ピクシブ百科事典

高津雪那

たかつゆきな

高津 雪那(たかつ ゆきな)とは、テレビアニメ『刀使ノ巫女』の登場人物である。
目次[非表示]

「認めてもらわなければ。紫さまに」

CVゆかな

概要

鎌府女学院の学長。伍箇伝の中でも重要な位置にある鎌府の代表として的確に実務をこなす。折神家当主・折神紫を病的なまでに崇拝しており、紫に認めてもらうためならば手段を厭わない。
自身がかつて使用していた御刀・妙法村正の継承者である糸見沙耶香こそが紫を護るに相応しいと考えている。
元刀使であるため、未だに御刀の使い方はある程度洗練されており、失敗して帰還したを叱責する際、沙耶香の御刀を素早く抜いて突きつけるといった、熟練の戦士らしい場面も見せている(ただし引退した身であるため、巫女としての能力は使えなくなっている模様)。

自分の生徒すら駒として利用する独善的な性格で、先の沙耶香や親衛隊の皐月夜見。ゲーム版では七之里呼吹の人格形成に大きな影響を与えるレベルの徹底的な教育を行っている。

一方で折神親衛隊4人をはじめ、他者を一切信用しておらず、紫に刃を向けた十条姫和及び逃走の手助けをした衛藤可奈美を輩出した羽島江麻五條いろは両学長に対し、かつての先輩であるにもかかわらず高圧的な言動を見せた。
命令違反などを咎める一方、紫への忠誠心の厚さから討伐隊を勝手に組織して、結局紫本人から叱られるという姿も見せていた。

昔とは性格が完全に変わってしまい、いろはには「昔は先輩先輩言うて懐いていたのに…」とぼやかれているなど、昔は今のように高圧的な性格ではなかったとされる。
さらに公式のキャラ紹介漫画では「昔のような後輩キャラのまま成長すれば良かったのに」と惜しまれたが、それはそれでベタベタされて面倒という結論に至ってしまった。

本編での活躍

実は紫の指示の元、ノロを人間に注入することでそれを力にできる研究が行っており、夜見などに投薬を行っていた。
沙耶香にもノロを注射して人形同然にし、自分の代わりに紫の右腕になるための道具としようとしていた一方、夜見には「使えない」として虐待同然の行いをしていた。
紫の手足になることこそが沙耶香の幸福と信じて疑わず、そのためには彼女の意思など不要と考えていた。
劇中では明言されていないがスタッフによると彼女の行為は他生徒からはえこひいきのように思われているようで、沙耶香は学院内でも孤立していた模様。発想が毒親のそれである…。

だが可奈美との戦いや柳瀬舞衣との出会いで沙耶香は変わってしまい、自分の下を去ってしまった事に愕然。折神家に乗り込んできた沙耶香を、自分の元に戻ってきたと思いきや「かわいそうな人」と言われてしまう。

事件解決後も会心はせず、未だに身体にノロを投与するアンプルを開発している。しかもあれだけ手ひどい扱いをしていた夜見と共におり、今度はと呼ばれる謎の刀使に仕えている。
なお、ノロの研究は元特務隊メンバーで綾小路武芸学舎の学長相楽結月と共同で行っているようだが…。

どうしてこうなった

センシティブな作品

※学生時代、旧姓は相模(さがみ)
よく結婚できたな…と思うが、何かと他者に対する依存性の強い人物なことから、家庭では案外旦那にデレデレか、あるいは旦那が言われるがままなのかもしれない。
実は相模湾岸大災厄時、紫と共に戦った大荒魂「タギツヒメ」と戦った特務隊メンバーの1人(主遊撃手)。他のメンバーは他の学長や可奈美の母藤原美奈都と姫和の母柊篝などがいた。

しかし戦闘時に負傷して写シが張れなくなり、緊急時にも関わらず部隊の主力が撤退する原因を作ってしまう。
この時、雪那自身は命乞いをするどころか「見殺しにして欲しい」と願うが、あまりに多くの犠牲者を目の当たりにした紫からはその進言を即却下される。
役に立てないどころか足を引っ張ったという苦い経験を味わったことから、当時の失敗を取り返そうとするあまり性格が歪んでいき、「自分の価値を認めてもらわなければ」という思いに取り憑かれてしまったようである。
加えて裏で紫がタギツヒメに乗っ取られていたこともあり、彼女は余計に誤った方向に進んでしまったと言えるだろう。

