2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

デブ「やっぱりS15乗っててもサーキット行かなきゃ速くならないよね?あれ、もしかして行ったことないの?ぷぷぷ」
メガネ「そんなこと言っちゃ悪いよ、本人も気にしてるみたいだし…くすくす」

概要

搭乗車種 日産シルビア Spec-R(S15)
ボディカラー スパークリングシルバーメタリック
主な外装パーツ 社外マフラー
ナンバー 多摩55 で 34-628


頭文字D』に登場する、東京から来たと名乗る車オタクらしきの2人の男性。
氏名・年齢は不詳(容姿的には推定30代前半)。

原作に登場したのは一回きりでありながら、後述のようにゲーム版『頭文字D_ARCADE_STAGE』シリーズでは常連のやられ役であり独自のキャラ付けがされている。

メンバー

劇中で名前が設定されていない関係で二人の呼び方は各種メディアで安定していないが、ここではゲームSpecial Stageのムービー中の表記に倣い記述する。

デブ

CV:石井康嗣
ドライバーでS15シルビアは彼の愛車。

よくサーキットの走行会へ行くらしく、その事情に詳しいのをこれ見よがしに語りたがる。
走り屋ではない単なる車オタクではあるが、愛車のS15は通常グレードでもスペックが高い事で知られていた。

走行中には隣のメガネと喋る、或いは独り言を言いながら走るが、星野好造のそれとは違い特に意味はない。
本人曰くブレーキングが得意で、コーナーへのブレーキを遅らせて突っ込む「超絶ウルトラスーパーレイトブレーキング」を必殺技としている。
しかし実際は単なる冷や汗タラタラの通常のブレーキングで、モータースポーツの技術にすら該当しない。

秋名山(榛名山)で藤原拓海池谷浩一郎達を見かけて馴れ馴れしく話しかける。
しかしメガネと共に武内樹ターボを乗せたばかりのハチゴーを散々けなしたり、地方の走り屋をバカにしたりといった不愉快な物言いをし、池谷に追い払われる。

その事で機嫌を損ね、バトルを仕掛けるため池谷達が撤収するまで近くでじっと待つといった陰湿な行動を取る。
元々自身のバトルやドラテクの調整に来たわけではない池谷のS13を、新型車のハイパワーでものを言わせてストレートで強引に追い抜く。
しかしこの2人に内心で腹を立てていた拓海がハンドルを握るイツキのハチゴーの敵ではなく、あっさり追い抜かれた上に、路肩の土手に乗り上げてサイドを多少かすって自滅するという惨めな結果に終わる。
なお池谷達が追いつく前にそそくさと逃げ出し、伊香保の温泉街に消えていったようである。
ゲーム版では箱根や筑波に登場しており、「サーキットの走行会帰り」と述べ、「サーキット仕込みのテクニックを見せてあげるよ」とプレイヤーにバトルを挑んでくる。

負けると「エンジンの調子が悪かった」「足回りのセッティングが狂っていた」「サーキットを走ったばかりで疲れていた」「(メガネに対して)キミが横から口を挟むから集中できない」と言い訳をする。
アニメFourth StageとゲームTHE ARCADEでは「S15の男」、ゲームARCADE STAGE4~8∞では「OTAKU1」、OVABATTLE STAGE2では「オタク」と表記されている。

メガネ

CV:肥後誠
デブの友人で助手席に座る小柄な男。
インパクトブルー沙雪のようにアドバイスをするわけでもなく、ただ助手席に座って喋るだけである。

特にデブの邪魔になるような言動を取っていないが、ゲーム版では敗戦後に一方的に八つ当たりをされたり、適当な言い訳をしてそそくさと逃げ帰ようとする相方を陰で「うわ、カッコ悪い……」と呆れたりするなどの場面があった。
アニメFourth StageとゲームTHE ARCADEでは「メガネの男」、ゲームARCADE STAGE4~8∞では「OTAKU2」、OVABATTLE STAGE2では「オタク」と表記されている。


ゲームでの彼ら

アーケードゲーム頭文字D_ARCADE_STAGEシリーズでは上記の通り初登場以来基本的にはやられ役である。
原作での登場期間に反してゲーム内では台詞が豊富で、バトル前にプレイヤーの車やプレイヤー自身に対して嫌みを言うのが通例となっているが、Special StageとARCADE STAGE4では記事冒頭の台詞(Special Stageから抜粋)のようにプレイヤーが搭乗するクルマに合わせて内容が細かく変わるという非常に凝った物となっていた(例えば、ランエボスカイラインGT-Rインプレッサだと「ドライバーが下手でもクルマがフォローしてくれる」「誰が乗っても速いよね」と言ったり、ハチロクロードスターだと「殆どクラシックカー」「こんなのサーキットじゃ全然タイム出ないよ」と言ったりする。特に自身と同じS15だと「君みたいな奴が僕と同じクルマなんて勘弁してよ」「君と僕とじゃ、ルックスもテクニックも全然違う」「峠でイケてない奴がS15に乗ってると、こっちまで同類に思われる」等と散々馬鹿にしてくる)。

「ZERO」ではリストラ状態が続いていたが、期間限定の東方Projectコラボストーリー第一弾において再登場。

恒例の嫌味こそ無くなってしまったが敗北する度にパワーアップと称し、S15を霊夢魔理沙痛車仕様に変えて再戦を申し込んでくる。
秋名での対決では「溝落とし」を使ってくるので必見。

「THE ARCADE」ではストーリーモードChapter10に登場するほか前作同様東方Projectコラボストーリー第2弾にも登場。S15を十六夜咲夜スカーレット姉妹痛車仕様に変えているほか、敗北する度に秋名では練馬から来た仲間(フランドール・スカーレット痛車仕様のFD3SRX-7に搭乗)・板橋から来た仲間(レミリア・スカーレット痛車仕様のZ33フェアレディZに搭乗)、いろは坂では八王子から来た仲間(十六夜咲夜痛車仕様のユーノスロードスターに搭乗)・多摩から来た仲間(レミリア・スカーレット痛車仕様のS2000に搭乗)、筑波では品川から来た仲間(十六夜咲夜痛車仕様のGRスープラに搭乗)・世田谷から来た仲間(フランドール・スカーレット痛車仕様のBRZに搭乗)を引き連れ再戦を申し込んでくる。
尚、仲間のナンバープレートに関して、練馬・世田谷から来た仲間はQED「495年の波紋」にちなみ0-495、板橋・多摩から来た仲間はレミィの語呂合わせで0-031、八王子・品川から来た仲間は一六夜の語呂合わせで1-341と東方ファンなら思わずニヤリと来る小ネタが含まれた物になっている。

余談

  • この二人が声付きで初登場したのはPS2用ゲーム「Special Stage」で、当時未放送だったテレビアニメ版「Fourth Stage」に向けて声優をそのまま登板出来るようにオーディションが行われた。デブ役の石井康嗣氏はSecond Stageから登場した藤原文太の友人の整備士鈴木政志をFourth Stageではデブ役と兼任で、ドラマCD「インパクトブルーの彼方に…」ではエンペラーの偵察係の一人佐竹を演じていた。
  • 石井・肥後両氏に共通して、初登板のSpecial Stageと後発のFourth Stageでは演じ方に違いが見られ、アニメ版ではより小物らしい演技となっている。
  • 現実の自動車趣味においても、彼らのように「サーキットに行ったことがある」「サーキットのタイムがいくら」というマウントを取ってくる輩は多い。この点においては、非常に人間味のあるリアルなキャラクターと言えよう。


関連項目

頭文字D
やられ役 オタク ネタキャラ

関連記事

親記事

頭文字D いにしゃるでぃー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「東京から来た二人(頭文字D)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6910

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました