ピクシブ百科事典

折神紫

おりがみゆかり

『刀使ノ巫女』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「勝手な真似は許さん」

概要

折神家の当主で、警視庁特別刀剣類管理局の局長を務める女性。20年前の相模湾岸で発生した大災厄(通称:相模湾岸大災厄)において大荒魂を討伐する特務隊の隊長を務めており、これを鎮圧・平定した最強の刀使としても知られている。

プロフィール

所属警視庁特別刀剣類管理局(局長)
年齢不明
誕生日6月13日
身長168cm
血液型O型
好きなもの・こと将棋
御刀童子切安綱大包平
流派二天一流
声優瀬戸麻沙美


人物像

彼女が当主についてから管理局開発現場の技術レベルが急激に向上したため、刀使の戦力が増強したとされているが…。

刀使として

二天一流を修めており、童子切安綱・大包平の二振りを用いた二刀流を使う。

経歴

全国5校から優秀な生徒を集めた競技会を開催していたが、試合中十条姫和に突如刀を向けられ、姫和及び逃走幇助した衛藤可奈美をなぜか放置している。

関連タグ

刀使ノ巫女 中ボス


















これより先、ネタバレ注意

















胎動編

実は大荒魂「タギツヒメ」に体を乗っ取られており、管理局の技術を向上させたのは荒魂の源である穢れ「ノロ」を集めやすくし、タギツヒメが自身を強化するため。

相模湾岸大災厄に、後の伍箇伝の学長及びに可奈美の母藤原美奈都や姫和の母柊篝と共に大荒魂を迎え撃ったが、あまりに強すぎて平定できず、篝が命と引き換えに隠世に大荒魂を引きずり込む「鎮めの儀」を行い、美奈都がこれを救おうとして隠世に飛び込んだため、落胆していた時に大荒魂(タギツヒメ)の言葉に耳を貸してしまい、そのまま同化する道を選んでしまう。

その後は彼女が事件を解決したことにされ、美奈都と篝の名は事件から抹消。この影響から二人は刀使の力を失い、同時に寿命も削られたのか共に本編開始前に亡くなっている。
姫和が彼女に刃を向けたのは母・篝の残した手紙から大荒魂が彼女に乗り移っていることを知ったから。

妹の折神朱音は姉が大荒魂に乗っ取られていることを知り、技術レベルが急激に向上したことで折神家に疑いを持った古波蔵エレンの祖父リチャード・フリードマンや伍箇伝学長の一人真庭紗南と共に、反折神紫派の組織「舞草」を結成。可奈美達をサポートすることになったのである。

折神家に乗り込んできた可奈美達を相手に、タギツヒメとしての正体を明かして挑むも、わずかに紫の精神が戻り、自分ごとタギツヒメを隠世を封じるよう可奈美と姫和に叱咤する。
死闘の末、事件は一旦解決という形になったがタギツヒメは各地に散らばり、彼女も意識不明のまま病室で寝ていると朱音から政治家一同に説明されているが……。

波瀾編

世間的には療養中とされていたが、実は舞草が用意した医療施設を兼ねた潜水艦に潜伏していた。可奈美や姫和、獅童真希此花寿々花を同艦に招いて、元タギツヒメの一つ・イチキシマヒメと対面させた。
体はタギツヒメに乗っ取られた17歳の頃のままだというが、荒魂はすでに残っておらず、本人曰く「見捨てられた」。可奈美からは「トカゲの尻尾切り」と表されたが、周囲を呆れさせたこの発言に、本人は同意して笑みまで浮かべていたり、イチキシマヒメのネガティブな発言にツッコんだりと、人間味のある反応を見せている。

「最終決戦」では自らタギツヒメを封印しようとしたが失敗、返り討ちに遭ってしまう。そしてタギツヒメの始末を可奈美と姫和に託した。

pixivに投稿された作品 pixivで「折神紫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 72367

コメント