ピクシブ百科事典

荒魂(刀使ノ巫女)

あらだま

荒魂とはアニメ「刀使ノ巫女」に登場する怪異。

概要

世に現れ人々を脅かす怪異。ただし人を襲わない例外も存在する。その正体は「ノロ」が結合し、疑似生物に変化したもの。
体の大きさや含んでいるノロの量によって災いのレベルが異なり、量が非常に多く巨大な場合「大荒魂」と呼ばれる。

基本的に現代兵器など通常の武器が通用せず、刀使の持つ御刀で斬って祓うことしか出来ない。それに関してもノロに戻しているだけな為、放置したままにしておけば再び結合し荒魂に変化してしまう。

また、燕結芽を巡る一件から、死んだ人間が何らかの形で荒魂として蘇るケースも存在する模様。

ノロ
珠鋼を生成する際に取り除かれる不純物。負の神性を帯びており、結合を続けると荒魂化してしまうため、古来から少量ずつ分けられ全国の杜に奉られ、鎮められていた。なお、互いに引き寄せあう性質を持ち、それを利用した装備「スペクトラム計」にごく少量のノロが封じ込められている(そのために危険であるとの名目で、後に折神家によって大半が接収されているが、姫和は母の遺品を受け継ぎ所持している)。

荒魂が人を襲うのは、神性たる珠鋼を奪われた恨みによるものであると作中で説明されている。つまり元をたどれば人間が原因とも言える。

関連タグ

刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火 ねね(刀使ノ巫女)
タギツヒメ(刀使ノ巫女) タキリヒメ(刀使ノ巫女) イチキシマヒメ(刀使ノ巫女)

pixivに投稿された作品 pixivで「荒魂(刀使ノ巫女)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55

コメント