ピクシブ百科事典

衛藤可奈美

えとうかなみ

衛藤 可奈美(えとう かなみ)とは、テレビアニメ『刀使ノ巫女』の登場人物である。
目次[非表示]

「今度また試合しようね!」

概要

本作の主人公

プロフィール

所属美濃関学院(中等部二年生)
年齢13歳(胎動編)→14歳(波瀾編)
誕生日8月13日
身長156cm
血液型O型
好きなもの・こと剣術
御刀千鳥
流派柳生新陰流
声優本渡楓


人物像

明るく前向きな性格で、友人も多い。剣術マニアで、剣術のことになると目の色が変わる。寝ても覚めても稽古に余念がなく、夢の中でも鍛錬を欠かさない。夢の中では、とある人物に剣術の稽古をつけてもらっている。

とりわけ試合が大好きで、相手の妙技や工夫を見ると楽しくなってしまう。テンションが上がるだけでなく確かな観察力でその内実を把握することができる。

親友の柳瀬舞衣が作るクッキーが好物である他、「好きになるアニメがなぜかすぐ打ち切りになる」など好みがかなり独特。
また、自宅では父と兄との3人暮らしで家事が当番制だったため家事も一通りこなせるとの事(ただし、鍋を火にかけている合間に立ち合いのイメトレをしてしまったせいで危うく火事になりかけた事がある)。

刀使として

中等部ながら学院の代表になるほどの剣の腕を持つ。予想外の事態にも対応でき、機転も利く、という能力的には刀使の卵として申し分ない人材である。

使用する御刀は千鳥。切っ先の付近に焼けたような白い痕跡が残っているのが特徴の一振り。刀身はやや短めで、切っ先の付近が強く反り返っている。

流派は柳生新陰流。江戸時代、将軍家御流儀であった流派で、自ら先を取るより、「相手の動きや考えを読み、それに乗って勝つ」スタイルを主体としており、対応力に優れている。しかし、相手の剣術を見たいあまり試合を長引かせたくなる事があり、その事について「自分は本気を出そうとしていないんじゃ」と悩んだ事もあった。
また、「無刀取り」の名で知られている「刀がなくとも敵を制する」技も伝承されている。

経歴

胎動編(第1話~第12話)

伍箇伝の代表戦に選出され、御前試合で平城学館代表の十条姫和と対戦する。
そこで姫和が突然とった警視庁刀類管理局局長折神紫への襲撃にも即座に対応し、紫の背後に一瞬現れた荒魂の「眼」を確認し、事情を察して姫和の逃亡に手を貸す、という行動に出る。反折紙体制派組織・舞草に助けられた2人は合流した舞衣たちと共に鎌倉へと乗り込む。

波瀾編(第13話~第24話)


ゲーム『刻みし一閃の燈火


余談

その外見に、キャラデザ担当が同じ奇跡の駆逐艦娘を連想したファンもいる。

雪風&‘’雪風‘’



関連タグ

刀使ノ巫女 主人公

外部リンク

本作の剣術監修をしている「古武術 刀禅 是風会」による可奈美の立ち回りの解説









































ネタバレ注意!
実は彼女の母にして剣術の最初の師匠であった美奈都は、20年前に発生した相模湾大災厄の時に、折神紫等とともに活躍した刀使のひとりだった。
だが、その時に刀使の能力を奪われてしまう。
その後結婚し、娘・可奈美を設け、彼女に剣術の基礎を叩き込み、会得させたのはよかったが、それを見届けた代わりにこの世を去ってしまう

しかも可奈美は、生前の美奈都から、彼女が刀使であったこと、さらには相模湾大災厄の事を全く知らされておらず、人伝にその事を伺った際には驚いていた(のならともかく、姫和や舞衣までも可奈美の「血筋」に驚いていた)。

だが、夢の中で当時の美奈都から剣の手ほどきを今も受けている(起きると忘れるらしい)。
さらに言えば、姫和と共に大荒魂を攻略中にそれの圧倒的な力に押されて死にかけた際に美奈都から教わった事を思い出して実践(本人は美奈都が取り憑いたものだと思っていた)、大荒魂に大傷を負わせている。

pixivに投稿された作品 pixivで「衛藤可奈美」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 202547

コメント