ピクシブ百科事典

転生王女と天才令嬢の魔法革命

てんせいおうじょとてんさいれいじょうのまほうかくめい

転生王女と天才令嬢の魔法革命とは、鴉ぴえろによるライトノベル小説である。
目次[非表示]

概要

2019年2月、オンライン小説投稿サイト『小説家になろう』にて連載を開始し、2020年6月に完結。現在は後日談が連載中。作者は鴉ぴえろ氏。
後に富士見ファンタジア文庫から書籍化。2021年5月現在既刊3巻。イラストはきさらぎゆり氏が担当。
電撃マオウで漫画版が連載。コミックスは電撃コミックスNEXTレーベルで、2021年5月現在既刊1巻。南高春告氏が作画を担当。

魔法が使えない王女がある日前世の日本人の記憶を思い出し、科学の知識を利用して魔学(魔法科学)を提唱し、開発・研究に勤んでいたが、そこに王太子に婚約破棄された天才令嬢を助手として引き取り、魔学による革命を目指す異世界ファンタジー。

あらすじ

パレッティア王国の王女、アニスフィア・ウィン・パレッティアはひょんな事から魔法使いに憧れていた日本人としての前世の記憶を思い出した。しかし、先天的に魔法が使えない体質だった彼女は、日本人の時に得た科学の知識を利用して魔法を疑似的に再現する学問である魔法科学、略して魔学を提唱し、夢に向かって周囲を振り回しながらも邁進するアニスフィアはやがて王国一の問題児として噂されるようになっていく。

そんな中、アニスフィアは天才令嬢と持て囃され、次期王妃と謳われたマゼンタ公爵令嬢、ユフィリア・マゼンタが弟で王太子のアルガルドに一方的な婚約破棄を突き付けられる場面に乱入してしまう。状況を掴んだアニスフィアは、ユフィリアを攫い陛下とユフィリアの父親のマゼンタ侯爵の前でユフィリアを助手にすると宣言する。

魔法に愛されず、それでも魔法を愛した王女様はどこに向かうのか!? 転生者である王女様によるドタバタ劇がここに始まる。

登場人物

転生王女と天才令嬢の魔法革命2


アニスフィア・ウィン・パレッティア

イラスト中央右側の人物
本作の主人公
パレッティア王国の第一王女で、5歳の時に前世の記憶(正確には科学・文化などの知識・情報)を思いだし、転生者だと自覚する
魔法を使うのを夢見ていたが、莫大な魔力が有りながら適正属性が無く魔法を使えなかった。
それでも諦められずに"魔法を科学的に解明する学問"「魔学」を産み出し、魔導具を開発した。
"キテレツ王女"と呼ばれているが、軍人・医者などの一部の専門家からは天才と慕われ、市民からも次期王にと慕われているが、王になった場合は政策改革の際に貴族の血で城が紅く染まる為、"冷酷非道の独裁者"を次期王にするきですか?と親(現王)を脅しているうえ、同性愛者で有る事を公言している為、自分が王に向いてない事を一番自覚しており、(両親がギリギリ鎮静状態にしている(正確には無理やり膠着状態に持ち込んだ)内乱を悪化させたくない事もあり)王位継承権を破棄している。(しかし、王の素質もずば抜けて一番高いのだが、それを自覚していない。)
前世の自分に関する記憶が全く無く、自分は現世の自分であると理解しているが、希に本当に前世の人格の影響が無いのかと不安に為っている。

ユフィリア・マゼンタ

イラスト左端の人物
もう一人の主人公
家族に大変愛されている(愛が重いとも言える)
王家からの要請で王太子アルガルドの婚約者になり、厳しい王妃教育を受けていたが、
婚約者のアルガルドにいきなり婚約破棄を言い渡された所を、偶然居合わせたアニスフィアに拾われたアニスフィアの恋人、当初は怯えていたが、次第に両想いに為る。
魔力が強力で適正属性も全属性で、アニスフィアからは人間国宝と評される。
助手として、アニスフィアに魔法使いとしての感覚等の知識を伝えている。
逆にアニスフィアからは、魔学の知識を貰い2人揃って規格外の魔力の使い手となる。

イリア

イラスト右端の人物
アニスフィアの専属の侍女
家族に政治の道具として扱われ、ユフィリアと同じく自我が弱かった(ユフィリアは、王妃教育の影響によるもの)が、アニスフィアとのふれ合いで強い意思を持つようになる。
アニスフィアに外堀を埋められたと言いながらも、彼女を大切に思っており、離れるつもりが一切無い。
モノ扱いしかしない家族とは実質的な絶縁状態である。

