ピクシブ百科事典

衛藤可奈美

えとうかなみ

衛藤 可奈美(えとう かなみ)とは、テレビアニメ『刀使ノ巫女』の登場人物である。
目次[非表示]

「今度また試合しようね!」

概要

本作の主人公

プロフィール

所属美濃関学院(中等部二年生)
年齢13歳(胎動編)→14歳(波瀾編)
誕生日8月13日
身長156cm
血液型O型
好きなもの・こと剣術
御刀千鳥
流派柳生新陰流
声優本渡楓


人物像

明るく前向きな性格で、友人も多い。剣術マニアで、剣術のことになると目の色が変わる。寝ても覚めても稽古に余念がなく、夢の中でも鍛錬を欠かさない。夢の中では、とある人物に剣術の稽古をつけてもらっている。

とりわけ試合が大好きで、相手の妙技や工夫を見ると楽しくなってしまう。テンションが上がるだけでなく確かな観察力でその内実を把握することができる。

親友の柳瀬舞衣が作るクッキーが好物である他、「好きになるアニメがなぜかすぐ打ち切りになる」など好みがかなり独特。
また、自宅では父と兄との3人暮らしで家事が当番制だったため家事も一通りこなせるとの事(ただし、鍋を火にかけている合間に立ち合いのイメトレをしてしまったせいで危うく火事になりかけた事がある)。

刀使として

中等部ながら学院の代表になるほどの剣の腕を持つ。予想外の事態にも対応でき、機転も利く、という能力的には刀使の卵として申し分ない人材である。また、S装備+ノロによる強化に、S装備無しで対抗できる。

使用する御刀は千鳥。切っ先の付近に焼けたような白い痕跡が残っているのが特徴の一振り。刀身はやや短めで、切っ先の付近が強く反り返っている。

流派は柳生新陰流。江戸時代、将軍家御流儀であった流派で、自ら先を取るより、「相手の動きや考えを読み、それに乗って勝つ」スタイルを主体としており、対応力に優れている。しかし、相手の剣術を見たいあまり試合を長引かせたくなる事があり、その事について「自分は本気を出そうとしていないんじゃ」と悩んだ事もあった。
また、「無刀取り」の名で知られている「刀がなくとも敵を制する」技も伝承されている。

アニメ内に限れば、母親の美奈都と並んで作中最強格の刀使で、少なくとも人間相手にはほぼ負けなしである。第二部ともなると姫和以外の相手には加減をしてようやくと言う程に腕前の差が付いていたほど。
なお、後に明かされた裏設定では、御前試合で迷わず姫和に加勢した理由について、単純に興味本位だけではない感情も伴っていたことが示唆されており、一部の視聴者の推測以上に筋金入りの戦闘狂であることが言及されている。

経歴

実は彼女の母にして剣術における最大の師匠であった衛藤美奈都は、20年前に発生した相模湾大災厄の時に、折神紫等とともにタギツヒメ封印のために活躍した刀使のひとりだった。
柊篝と共にタギツヒメを封印したが、その時に刀使の能力を失ってしまう。
その後結婚し、娘・可奈美を設け、彼女に剣術の基礎を教えた後にこの世を去ってしまう

可奈美の夢の中には、17歳の美奈都が現れており、夢の中で剣の手ほどきを受けている(起きると忘れるらしいが、教わった技などは身に付いている)。

胎動編(第1話~第12話)
伍箇伝の代表戦に選出され、御前試合で平城学館代表の十条姫和と対戦する。
そこで姫和が突然とった警視庁刀類管理局局長折神紫への襲撃にも即座に対応し、紫の背後に一瞬現れた荒魂の「眼」を確認し、事情を察して姫和の逃亡に手を貸す、という行動に出る。反折紙体制派組織・舞草に助けられた2人は合流した舞衣たちと共に鎌倉へと乗り込む。

そして、最終的にはタギツヒメと同化した紫と対峙するが、その圧倒的な力の前に苦戦する。
姫和と共に大荒魂を攻略中にそれの圧倒的な力に押されて死にかけた際に、美奈都から教わった事を思い出して実践(本人は美奈都が取り憑いたものだと思っていた)、大荒魂・タギツヒメに大傷を負わせている。

波瀾編(第13話~第24話)
糸見沙耶香とコンビを組んで荒魂討伐に乗り出しているが、そんな中で、沙耶香から「可奈美は強くなりすぎている=自分が手合わせしても満足させられない」と指摘され、突出した強さを得たが故の孤独感に気付かされてしまう。
タギツヒメの市ヶ谷襲撃の場に遭遇、それの犠牲となってしまったタキリヒメから「千鳥の別名の如く、雷さえ切り裂いて飛びたまえ」と言うご神託を受けた。

強者故の孤独感を思い知らされる中、イチキシマヒメと融合した姫和と対峙。しかしその強大な力を察して、「どうせ姫和が消えてしまうなら、思い切り手合わせしたい」と、挑発のような申し出をしたことで、手合わせが実現する。この時、未来予測同然の能力を得た姫和ですら、自信が可奈美から一本取るビジョンが見えなかったくらい、可奈美の強さは極まっていた。
手合わせの際、己の拭えない孤独感と姫和を思う心を両方ぶつけることで己の本心を吐露し、頑なに自身を犠牲にしようとする姫和を引き留めようとする。

タギツヒメとの決戦では、取り込まれてしまった姫和を仲間と共に救い出した後、世界を破滅に導こうとするタギツヒメの前に立ちはだかる。そして激闘の末、隠世の果てに「封印」することに成功する。が、その代償として、仲間や家族を残し現世から姿を消すハメになってしまった。

最終回では、現世に戻ることが出来なくなったうえ、仲間の元へ帰れないまま長い間を隠世で彷徨っていた様子。やがて学生時代の母・美奈都や、同じく彷徨っていた姫和らと再会。その後は未練を断つために師匠である美奈都と打ち合いを行い、一本取ることに成功する。これにより免許皆伝を言い渡され、母と本当の別れを告げることに。

最後は姫和共々、現世に舞い戻ることに成功、そしてエピローグでは再び御前試合の決勝の場に立つ。

ゲーム『刻みし一閃の燈火

活躍は作中と同じだが、安桜美炎とは良きライバル関係となっている。

余談

その外見に、キャラデザ担当が同じ奇跡の駆逐艦娘を連想したファンもいる。

雪風&‘’雪風‘’



関連タグ

刀使ノ巫女 主人公

他作品タグ

結城友奈 - 制作会社が同じアニメの主人公。明るくフレンドリーな性格、お菓子をくれる巨乳の親友がいるという共通点がある。さらに言うと、中の前日談にて共演しているというつながりもある。こちらも1期では「ラスボス戦の末、魂が現生に戻れなくなり、先代の導きで帰還できた」という可奈美と似た結末になった(ただし2期では自己犠牲で世界を救おうとして仲間達に止められ別の形で世界を救うという可奈美とは真逆の展開になった)。
刻みし一閃の燈火のコラボイベントでは、なんと共演。可奈美と息の合ったコンビネーションを見せ、その様子を見た舞衣がちょっと嫉妬する場面も。

外部リンク

本作の剣術監修をしている「古武術 刀禅 是風会」による可奈美の立ち回りの解説

pixivに投稿された作品 pixivで「衛藤可奈美」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 631832

コメント