ピクシブ百科事典

折神紫

おりがみゆかり

『刀使ノ巫女』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「千鳥と小烏丸、まだ幼い二羽の鳥よ……」

概要

折神家の当主で、警視庁特別刀剣類管理局の局長を務める女性。20年前の相模湾岸で発生した大災厄(通称:相模湾岸大災厄)において大荒魂を討伐する特務隊の隊長を務めており、これを鎮圧・平定した最強の刀使としても知られている。

プロフィール

所属警視庁特別刀剣類管理局(局長)
年齢不明
誕生日6月13日
身長168cm
血液型O型
好きなもの・こと将棋 / カップ焼きそば(周囲には秘密)
御刀童子切安綱大包平
流派二天一流
声優瀬戸麻沙美


人物像

大荒魂を討伐した最大の功労者として知られている。加えて彼女が当主についてから管理局開発現場の技術レベルが急激に向上し、刀使の戦力が増強したとされている。
懐が広い人物であり、寡黙で冷徹そうな外見に見合わず情に厚く、周囲の冗談やワガママに付き合ったり、礼を失した発言も受け入れる度量を見せる一面もある。
大災厄当時、共に戦場を駆けた戦友達に比べて若々しい外見を保っている。

本編での活躍

本作における全ての始まりというべき人物であり、その内情は実に複雑である。
1話では全国5校から優秀な生徒を集めた競技会を開催し、御前試合を感染していたが、試合中十条姫和に突如刀を向けられ、姫和及び逃走幇助した衛藤可奈美を意図的に見逃すが……。

胎動編

実は大荒魂「タギツヒメ」に体を乗っ取られており、物語前半の紫は殆どが大荒魂の意識に支配されている状態である。

相模湾岸大災厄に、後の伍箇伝の学長及びに可奈美の母藤原美奈都や姫和の母柊篝と共に大荒魂を迎え撃った。しかし、敵の強大さから結局平定できず、篝が命と引き換えに隠世に大荒魂を引きずり込む「鎮めの儀」を行うこととなる。美奈都がこれを救おうとして隠世に飛び込むことになり、自身の無力さに落胆する。この時、大荒魂(タギツヒメ)から取引を持ちかけられ、同化する道を選んでしまう。

その後は彼女が事件を解決したことにされ、美奈都と篝の名は事件記録から抹消。この影響から二人は刀使の力を失い、同時に寿命を大きく削ったことから、共に本編開始前に亡くなっている。なお、管理局の技術力を向上させたのは、タギツヒメが自身を強化するため、荒魂の源である穢れ「ノロ」を集めやすくするよう仕向けたからである。
加えて、姫和が彼女に刃を向けたのは、母・篝の残した手紙から、大荒魂が彼女に乗り移っていることを知ったため。しかし大荒魂はあえてこれを泳がせ、管理局内の敵対勢力を引きずり出す事を目論んだ。

妹の折神朱音は姉が大荒魂に乗っ取られていることを知り、技術レベルが急激に向上したことで折神家に疑いを持った古波蔵エレンの祖父リチャード・フリードマンや伍箇伝学長の一人真庭紗南と共に、反折神紫派の組織「舞草」を結成。成り行きで反抗勢力となった可奈美達をサポートすることになった。

鎌倉の折神家に乗り込んできた可奈美達を相手に、タギツヒメとしての正体を明かして迎え討つも、わずかに紫の精神が戻る。自分ごとタギツヒメを討ち、隠世を封じるよう可奈美と姫和を叱咤するがそれも一瞬。その頭髪が荒魂と織り合わさった異形の四本腕へと変容。元々の二刀と合わせて驚異の六刀流を振るう怪物と化し、圧倒的な強さで可奈美達を退ける。しかし、直後に思わぬ逆襲を受ける事になる……。

波瀾編

タギツヒメとの死闘の末、事件は一旦解決という形になった。表向きには「タギツヒメは各地に散らばり、折神紫は意識不明のまま療養中」と説明されているが、真相は異なる。
討ち損じた大荒魂に対抗するべく、朱音に局長代行を任せ、紫自身は舞草が用意した医療施設を兼ねた潜水艦に恩田累と共に文字通り潜伏。やがて真実を知らされた可奈美や姫和、そして獅童真希此花寿々花を同艦に招き、分裂した大荒魂の一柱・イチキシマヒメと対面させた。
タギツヒメに乗っ取られた影響からか、肉体年齢は17歳の頃のままであることが判明している。しかし体内に荒魂は残っておらず、本人曰く「見捨てられた」。20年間、停止していた肉体の老化が再開しているのかは不明。可奈美はこれを「トカゲの尻尾切り」と表し、周囲を呆れさせたが、本人は同意しつつ自嘲的な笑みを見せた。この時期の紫は、イチキシマヒメのネガティブな発言にツッコんだりと、本来の彼女が持っていたであろう人間味を取り戻した姿と言えるだろう。

その後、イチキシマヒメの所在が敵側に割れると潜水艦を放棄して上陸。彼女を護衛しながら逃亡する。そしてイチキシマヒメと同化した姫和が暴走した際には、「身体に大荒魂を受け入れた先達」として様々な助言・指導を行い、最悪の場合にはその手で始末をつける覚悟も見せている。
他の二柱を吸収したタギツヒメとの最終決戦では、可奈美達らとともに奮戦。しかし最後の最後で写シを張るのが間に合わず、重傷を負う。戦闘継続不能となった紫は、タギツヒメとの決着を可奈美と姫和に託し、自らは祝詞を唱えつつ現世と隠世の境界を閉じ鎮めた。

決戦後は治療に専念しながら、隠世に消えた可奈美と姫和の身を案じる姿を見せている。
BD/DVD6巻特典の書き下ろし短編では局長の役職からは引退。その椅子を代行だった朱音に正式に譲った事が明かされている。

刀使として

二天一流を修めており、童子切安綱・大包平の二振りを用いた二刀流を使う。その実力は作中でも屈指であり、可奈美、美奈都、結芽といった作中最強格の刀使達の一角を成す。
タギツヒメから解放された後もその強さは健在で、イチキシマヒメ護衛時には多数のタギツヒメ近衛隊(ストームアーマー装備)に囲まれた時にも、容易く一人で切り抜けてしまうほどであった。

本編外の話になるが、ゲームアプリ版『刻みし一閃の灯火』の宣伝用ギャグ漫画である『とじのとも』ではカップ焼きそばを適切な時間に食すことにこだわり、大荒魂の力まで使って結芽を2分50秒で返り討ちにするという大人気なさを見せた。

関連タグ

刀使ノ巫女 中ボス

pixivに投稿された作品 pixivで「折神紫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 116180

コメント