ピクシブ百科事典

風四

ふうよつ

漫画「五等分の花嫁」の主人公・上杉風太郎とヒロインの一人である中野四葉のカップリング。
目次[非表示]

この先、『五等分の花嫁』の物語全体のネタバレになるため要注意。
































概要

主人公・上杉風太郎とヒロインである五つ子の一人・中野四葉のカップリング。
同級生であるが、家庭教師(風太郎)と生徒(四葉及び中野家の五つ子全員)という関係でもある。

出会いと再会

二人の出会いは小学生の頃まで遡る。京都での修学旅行の際、単独行動中に盗撮を疑われた風太郎を助けたのが、姉妹とはぐれた四葉である。
その後、二人は一緒に京都を観光し、出会いの記念にツーショットの写真を撮った。この写真は風太郎にとっての宝物であり、高校の学生証に挟んでいる。
そして、一生懸命勉強し高給取りになって、大事な家族を幸せにしようと二人は約束する。
風太郎は約束を守るべく、金髪から黒髪にし家族以外の人間関係をほぼ捨てて勉強に取り組むようになった。

一方の四葉は、幸せにしたかった家族(母親の零奈)を失い、その後五つ子を引き取ってくれた義父のマルオの無関心そうな態度(実際は彼なりに愛情を持って接している)と五つ子へのコンプレックスから、勉強を離れスポーツの方にのめり込んでいく。その結果、黒薔薇女子では中等部から徐々に成績を落としていき、高等部にこそ進学できたものの、姉妹揃って受けた追々試で一人だけ赤点を取ってしまい、落第回避のため転校を余儀なくされた。
しかし、彼女を放っておけない姉妹たちは「カンニングで追試を突破した」と自ら罪を捏造し、全員で転校する事になった。
この出来事によって、四葉は姉妹愛を再認識すると同時に、「姉妹の幸せこそが自分の幸せ」という考え、悪く言えば自己犠牲がちな性格になった。

そして転校先の旭高校にて、風太郎と運命の再会を果たす。しかし、風太郎が落とした「100点満点の答案」を見たことで「風太郎は京都で交わした約束を守ったのに、自分は何一つ守れないどころか、姉妹まで不幸にしてしまった」という後ろめたさに苛まれる。
そのため、親の伝手で風太郎が自分たちの家庭教師を務めることになった際には、率先して彼を助ける一方で「自分には名乗り出る資格などないから、風太郎と姉妹のためにできることをしよう」という思いに縛られていた。
そのため、林間学校直後に風太郎から京都のエピソードを聞いていた五月にだけ事情を明かし、亡き母の名前「零奈(CV:京花優希)」を名乗る「京都で会った少女」として風太郎に接触させ、「過去に囚われずこれからを生きてほしい」という願いから彼が思い出の品として大事にしていたツーショット写真を回収してもらった。なお、五月に頼んだ理由は「風太郎には嘘をつけないため、自分がやればすぐバレてしまうから」。

姉妹の絆か初恋か

やがて、家庭教師と教え子として接していくうちに、3が風太郎に恋心を抱いていく様子を間近で見ていた四葉は、3年への進級後のある日、風太郎とデートをすることになる。
だが、彼女の行く先は姉妹に縁ある場所ばかりで、四葉自身の望みではないことを風太郎に指摘される。
そして、最後に訪れた公園のブランコで遊び、童心に帰ったように笑う風太郎を見て、彼女は微笑みながら告げる。

五等分の花嫁


「欲しいものは、もう貰いました」

学園祭での出来事と告白の後

運営から出し物の助っ人など、たくさんの仕事を引き受けてこなしていく四葉だったが、疲労蓄積によって2日目途中でダウンし病院に担ぎ込まれる。目が覚めたときには既に夜になっていたが、自分があけてしまった穴はこれまで関わってきた人たちが埋めてくれたことを知り、最終日は謝罪とお礼のため校内を行脚する。
その途中、学園祭最終日に外階段の一番下で座ってウトウトしている風太郎を見つけ、過去との決別の意味も込めてキスをし、風太郎の意識が覚醒する前にその場から去る。
これで今度こそ風太郎への恋心を諦める。柱の陰でそう誓いつつも、四葉は人目を忍んで泣きじゃくっていた。

そして後夜祭が終わり姉妹と別れた四葉、武田と前田と別れた風太郎。
「5人のうち1人を選んでほしい」と告げられていた風太郎は、当初「誰も選ばない」ことで問題を解決しようとしたものの、考え直した末に決断を下す。
場面は変わり保健室へ。四葉は保健室で待機していたものの、自分が選ばれるわけにはいかないという思いから逃げ出していた。しかしスマホを忘れていたため取りに戻ると、そこには風太郎がいた。彼の告白を遮り逃走するが、この結末を察していた五月のアシストを受けた風太郎に追いつかれてしまい、彼から想いを告げられる。
自分は姉妹より幸せになってはいけない。風太郎にも迷惑が掛かってしまう。だからこの告白を受けてはいけない。
そう自分に言い聞かせて「嫌い」と答えようとする四葉だったが、口から出た言葉は

風四114


「好きです」
「私...上杉さんには嘘をつけません...」

過去の過ちから他人を第一に考え、自分自身を二の次にしていた彼女が、長い間秘めていた本心だった。

その後、姉妹(特に二乃と三玖)と風太郎に告白されたと伝えた事により衝突や微妙な気まずさがあったが無事に乗り越え、ついに二人は恋人となりデートをする事に(途中まで姉妹に見られながら)。
そして姉妹の夢が判明していた中でついに四葉の夢(と言っても昔の)が判明。

👼



そして…

五等分の最終回


高校での再会から約5年後、ついに二人は結婚。式の直前には風太郎の愛を問うため、姉妹全員がウエディングドレス姿になるという「五つ子ゲーム」を仕掛けたが、三度目の正直を見せた風太郎は難なくクリアし、見事に愛を証明した。

なお、一番大事なこととして、風太郎は京都で約束した少女が四葉であることを知らないまま彼女を選んだ。過去のたった1日の思い出に執着するのではなく、これまでの1年を重んじ、「どんなに自分が辛いときでも、支えになってくれたのは誰か」自問自答した結果、何度も「後悔しないように」と声をかけてくれた四葉を選んだのである。
実際、京都の件は結婚式の後に四葉がトレードマークのリボンを手放した際の言葉でやっと気づいたほどだった。

余談

上記の通り、風四エンドが公式ルートではあるが、読者の中には「他の姉妹とのルート」を望む声も多く、pixivにおいても他の姉妹を選んだ二次創作のイラスト・小説が掲載されている(四葉を含む「五つ子との間に子供が生まれた場合」の未来捏造もそこに含まれる)。

関連タグ

五等分の花嫁
上杉風太郎 中野四葉
公式カップリング

関連記事

親記事

五等分の花嫁 ごとうぶんのはなよめ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「風四」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 256527

コメント