ちなみに先の通りこの頃は後輩キャラで、先輩をしっかり敬う姿勢を取っていた。また、紫のことを「紫お姉様」と呼ぶなど、極端な依存はこの頃から変わらなかった。

波瀾編における活躍

大荒魂から分離した内のひとつ、タギツヒメに、夜見ととも仕える。
この際、失踪した紫から見放されたと誤解したためなのか、自身が元々尽くしていたのはタギツヒメだったと認識したのか、紫とは袂を分かつ。
以前は執心していた紫を軽視する発言をし、敵対するような態度を取っている。一方でタギツヒメに人間の少女らしい服を着せたり、政府と交渉したりして新たな主君を支えつつ、タギツヒメの近衛隊の結成なども推し進めた。

しかし実際にはタギツヒメにいいように利用されていたというのが真相であり、結局利用価値がなくなると用済みとしてあっさり見捨てられてしまう。
見捨てられた際は、紫やタギツヒメが自身の努力を認めてくれなかったことに対する恨み言を吐いていることから、尊敬する相手に価値を認めて貰いたかったという心情が一番近いのかもしれない。

こうして荒魂に襲われる寸前、突然現れた夜見に救われる。半ば自暴自棄になっていた雪那は自嘲気味に夜見を罵倒して自尊心を満足させようとする。
が、いつもと同じように自身へ忠義を尽くす夜見の姿を見て、それに心動かされたのか真剣に労いの言葉をかけた。そしてそのを看取り、ようやく自分のことを真剣に見てくれていたのは夜見であったことに気づき、ついに改心する。
紫(誤解)、タギツヒメ(利用)と見捨てられる中、唯一自身を慕ってくれた夜見に寄り添い、共にノロに飲まれて後を追おうとする。しかし元親衛隊の獅童真希と此花寿々花に発見・叱咤され、彼女の御刀・水神切兼光を形見として回収しつつ、二人に救われて無理矢理連れ帰られる。

最終回では形見の水神切兼光を胸に抱きながら療養生活を送っていたが、結月の計らいで水神切兼光が雪那の元で管理できるようになることを知らされ、涙ながらに感謝の言葉を述べていた。

沙耶香にケツをまくられたついでに罵倒され、タギツヒメには捨てられ、夜見は自分をかばう格好で旅立ってしまい………。
本来は自責の念から慕う相手に尽くそうとした結果歪んでしまった末のあの有様は、自業自得の面はあるとは言え、気の毒と言えば気の毒な人ではある。
ちなみに夜見の思いにようやく気づき、亡骸に語りかける際は、まるで憑き物が落ちたような声音になっており、それまでは無理をして気丈な女性を装っていたことも伺わせる。演じているゆかな女史の演技力が冴えが見える部分といえよう。

余談

先輩達に対する態度をはじめ、ヒステリー気味な言動から視聴者からは「ヒスおばさん」、もしくはそれを略して「ヒスおば」と呼ばれている。後半からは「ヒスリヒメ」または「イキリヒメ」とも呼ばれる羽目になる。みにとじでは、焼きそばを売っていた事から「ヒスそば」と言われた。
なんでも中の人の演技がすごかったのでスタッフが影響され、よりヒステリー度をアップさせたのだとか。
演じるゆかな氏曰く「嫌われるように演じている」とのこと。
この不名誉な愛称は出演者の間でも広まってしまっている様子で、インタビューやラジオでもそう呼ばれてしまう始末である。

公式/LINEでは荒魂におびえる顔が使用されてしまっている模様。

放送中は憎まれ役として良くも悪くもファンからネタにされたが、放送終了後は夜見の忠誠心に応える姿から、その関係を一周回って尊く思う者もいたようである。

刻みし一閃の燈火

本作でもヒスおばっぷりを発揮している一方、定期的に開催されるイベント「精鋭特務部隊研究棟」は、雪那が難易度を調整して生徒達に試練を与えているという設定となっている。付いたあだ名は「ヒスおばタワー」である。

このイベントにおける雪那は相変わらず紫には忠誠を誓い、それ以外はぞんざいに扱っているが、一方で施設を破壊されて静かに憤ったり、海外視察と称してバカンスを満喫したり、本編よりも憎めない一面も描かれている。

先の通り、呼吹の性格形成にも関わっており、荒魂に固執する姿を見て「そうなるように育てた」と断言している。

過去編のイベントにおいても、立ち絵こそないが登場しており、紫をこの頃から慕っていることが伺える。ただしちょっと過激なアイドルの追っかけのようになっており、普段においては自分勝手に振る舞う部分はあったようである。

関連タグ

刀使ノ巫女
伏井出ケイ(ウルトラマンジード)……特定の人物を盲信し、道具と見下していた人物から「かわいそうな人」呼ばわりされたと言う共通点がある。ちなみに当該回は偶然にも両方とも「次回が総集編の12話」

関連記事

親記事

鎌府女学院 れんぷじょがくいん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「高津雪那」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35863

コメント