ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

CV:坂田将吾(青年期)・塚田悠衣(幼少期)

本作における主要キャラの1人。ユフィリアの許嫁。

パレッティア王国の王子で、主人公アニスフィアの実弟。アニスフィアからの呼称は「アル君」。

本作は彼がレイニを囲い、公衆の面前でユフィリア婚約破棄を突きつけたことから物語が動き出す。ある種の全ての元凶

同時に王国の歪みに最も振り回されている被害者でもある。


姉が魔法が使えない上、素っ頓狂の末に王位継承権も放棄していることから、現在の王国で唯一正当な王位継承権の持ち主にして次期国王の最有力候補。

アルガルドの支持者は姉を毛嫌いする派閥ばかりではあるのだが、王国の貴族は魔法が使えることをその特権の根拠とし精霊を神格化しているため、魔法が使えないないばかりか科学的に魔法を解明するアニスフィアを肯定できない。ましてパレッティア王国は先王が魔法を使える市井の人間を貴族に取り入れようとした結果、オルファンスの兄である長男を旗頭に大規模な内乱を引き起こされ、大量の血を流して何とか抑え込んでいるのが現状。

そのため王家全体としては「魔法が使えるアルガルドを王にするしかない」というのが共通認識であり、アルガルドも再び国を割らないために姉との対立を甘んじて受け入れている。


人物像

とはいえ、現在は姉に複雑な感情を抱いているのもまた事実でもある。

姉とは幼少期は振り回されつつも仲が良かった(彼女曰く「喧嘩をしたことがないぐらい」)ものの、彼女に連れ出された際に魔物に襲われる事件が起き、「アニスフィアによるアルガルドの暗殺未遂」という邪推が起きるほどの事態となり以降は疎遠となる。

そこから更に王位継承権絡み絡みの問題や、彼女が良くも悪くも目立つせいで「アニスフィアに魔法の才能が有れば」を嫌というほど、時には支持者にすら囁かれることとなり、結果数年来無視を続けるに至っている。


能力

王族としてのプライドは非常に高いが、次期国王として教育をうけ自身も努力家であるため相応の能力はあり、上述の周囲によるアニスフィアと比較も自ら認めることができている。

姉とは違い魔法が使え、また次期国王であることから相応の鍛錬も積んでいる。劇中では水属性の魔法を基本としており、只の水ではなくその中に氷を入れるといった複雑な運用も可能。霧の形である程度の広範囲に展開させることも可能であり、天才ではないかもしれないが秀才レベルの力量に鍛え上げている。

更には傲慢な面をもちつつも行動の際は周囲への根回しを行うなど、わきまえるべきをわきまえられるのは行動力の有りすぎるアニスフィアにはない長所である。また、良くも悪くも自分の好きに忠実で抑える選択肢を選べないアニスフィアに対し、アルガルドは次期王としての教育もあり自分の好感や嫌悪感を抑え協力や敵対を選べる点も為政者としてある種の長所。パレッティア王国の内情を知らない者に相手方の価値観や文化に照らし合わせる形で説明することもできるなど、必ずしも好意的だったり理解を示せるわけではない相手との交渉などでは、そのあたりの折り合いを早々に放棄した事実のあるアニスフィアより能力を示している。

本編開始時点ではアニスフィア及びユフィリアの現状と性格を本人たち以上に熟知している節があり、特に姉に至っては戦闘策略の両面で窮地に追い込むことも可能


まとめれば国を発展させる王としては魔学という手段のある姉に劣るが、国を安定させる王としては彼のほうが適任。アニスフィアもオルファンスもパレッティア王国に流血を齎さない、そういった王になることをアルガルドに望んでおり、ユフィリアが婚約者になったのもその一環といえる。


謎の迷走

即ち、本来は王族としての立ち振る舞いができる自ら戒めることもできる好人物のはずなのだが、それにもかかわらず冒頭で何の相談もなく独断でユフィリアとの婚約を堂々と破棄する暴挙に出る。

が、その後のある緊急事態では「アニスフィアの魔学に並ぶ名誉」を目当てに参加をもくろむものの、この時はオルファンスにきちんと許可を求めるなど、旧知の人物たちに加えアニスフィアやオルファンスですら内面が図れないほどにある種不安定な行動を見せるようになって、上述の説明とそぐわない行動は彼を古くから知るものにも不思議がられている。


