ピクシブ百科事典

南部刑事

なんぶけいじ

こちら葛飾区亀有公園前派出所のキャラクター。

CV:郷田ほづみ

人物


漫画こちら葛飾区亀有公園前派出所』に登場するキャラクター。
原作では「両津刑事!の巻」、アニメ版では「新米刑事、両津!」に登場した刑事配属した時の両津勘吉の上司刑事、ドラマの影響で刑事に幻想を持っている両津を諭したり、地道な張り込み捜査に真摯に取り組むなど、自らの仕事に誇りを持つ一流の刑事である。そして両津の指導役に南部が任命され、パトロールに出動。交番勤務の重要性を教わる中、そこで連続空き巣を逮捕するという大手柄を挙げた。その後事件もなく聞き込みだらけの毎日になり不満が溜まるそんな中、南部が追い続けていた賭博・殺人の容疑者である太田黒の張り込みをし、逮捕せんと両津が追跡するが、中学時代の知り合いと衝突しその隙に逃げられてしまった。犯人を逃がしたことで南部に殴り飛ばされる両津。先輩刑事によると、南部は婚約者を太田黒に殺されており、逮捕に並々ならぬ思いを懸けているという。(なお婚約者が太田黒に殺される件はアニメ版による追加)南部の気持ちをまったく解っていなかったと両津は涙ながらに謝罪。南部も殴った事を謝り、場は収まった。しかし太田黒を逮捕する時に逆上した太田黒の部下による銃で右胸を撃たれてしまったそこに両津が駆けつけるが南部は「早く犯人を追え」「ここで逃がすともうチャンスはない」「貴様とて刑事だろうが!?」檄を飛ばされ、追跡にかかった。そして太田黒の車に取りつき、太田黒と部下を撃破し両津は逮捕した、しかし南部は先ほど受けた銃の傷が元で死亡し大原部長から殉職したことを告げられると両津は泣き崩れてしまった。
その後両津は「自分が警官として何も分かっていなかった」として一からやり直すとして派出所勤務を申し出た、これがこち亀の両津の派出所の始まりであった。
もし南部刑事が生きていたら両津はその後も刑事を続け中川麗子らとは出会っていなかったと思われる。
南部の没後も毎年命日に墓参りに行くほど両津にとって大きな存在である。
そしてこの話は浅草物語と並ぶこち亀屈指のシリアス回であり、南部刑事はこち亀のキャラでは数少ない故人である。

関連タグ

こちら葛飾区亀有公園前派出所 両津勘吉

関連記事

親記事

こちら葛飾区亀有公園前派出所 こちらかつしかくかめありこうえんまえはしゅつじょ

兄弟記事

コメント