風いつも挑戦します) Twitter iD y_51087
    15,409文字pixiv小説作品
  • 四葉が風太郎を侵略する話

    兎は寂しいと死んでしまうので

    風太郎の家に四葉が泊まりに来る話です。風太郎がまだ誰も選んでいない時空です。 久しぶりの投稿になります。あるシーンを思いついて数日練りに練った結果シリーズ物にしようという発想になりました。昔三玖で同じような話書きましたけど、今シリーズも好評であれば続けたいと思います。 追記:いきなり話の名前とか変わったりしますけどお許しください いつもタグ付けありがとうございます!どなたかは存じませんが、付けてくれた通知が来る度嬉しいです!
  • 四葉だけ転校してきたお話

    確信

    修学旅行一日目です。 次話、多分過去最高に長くなっちゃいそうですが、一話にまとめたいので是非お付き合いください。
    10,060文字pixiv小説作品
  • My name is love

    愛から愛へ愛されて愛まで

    きっと愛だ恋だを忘れられないままでいるので初投稿です。 愚かさにとらわれもう戻れないので最終回です。 最新話までのネタバレ及びカップリング要素を含みますのでご注意ください。 遅くなって申し訳ないです。ゆるして 年末年始にかけて忙しかったり忙しくなかったりしました。 どうぞ新年初ガバを御笑覧ください。 今作も何度かランキングに入れて頂けました。読んでくださった皆様のお陰です。 ありがとうございました。 2021/4/25 追記 100ブックマーク頂きました。皆様のおかげです。ありがとうございます。
  • 五つ子と風太郎の旅行 日光編

    最終日

    最終回です。ここまで見てくれた方ありがとうございました。次は何書こうか迷っています。それから、9月に入ったら投稿頻度落ちます。
  • 二乃ルート

    私と踊ってくれませんか?

    二乃ルートです。 お互いの出会いが最悪で最初は大嫌いだったけど関わっていくうちに行動の裏には何があるかどうかを理解して大嫌いから大好きへと変わって二乃の恋が成就するお話です。
  • 五つ子が風都に行く話

    第11話 Fの想い/愛

    相変わらずグダグダしてる……。(特に後書き) 質問コーナーやってますので、何かありましたらコメントにて。
  • 上杉家庭のほのぼの日常

    レストランは戦場に成りうる(かも)

    ここ最近時間の流れが早過ぎて最後の投稿からかなり時間が経ってしまいました。 一回1週間何もない日を作って没頭したい…… それとまた赤ちゃんに会ってきました。自分が抱っこしてもすぐにぐずる事無く、むしろニコニコ笑うので鼻血が出そうになりました。笑 指を握らせたり、ほっぺを軽くつついたり、優しく頭を撫でると口角が上がります。尊いです。助けてください弾けてしまいます
  • リビングルームの告白 -Restart-

    リビングルームで告白したのは三玖だけじゃないよというif。 ここのシーンも原作を読み返しているとグッと来るんですよね。
  • サヨナラを教えて

    サヨナラから目を逸らして

    五月は恋愛バトルに現状参戦していませんが、不器用ながらもひたむきに勉強に打ち込む姿や、自分の夢を見つけ、(下田さんの手伝いをする)風太郎が拗ねてしまうくらいに彼の手を離れ、その夢のために邁進している等、「卒業後の道を見つけてやりたい」と願う風太郎が中野姉妹に望んでいる姿に一番近い気がします。 やはりセンターを張る本命ヒロインたる所以でしょうかね。 同様に恋愛バトルに現在参戦していない四葉も闇が垣間見えたり、風太郎自身彼女の滅私の姿に不安と心配を抱いている描写もあったりして、上三人が一斉に失恋してからの下の妹二人による頂上決戦なんていう展開もあるんじゃないかと思ったりする次第です。 ところで、竹林さんは再登場しないのでしょうか?
  • ごとよめ二次

    オトナエレベーター

    四葉が大人エレベーターに乗ってしまい、花嫁と会話するお話です。 1巻~11巻の内容を元に書いています。
  • 上杉風太郎はデートを成功させたい【四葉】

    中野四葉はデートしたい【四葉】の続きです
  • 四葉を怒らせるな!

    ヤキモチ大噴火

    『四葉を怒らせるな!』第4弾 大学生となり独り暮らしをしている風太郎の家に遊びに来た四葉 しかしそこで『ある物』を発見してしまい、ヤキモチを焼いた四葉の怒りが爆発する! 風太郎は何を見つかってしまったのか!? 【感謝感激ありがとうございます!!】 なんとこの度、フォロワーさんが200人になりました!! フォロワーのみなさん、いつもありがとうございます!! 読んでくださる方々もありがとうございます! そして皆様がブクマ・いいね・コメントをくださるのがいつも嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです! これからも変わらずマイペースにのんびり投稿していきますので、よろしくお願いします笑

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    餅田むぅ

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    雨乃家路(漫画) / 夢見るライオン(原作) / セカイメグル(キャラクター原案)

    読む

pixivision

カテゴリー