のちにレイニの事情やユフィリアの問題性が発覚してからは、「一番悪いのは間違いないがある意味で被害者」といった認識となっていく。


余談

本作は乙女ゲームおよび悪役令嬢ものをベースとしているが、アニスの行動によってそれが覆り、このジャンルにおけるステレオタイプの物語を早々に逸脱している。


アニスが仮に存在しなかった場合の物語上の類型は、言わずもがな乙女ゲームとしての攻略対象そのものであり、レイニの視点で(意図せず)ライバルの立ち位置にされたユフィリアという障害を乗り越えてアルガルドと結ばれる物語になっていく。


誤解を恐れず言うなら、アニスというイレギュラーの登場による予定調和の崩壊に巻き込まれた最大の被害者。



なお作者のツイートによると、アニスがいたとしてアルガルドが事件を起こさなかった場合、王として順当に即位できるもののユフィリアと比べられるため肩身が狭くなるらしく、さらにそのあおりをうけたアニスが王国から不要な存在として突き落とされる展開に発展し、研究者としての飼い殺し・王国の出奔・果ては暗殺などの末路を辿るらしい。


ただしそのいずれにおいても、斜陽状態のパレッティア王国で民衆から人気のあるアニスへそのような仕打ちが発覚したが最後、様々な要因から王国がクーデターや侵略などのいずれかに遭うのは火を見るより明らかで、皮肉な事に彼が事件を起こしていなければ十中八九パレッティア王国は滅亡することになる。


関連タグ

転生王女と天才令嬢の魔法革命 傲慢


グエル・ジェターク一見すると似たポジションのキャラクター。


ネタバレ





















実はユフィリア追放の協力者である魔法省長官の息子モーリッツ・シャルトルーズがレイニの事情に先んじてたどり着いており、彼らに教えられる形でアルガルドも把握済みである。魔法省長官や息子はアニスフィアを忌々しい脅威と思っており、自分たちが擁立しているアルガルドの王位継承を確実なものとするための手段として使う腹積もりだった。

ユフィリア追放もユフィリアにレイニの力が効果を成していないことを目障りに思い、遠ざけるために影響を受けているだけの者達まで巻き込んで起こしたのが真相。

しかしことごとくアニスフィアが意図せず妨害する形になり、挙句レイニの真相にすらたどり着いてコントロールまで可能としていることから最終手段を行使。アニスフィアの性格を読んで離宮から出るように魔法省長官たちを動かし、自身は離宮を強襲。皮肉にも王として教え込まれた「感情を切り離して行動する」教えをもってして、影響を受けた状態でレイニに深手を負わせ吸血鬼へと成り果てる。


だが離宮に仕掛けておいた警報が作動したため、直後にアニスフィアがユフィリアと共にやってくる。そこでアルガルド自身は、魔法省長官及び息子を含めた協力者の価値観ともいえる「魔法を権力の象徴とした選民思想」を先王時代のクーデターとなぞらえる形で「パレッティア王国の歪み・病」と断じ、「才能がない自分がこの国を支配し在り方を変えるには必要な力」を欲して動いていることを宣言。

病と断じた価値観に基づいて行動する魔法省長官たちとも手を組み、人を捨ててでも変革の力を求めた弟。それに対し力がすでにあっても流血がもたらされる変革は選ばなかった姉は、譲れない一線を問いただす。


「———君にとって、魔法って何?」


「———呪いだよ、姉上」


国家を変えるために血が流れることを良しとしない、誰よりも魔法を愛する姉。


流血を齎してでも国家を変えようと決意した、魔法を忌々しい呪いと断じた弟。


相容れない王女と王子は、国家の命運すらかけて生まれて初めての姉弟喧嘩を開始。レイニの治療でユフィリアが介入できないなか、姉を見続けたアルガルドは、吸血鬼の回復力によるごり押しで魔道具の欠点をつき、アニスフィアを追い込むことに成功。だがそこまでされても殺さないように気を遣うアニスフィアに対し、アルガルドは自分を見ていない行動と、アニスフィアの手加減を糾弾する。

今までの行動は自分に己を見てもらうためだとすら感じたアニスフィアが、殺す覚悟すら決めて使った最終手段により圧倒され致命の一撃を受けかけるも、これはユフィリアが割って入ったことでどちらも死ぬこと無く決着を迎える。


そして、決着がついたアルガルドは呟いた——





「……天気が良かったから、見上げた。そんな空にいる人なんて、俺は一人しか知らない」





——結局のところ、アルガルドがここまでの行動を起こした要因は「大好きな姉」を受け入れない国の在り方に対する憤りが根底にあった。


国を動かす王に必要ではない魔法の有無で、民にどれだけ愛されようと国を動かす者達はアニスフィアを認めない。それどころか、自分に集まってくる者たちはだれもがアニスフィアをあざ笑い肯定することはない。

王として生きるのに不要だとし、自ら切り捨ようとし目を背けたアニスフィアへの感情。だがレイニの影響を受けたことで、彼女に感じた好意により、自分がもともとそれを持っていたことを思い出した。

国のためになる革新的な発想を持つ、民に臨まれる王であろう姉。それを認めない国を動かす者達。伝統にばかり固執する国に過去の栄華はあっても未来はない。

国をただまとめることは、ユフィリアもいたからできただろう。だが「与えられた役目をこなす存在」でしかなかった当時のユフィリアでは、国の在り方を血を流してでも変えることはできないといっても聞きはしないと、見切りすらつけており、だからこそ切り捨てた。そして自分の真実を意図せず教えてくれたレイニに対する感謝すら踏みにじり、自ら力を求めて動いた。


特に書籍版以降のバージョンにおいては、それだけの決意を持った行動がほかならぬ姉によって止められた側面さえあった。そして本音を語ったアルガルドは、なりたいものになれないことに苦悶の声を上げる。そこを、シャルトルーズ親子に付け込まれたのである。


姉を傷つけ傷つけられるぐらいなら、生まれてこなければよかった。


ただ姉を敬愛し尊敬する弟になりたかった、パレッティア王国に巣くう病に振り回された一人の少年。


それがアルガルド・ボナ・パレッティアの真実だった。



だが、そんなアルガルドが本領を発揮するのはここからである。

吸血鬼の力を取り込んだ件で王家を引き継げなくなったことから廃嫡され辺境行きになった彼だったが、その辺境近くに実態がまるでつかめていないカンバス王国があったことで、彼の運命は劇的に動き出し始める。


のちに人外の巣窟であることがわかるも、それらの動きを的確に押さえ、吸血鬼としての能力を発揮しつつ統治者としての手腕を開花させたことで、パレッティア王国最大の危機を救った人物として再評価されることになり、貴族としての爵位を授かり「アルガルド・グリーンヘイズ」として再出発することになる。


その間に生涯の伴侶と言える人物を見出した彼は、騒動の後始末に至るまでパレッティア王国では手が回らない部分を的確に対処しており、アルガルドがいなければ辺境の一部始終を円満に解決することは不可能だったと言ってよい。


カンバス王国の実態が、多種多様な種族が各々の価値観によって生きる個別集団の総称であることから、それらを把握して円満に開拓できる彼の統治能力は半端なものではない。彼もまたパレッティア王国の常識の範疇に収まらない傑物の器であったと言える。なによりその生涯の伴侶がカンバス王国の亜人である以上、異種族に好かれるというこの土地に不可欠な才能を有している可能性も浮かび上がる。


真の関連タグ

シスコン:行動理念を身もふたもなく言えばこれに尽きる。


ゼロレクイエム:アルガルドが起こした一連の事件は、簡潔にまとめればこれを国家規模に縮小したもの。


織田信勝(Fate)うつけ者とよばれながらも優れた才覚を持つ姉がおり、彼女と比較した自己評価及び、姉とは別の方向で確かにある才覚、ひいては起こした行動の目的にも類似性がある。ただし彼はアルガルドに比べるとやや(?)病的。


吉松シンジ:一連の騒動がただ生きているだけの己に夢を見せてくれた姉の才能をパレッティア王国に広めるための行動であり目的に類似性がある。皮肉にもアルガルドが理想とした才能の持ち主もまた彼が理想とした才能の持ち主との共通点が多い。


ラウダ・ニール:実際に似ていたのはこちら。有能な)を持ちながらも、幼少期に脳を焼かれている。


ディオ・ブランドー:こちらはアルガルドとは違って初対面の人間にすら「生まれついての悪」と看破・称される程の、狡猾なんてものではない悪人であるが、そう看破された直後に「人間には能力ってのに限界があるなあ。俺が短い人生が学んだ事は…人間は策を弄すれば弄する程、予期せぬ事態で策が崩れ去るって事だ!人間を越えるものにならねばな…」と語り、主人公にしてライバルを「何の事だ?何を言っているッ!」と動揺させた直後にはおれは人間をやめるぞ!ジョジョーーッ!!と高らかに宣言しながらそのトリガーとなるアイテムを掲げ、直後の工程もあって吸血鬼となった…という、似た様なやり取り・流れが繰り広げられた。この他にも主人公にして近親者でもある者に対してなどの、コンプレックス持ちといった共通点がある。

関連記事

親記事

転生王女と天才令嬢の魔法革命 てんせいおうじょとてんさいれいじょうのまほうかくめい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 195781

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました