ピクシブ百科事典

高津雪那

たかつゆきな

高津 雪那(たかつ ゆきな)とは、テレビアニメ『刀使ノ巫女』の登場人物である。
目次[非表示]

「認めてもらわなければ。紫さまに」

CVゆかな

概要

鎌府女学院の学長。伍箇伝の中でも重要な位置にある鎌府の代表として的確に実務をこなす。折神家当主・折神紫を病的なまでに崇拝しており、紫に認めてもらうためならば手段を厭わず、自分の生徒すらコマとして利用する。自身がかつて使用していた御刀・妙法村正の継承者である糸見沙耶香こそが紫を護るに相応しいと考えている。
一方で折神親衛隊4人をはじめ、他者を一切信用しておらず、紫に刃を向けた十条姫和及び逃走の手助けをした衛藤可奈美を輩出した羽島江麻五條いろは両学長に対し、かつての先輩であるにもかかわらず高圧的な言動を見せた。(いろはには「昔は先輩先輩言うて懐いていたのに…」とぼやかれた)




以後、ネタバレ注意

実は紫の支持の元、ノロを人間に注入することでそれを力にできる研究が行っており、沙耶香や親衛隊の皐月夜見にも投薬を行っていた。
沙耶香にノロを注射して人形同然にし、自分の代わりに紫の右腕になるための道具としようとしていた一方、夜見には「使えない」として虐待同然の行いをしていた。
紫の手足になることこそが沙耶香の幸福と信じて疑わず、そのためには彼女の意思など不要と考えていた。劇中では明言されていないがスタッフによると彼女の行為は他生徒からはえこひいきのように思われているようで、沙耶香は学院内でも孤立していた模様。発想が毒親のそれである…。

だが可奈美との戦いや柳瀬舞衣との出会いで沙耶香は変わってしまい、自分の下を去ってしまった事に愕然。折神家に乗り込んできた沙耶香を、自分の元に戻ってきたと思いきや「かわいそうな人」と言われてしまう。

事件解決後も会心はしていなく、未だに身体にノロを投与するアンプルを開発している。しかもあれだけ手ひどい扱いをしていた夜見と共におり、今度はと呼ばれる謎の刀使に仕えている。
なお、ノロの研究は元特務隊メンバーで綾小路武芸学舎の学長相楽結月と共同で行っているようだが…。

どうしてこうなった

モドシテノ巫女

※学生時代、旧姓は相模(さがみ)。よく結婚できたな…
実は相模湾岸大災厄時、紫と共に戦った大荒魂「タギツヒメ」と戦った特務隊メンバーの1人(主遊撃手)。
(他のメンバーは他の学長や可奈美の母衛藤美奈都と姫和の母十条篝)
戦闘時に負傷、撤退の原因になり、紫は篝と、後から応援に来た美奈都と共に殿を務めることとなり、その後事件は表向きは解決するも役に立てなかった想いから彼女は歪んでしまい、こうなってしまった。

余談

先輩達に対する態度をはじめ、ヒステリー気味な言動から視聴者からは「ヒスおばさん」、もしくはそれを略して「ヒスおば」と呼ばれている。
なんでも中の人の演技がすごかったのでスタッフが影響され、よりヒステリー度をアップさせたのだとか。

関連タグ

伏井出ケイ(ウルトラマンジード)……特定の人物を盲信し、道具と見下していた人物から「かわいそうな人」呼ばわりされたと言う共通点がある。ちなみに当該回は偶然にも両方とも「次回が総集編の12話」























さらなるネタバレ
実は大荒魂から分離した内のひとつであるタギツヒメに、夜見ととも仕えていた。だが、実際にはタギツヒメに操られていたというのが真相であり、結局はそのタギツヒメに見捨てられてしまう。
そして荒魂の襲撃を受けていたところを夜見に救われたのだが、あろう事か命の恩人であったはずの彼女を罵倒してしまった。それでもきちんと挨拶をしてきた彼女に心を動かされたのか、彼女にねぎらいの言葉をかけたのだった。
だがその直後、夜見は意識不明の重体に陥ってしまった。

沙耶香にケツをまくられたついでに罵倒され、タギツヒメには捨てられ、夜見は意識不明状態・・・・・・・・・・
自業自得の面はあるとは言え、かなり気の毒な人ではある。

pixivに投稿された作品 pixivで「高津雪那」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7384

コメント