レイニ・シアン

イラスト中央左側の人物
平民の母と男爵の父親の間の子供
昔は、母子2人で暮らしていたが、母が亡くなり孤児院で暮らしていたが彼女を巡り争いが絶えず起こっており、心を病んでしまっていた。
男爵が自分に隠し子が居ることを知り娘として無事迎えられるが、パレッティア国立貴族学院でも揉め事が耐えなかったが、ユフィリアだけは普通に接してくれた為彼女をひそかに貴族の先輩として慕い、彼女の様な貴族になりたいと思っており、レニイの貴族としての在り方などの考え方・知識などは全て彼女を見て学んだものだった。
しかしそれらの行為が争っていた面々にユフィリアが共通の敵として認知される原因にもなってしまっていた。
後に諸事情でアニスフィア達のもとに保護される。

用語


魔法

「世界のあらゆる場所に存在する精霊に働きかけ、魔力を代価にし魔法を形とする。そして精霊と適合する魔力の性質があって、それが適性になる」
これが一般常識であり、精霊が神聖な存在であるとされる所以でもある。

魔学

魔法を化学的に解明する事を目的にする学問
しかしその解明の影響により魔法で天変地異も起こす事が可能で有ると証明してしまっており、研究データは極秘扱いとなっている
莫大な魔力を持つアニスフィアと助手のユフィがその気になれば某ラノベの”戦略級魔法師”と同じ事が可能であり、その危険性を理解している為関係者たち皆は死んでも喋らない位の心構えをして研究をしている。

国家


パレッティア王国

アニスフィア達が暮らしている国家
初代国王が大精霊と契約したとされ、貴族の殆どが魔法を使える理由に精霊との契約が関係しているとされている
(魔力を持たずに生まれた子供は死産又は病死した事にされスラム街に捨てられる事が殆どで、平民に魔力持ちが生まれる理由に捨てられた子供の子孫で先祖返りにより覚醒した者が殆どだとされる)

カンバス王国

パレッティア王国と山脈群を挟んで、反対側に位置する国家
双方貿易が全く無く、国境沿いは樹海の為国民の一部は名前すら知らない者もいる程接触が無い実質上の鎖国状態の為謎だらけの王国でもある。

アーイレン帝国

過去に周辺諸国を呑み込む拡大し続けていた国家
以前はパレッティア王国を狙っていたが実質貴族全員が魔法使いのパレッティア王国に進軍すれば、返り討ちにされ、逆に攻め滅ぼされる事を危惧した前帝王は国土拡大政策を辞め融和の道を選び、パレッティア王国とは友好国の道を選んだ。
しかし、魔道具が開発された事で過激派が”パレッティア王国は進軍の準備をしている自衛の為にも攻め滅ぼすべきだ”と進軍の為の大義名分を盾に騒ぎ出しており、現帝王はそれを抑え込むのに頭を抱えてしまっている。

魔道具


マナ・ブレイド

剣の付けに精霊石が埋め込まれた魔法の剣
魔力を込める事で刀身が形成される
イメージ的にライトセーバーやビームサーベルのような物

マナ・シールド

マナ・ブレイドの盾版
親(国王)からは、鎧化出来ないかとオーダーが出ているが、可動域の干渉問題が在るうえ全身を覆うには精霊石の出力が不足するため鎧の実用化には課題だらけでまだ検証段階となっている。

因みにマナ・ブレイド及びマナ・シールドは”信頼のおける王宮の侍女達”と国王は護身具として密かに身に着けている。

アルカンシェル

アニスフィアがユフィの為に作った一品物のマナ・ブレイド
元になったマナ・ブレイドと違い、刀身が存在する
アニスフィア曰く
「刀身は精霊石を練り混ぜた魔力導体に! 接合して精霊石を埋め込んだ事で魔力伝導率を向上! 試してみないとわからないけれど、刀身に属性付与をするのを補助が可能! 更に魔杖のように魔法の媒体としても使用可能! 魔剣と魔杖、両方の機能を有する奇跡の融合剣!」
との事
ユフィが実際に魔杖としてテストした際杖として規格外の性能で有ると驚いている。

飛行用魔道具


魔女箒
風の精霊石を推進源とした”空飛ぶほうき”
アニスフィアの完全な趣味の為に作られた為乗り心地などは一切配慮されていない。
試作段階の為ごくたまに出力が不安定になり制御不能の暴走を起こしてしまう事がある。

エアドラちゃん
モーターボート型の乗り物で推進源はジェットエンジンのような物
動力及び機体そのものがとある魔物で作られている。
高級素材だけで構成されている為、飛行用魔道具版コンコルドといえる存在
国王も欲しがったが、素材問題の為作れなかった。

エアバイク
”エアドラちゃん”の運用データを元に安価な素材で量産化に成功した飛行用魔道具
名前の通りバイク型で馬より早い。


関連タグ

小説家になろう 百合

外部リンク

転生王女と天才令嬢の魔法革命 - 小説家になろう
転生王女と天才令嬢の魔法革命 - コミカライズ
転生王女と天才令嬢の魔法革命 - 小説家になろう-作者からの"ジャンル・カテゴリーについて"のお知らせ

関連記事

親記事

小説家になろう しょうせつかになろう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「転生王女と天才令嬢の魔法革命」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「転生王女と天才令嬢の魔法革命」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75387

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました