ピクシブ百科事典

皐月夜見

さつきよみ

皐月夜見とは、「刀使ノ巫女」の登場人物のひとり。
目次[非表示]

「行きなさい。あの方の御為に――」

概要


プロフィール

所属折神家親衛隊(第三席)
年齢15歳
誕生日12月24日
身長160cm
血液型A型
好きなもの・こと紅茶
御刀水神切兼光
流派深甚流
声優渕上舞


人物像

折神家親衛隊の一員で第三席。

親衛隊メンバーの中で折神紫と行動を共にする機会が多い。むろん紫に対する忠誠心も高い。ただ、大会での実績が全くなく、本人がものすごく寡黙なため、一切合切がベールに包まれていた。

刀使として

愛用の御刀は水神切兼光。

自らを御刀であえて傷を付けた上で、そこから小型の荒魂達を出す事が出来る。しかも、その荒魂を体に注射したうえで、小型の荒魂を使いこなすだけでなく、何と自身の強化にも使ってしまう

波瀾編の描写より、荒魂を受け入れる以前は御刀に選ばれるほどの力がなかったことが判明した。

経歴

胎動編

紫を襲撃した十条姫和と、それに「加担」してしまった衛藤可奈美、さらには舞草とか言う裏切り者集団の一味である益子薫古波蔵エレンを倒し、紫の元に突き出すべく、先のやり方を繰り出したのだが、逆にそれがアダとなってしまった。

その後、姫和達が折紙宗家に殴り込みをかけた際、自分達を毛嫌いしていたはずの高津雪那と共に柳瀬舞衣糸見沙耶香に応対、舞衣との一騎打ちに挑むも、敗れてしまう。だが、倒れる直前に舞衣に対し賞賛の言葉を贈っている。

波瀾編

自らの意思でタギツヒメの元に仕えていた。ゆえに、かつての仲間である獅童真希此花寿々花と再会した際には、はっきりと「あんた達は私の敵だ!」と言う主旨の言葉を吐き捨てた。しかし、その後、この2人に敗れてしまい、消息を絶った。
その際の描写から彼女にはタギツヒメより大事な存在がいることが示唆されていたが…。

その後、タギツヒメに用済みとして切り捨てられた雪那が荒魂に襲われている所に駆け付けると先の戦闘で満身創痍の身体でその場にいた荒魂を全て駆逐した。
皐月夜見は荒魂を受け入れるまで御刀に選ばれることすらできない非力な少女だった。雪那にとって彼女はあくまで実験台の一人に過ぎなかったようだが、夜見からすれば力のない自分を選び、結果的に親衛隊第三席に至るまでの力を与えてくれたまさに神のような存在だったのだ。
自身の危機を救ってくれたにも関わらず、半狂乱になりながら夜見を罵倒する雪那に歩み寄り、夜見は呟く。

「ただいま戻りました。高津学長。」

恐らく何十、何百と繰り返されたいつものやり取り。毛嫌いされていても、深く傷付いていても夜見は最後に雪那のもとに帰ることを選んだのだ。
その言葉を受け、最早自分には何も無いと思っていた雪那は呆然としながらも呟く。

「お勤めご苦労様でした。夜見。」

雪那の言葉を聞いた夜見は初めて少女のような愛らしい顔で笑うと力尽きたように倒れたのだった。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「皐月夜見」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77846

コメント