ピクシブ百科事典

安桜美炎

あさくらみほの

スマホゲーム「刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火」オリジナルキャラクター。
目次[非表示]

「だいじょうぶ!なせばなるっ!だよ!」
CV:茜屋日海夏

プロフィール

誕生日5月31日
身長153cm
趣味魚釣り
好きなものかき氷柿羊羹
御刀加州清光


概要

本ゲームの主人公。アニメでも第1話にて姿のみ見せている。
美濃関学院中等部二年生の13歳。赤いグラデーションがかかった髪と、黒のオープンフィンガーグローブが特徴的。
ただただ前向きで真っ直ぐな性格。「思い立ったら猪突猛進」をモットーとし「なせばなる」が口癖。
御前試合の予選準決勝にて同級生の衛藤可奈美に敗れており、再戦の約束をしている。

校内での実力は中堅クラスだが、集中力が途切れやすく長期戦が苦手なだけで剣の腕そのものは可奈美に勝るとも劣らない。可奈美も「集中力が切れてなかったら負けていたかも」と認めるほどである。ただ、相手の剣術見たさで試合を長引かせたがる彼女は、そもそも美炎にとって致命的に相性が悪い相手と言える。

一方で獅童真希には実力を酷評されており「(後述する得物の先端のように)どこか欠けているのではないか」と指摘されている。洞察力に優れる木寅ミルヤさえ「実力が不安定で読めない」と評しており、集中力以外にも理由があるのではないかと推測している。
流派は不明だが、ゲーム中では腰を落とした構えを取っている。

御前試合決勝の最中折神紫を襲撃した十条姫和をかばい逃走した可奈美を独断で追いかけた結果として親衛隊と衝突してしまい、巻き込んでしまった瀬戸内智恵共々その反逆罪を帳消しにしてもらう代わりに「赤羽刀調査隊」に参加する事となる。
その後は智恵が舞草の一員であることや、御当主である紫の真実を知り、智恵の願いを聞き届けつつ可奈美達を助けるために折紙家に反発することとなる。

大荒魂討伐後、刀使達が転属に次ぐ転属という憂き目に合う中、美炎は特に過酷な現場に回され、携帯も通じなかった。一時的に可奈美と合流した後もすぐに出立することとなる。この際、可奈美と手合わせの約束を果たせず、夜中に手紙を残して出発することになるが、姫和から「まるで遺書みたいだ」と言われてしまっている。

なお、両親は既に他界しており、少なくとも劇中で判明している家族は美炎が「じぃじ」と呼ぶ祖父・義積のみ。

公式のマンガでは、アニメで一言も台詞がなかったことをしばしばネタにされている。しかしゲームの宣伝漫画が音声付きで公開されるにつれ、ゲーム外での台詞が増えている。

本作と『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』とのコラボではヘスティアと対面、例の紐を着けることになった。

加州清光

美炎が得物とする御刀。かつて母親が使用していたもので、切っ先が大きく欠けているのが特徴。
新撰組が池田屋に踏み入る時に使用し、その際に先端が折れたという逸話を持っているが、20年前の大厄災の日、激しい戦いでこの逸話を再現するように切っ先が折れ、当時の使い手であった美炎の母の胸に突き刺さったという。
幸いにも彼女は一命をとりとめ美炎を身ごもったのだが、突き刺さったはずの切っ先は体内のどこにも確認されていない。
そもそも、御刀は折れるはずがないとされているのだが…?

関連タグ

刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火

pixivに投稿された作品 pixivで「安桜美炎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29231

コメント