2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「困ったらこの一花お姉さんに相談するんだぞ」

プロフィール

誕生日5月5日
身長159cm
血液型A型
イメージカラー
好きな食べ物塩辛
好きな飲み物フラペチーノ
嫌いな食べ物しいたけ
好きな動物カバ
よく見るテレビドラマ
好きな映画海外セレブが出てくる系
好きな本小説
好きな音楽洋楽(リスニング能力は皆無)
日課ジョギング
お気に入りスポットベッド
得意科目(5教科)数学
CV花澤香菜


概要

五等分の花嫁』に登場する五つ子長女
コミックの単独表紙は2巻と7巻。

容姿

中野一花


アシンメトリーショートヘアーで五つ子の中で最も短い。髪の色は薄いピンク。
右耳にピアスがついている。
制服の着方は胸元のボタンが開いていて、上着を腰に巻いている。
私服はズボンの着用が多い。
フットカバーのような靴下をはいている。

人物

上杉風太郎を「フータロー君」と呼ぶ。
五つ子の長女であってお姉さん気質があり、風太郎や他の姉妹に助け舟を出すシーンがよくある。
少々小悪魔的なところがあり、風太郎に対してからかったり、脅してみたりするシーンがある。

一花の模写



反面、私生活はだらしないところがあり、部屋の中はいつも自身の服等で散らかっている。就寝時は半裸(ショーツのみ着用)で過ごす癖があり、本人曰く「着ていてもいつの間にか脱いでしまっている」。

女優になる夢があり、学校に行きながら撮影の仕事をこなしている。
その為か、三玖と同様に姉妹の真似が得意。
もっとも、当初は名前の無い端役ばかりであった為、姉妹にも隠していたのだが、花火大会の最中に急遽オーディションが入り、ゴタゴタの中で風太郎にバレてしまう。
その際、風太郎の何気ない協力もあってオーディションは好感触で終わって以降、好意を持つようになる。
しかし、三玖が風太郎に好意を持っている実態を知っているので、自身の風太郎への思いは控えめにしていたが……。

関連イラスト

なかのいちか
中野一花


一花と花束
シンデレラ一花



関連動画



余談

公式のツイッターでは毎週月曜日に作中のシーンを利用したコラの画像に出ている。

関連タグ

五等分の花嫁

家庭教師
上杉風太郎

五つ子の姉妹
中野二乃 中野三玖 中野四葉 中野五月

彼女の主な特徴
女優 小悪魔 片付けられない女

関連・類似キャラクター

甘露寺蜜璃:此方も同じく中の人繋がり→五等分の刃
シャルロット・デュノア:此方も同じく中の人繋がり。
また、彼女が登場する作品の主人公は、一花と名前が同じである(但し、漢字は一字違い)。
小湊春市同雑誌で連載してる漫画そっくりさん
公式でも意識しているのか、13巻特典ペーパー(お題「マガジン作品の服」)で一花は青道高校のユニフォームを着ている。

















ネタバレ

三玖の想いを知ってしまった事情もあって、積極的に想いを伝えることを躊躇うものの、自身の想いを捨てるにも捨てられず、現状維持を促すような行動を取り続けていた。
しかし、二乃が風太郎に面と向かって告白する場面に出くわし、現状維持が不可能になってしまう。

その後、二乃から「風太郎と二人きりになるための父親の足止め」を頼まれる。
一度は二乃に協力を決めるが、1人泣き崩れる彼女を心配した四葉に「我慢しないで好きなことをして欲しい」と諭され、自身の「風太郎を誰にも取られたくない」想いを素直に認め、二乃から受けた父親の足止めの役割を放り捨てた。

そして、3年生への進級を期にそれまで自身のみで負担していた家賃の等分を宣言。姉妹全員が公平な立場に立ち、新たなスタートを切ることとなる。
だが、三玖に変装している際に風太郎への想いを抑えられなくなってしまい、そのまま三玖のフリをして「一花、フータローのこと好きだよ」と告白。
動揺する風太郎の姿に手ごたえを感じた彼女はその後も積極的に抜け駆けしようと動くのだが、尽く裏目に出て空回りしていく。
実のところ、風太郎は告白の段階で「相手が三玖ではない」点までは見抜いており、修学旅行で再度変装した際には完全に見破られてしまう
それをきっかけに、風太郎から手を引こうとした。

無題



そして、夏休み以降から「女優業が忙しくなった(もっとも、実際は風太郎への想いの決別が本心で、それを隠す為の方便と推測)」のを契機に、一花は高校の退学を決意。5人全員での卒業を目指す風太郎からは休学にするよう説得されるも、一花自身「これ以上の両立は厳しい」と聞かなかった。
だが、風太郎は『「自主製作映画への出演」の形で一花を勉強させる』奇策を決行し、出演料が足りず出世払いにするオチが付いたものの、この策を受け入れて休学する道を選んだ。
それもあってか、風太郎への想いは再燃するも、以前の失敗の自省からか、露骨かつ悪辣なやり方は成りを潜め、緩やかに迫るようになる。

ネタバレ以降の余談

後に発売された『五等分の花嫁 キャラクターブック 一花』に記載された作者インタビュー曰く

「『1人の男の子を取り合う以上、悪役が必要』と判断し、序盤から風太郎と険悪だった二乃と五月は『意外性がないからダメ』としてボツ、残る一花、三玖、四葉の3人からの選出を前提に、手始めに一花をそれっぽくと試運転させたら、『普段の表情と悪事をする前後の表情のギャップが見事に噛み合った』為、京都での一花の行動が決まった(要約)」

と述べている。

関連記事

親記事

中野家 なかのけ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「中野一花」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「中野一花」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64763513

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました