ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

妊婦が産道からを経ての出産困難判断された場合に行われる、腹を切り開いて胎児を取り出す形の出産。


一般的な「長時間の陣痛に耐えての出産」ではないため、一見楽に産めそうと勘違いされることも多い。しかし実際は麻酔が切れた後、主に切開した箇所の痛みがとんでもないレベルになる。なので全体的に見た場合は全く楽ではないのである。


語源編集

フランス語の「opération césarienne」から、ラテン語の「sectio caesarea」を経由して、ドイツ語の「Kaiserschnitt」を直訳したものである。

「Kaiserschnitt」は「Kaiser(皇帝」)」「Schnitt(切開)」の合成語であるが、ここでのKaiserは分離という意味であるのに、ここを「帝王」と誤訳した為、こう呼ばれる。


ちなみにKaiserはカエサル、つまりローマ皇帝のドイツ語でもある。

ラテン語のCaesar(切り取る)が語源で、カエサル=皇帝の由来になったガイウス・ユリウス・カエサルプリニウスが自身の著書『博物誌』において「母親の胎内を切り裂いて生まれた者」と書き記してしまったため、誤解が広まった原因になっている。

ただ、事実として古代ローマでも妊婦が死亡した際に切開して胎児を取り出す手術が行われ、そうして生き残った子も「カエサル(切り取られた者)」と呼ばれていたようではある。


近年ではコロナ禍による「感染症対策をお題目とした帝王切開の強要」が日本で横行しており、妊婦の意思を無視するような帝王切開を扇動した一部の医師達(いわゆる医クラ)が後々になって「自分達は強要していない」という旨のコメントをしていた。こちらを参照。


関連タグ編集

出産 手術 開腹

関連記事

親記事

出産 しゅっさん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1130980

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました