ピクシブ百科事典

皐月夜見

さつきよみ

皐月夜見とは、「刀使ノ巫女」の登場人物のひとり。
目次[非表示]

「行きなさい。あの方の御為に――」

概要


プロフィール

所属折神家親衛隊(第三席)
年齢15歳
誕生日12月24日
身長160cm
血液型A型
好きなもの・こと紅茶
御刀水神切兼光
流派深甚流
声優渕上舞


人物像

折神家親衛隊の一員で第三席。

親衛隊メンバーの中で折神紫と行動を共にする機会が多い。むろん紫に対する忠誠心も高い。ただ、大会での実績が全くなく、一切合切がベールに包まれていた。
表情にも乏しく、本人がものすごく寡黙であることが拍車をかけている。

後述の戦い方もあってか真希や寿々花のように前線で指揮を執ることは少なく、紫の政治活動に同行したり予定を確認したりと秘書的な任務を普段は行っている様子。

アニメ本編では語られなかったが秋田出身であり、刻みし一閃の燈火ではきりたんぽが好物であったり、なまはげが気絶するほどトラウマだったり、地元から送られてきた秋田の米を使った塩だけのおむすび(おにぎりではないという拘りも見せている)をひたすら食べ続けたりという秋田絡みの話は多い。
普段は咄嗟の理解が重要な立場にいるため混乱を避けるために使っていないが時折秋田弁が出ることもある。

刀使として

愛用の御刀は水神切兼光。

他の親衛隊メンバーと同じくノロを体内に受け入れている。他のメンバーはノロを身体強化に使う程度なのに対し、夜見は自らを御刀で傷付け、そこから小型の荒魂達を出す事が出来る。
その物量で押したり探索に用いたりするのが基本的な戦い方であり、刀使としては特殊な戦い方ができる。
ただし、彼女の戦闘スタイルは自身の体内から出す小型の荒魂に依存しており補充が必要。それゆえかノロのアンプルを自ら注射する頻度が多く、傍から見ると破滅的ともいえる闘い方をしている。

波瀾編の描写より、ノロを受け入れる以前は御刀に選ばれるほどの力がなかったことが判明した。

それでも現在ではノロ無しでもそれなりの実力があるらしく、アニメ本編では古波蔵エレンとある程度打ち合う様子を見せており、刻みし一閃の燈火のプールイベントでは互角とされている。

経歴

胎動編

紫を襲撃した十条姫和と、それに「加担」してしまった衛藤可奈美、さらには舞草とか言う裏切り者集団の一味である益子薫古波蔵エレンを倒し、紫の元に突き出すべく、先のやり方を繰り出したのだが、逆にそれがアダとなってしまった。

その後、姫和達が折紙宗家に殴り込みをかけた際、自分達を毛嫌いしていたはずの高津雪那と共に柳瀬舞衣糸見沙耶香に応対、舞衣との一騎打ちに挑むも、敗れてしまう。だが、倒れる直前に舞衣に対し賞賛の言葉を贈っている。

波瀾編

自らの意思でタギツヒメの元に仕えていた。ゆえに、かつての仲間である獅童真希此花寿々花と再会した際には、はっきりと敵対と決別を意味する言葉を吐き捨てた。しかし、その後、この2人に敗れてしまい、消息を絶った。
その際の描写から彼女にはタギツヒメより大事な存在がいることが示唆されていたが…。

過去

鎌府女学院時代夜見さん


皐月夜見はノロを受け入れるまで御刀に選ばれることすらできない非力な少女だった。雪那にとって彼女はあくまで実験台の一人に過ぎなかったようだが、夜見からすれば力のない自分を選び、結果的に親衛隊第三席に至るまでの力を与えてくれた、まさに救いの神のような存在だったというわけである。
要するに夜見の行動原理は全て雪那に尽くすことにあり、他者には、乱暴に切り捨てられてもひたすら尽くす姿が異質に見えたせいか、誰にも理解されなかった。

最期

その後、タギツヒメに用済みとして切り捨てられた雪那が荒魂に襲われている所に駆け付けると、先の戦闘で満身創痍の身体でその場にいた荒魂を全て駆除して雪那を救った。
自身の危機を救ったにも関わらず、半狂乱になりながら夜見を罵倒する雪那に歩み寄り、夜見は呟く。

「ただいま戻りました。高津学長。」

恐らく何十、何百と繰り返されたいつものやり取り。毛嫌いされていても、深く傷付いていても夜見は最後に雪那のもとに帰ることを選んだ。
その言葉を受け、最早自分には何も無いと思っていた雪那は驚きながらも最期まで自分に尽くしてくれた夜見に言葉を返す。

「お勤めご苦労様でした。夜見。」

作中常に無表情だった夜見だったが、その言葉を聞いた彼女は最期に年相応の少女らしい笑顔を見せると雪那に看取られながら息を引き取った。
その献身さは、自身の過去の失敗を挽回しようと盲信し、他者を利用してきた雪那の心を大きく動かし、彼女が「夜見と心中する」という決意させるまでに至った。
真希や寿々花から諭されたことでむしろ彼女が助けてくれたことを無駄にしないために雪那はその場から離れ、夜見の死体はノロに飲み込まれて行った。
夜見の死後、彼女の御刀である水神切兼光は相楽結月の計らいによって雪那のもとに置かれることになる。
彼女の死は真希や寿々花に結芽の死と同様に影響を与え二人のことを想う様子を見せていた。

未放送予告動画とじよこ!第22話で真希は『彼女は親衛隊の中でも異質だった。僕たちはもっと彼女の事を理解しようとすべきだったのかもしれない』と語り、寿々花は『彼女はきっと私たちとは異なる理由で戦っていたのでしょう、彼女は一体何のために戦っていたのでしょう。』と理解していなかった。予告では表がシリアス、裏がギャグになっているが、この予告だけは裏もシリアスでありイレギュラーと言える。

関連タグ

高津雪那
獅童真希 此花寿々花 燕結芽

pixivに投稿された作品 pixivで「皐月夜見」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 142602

コメント