ピクシブ百科事典

十条姫和

じゅうじょうひより

十条 姫和(じゅうじょう ひより)とはテレビアニメ『刀使ノ巫女』の登場人物である。
目次[非表示]

「私は自分のすべきことを果たすだけだ」

概要

刀使養成機関・伍箇伝の一つである平城学館(奈良県)に在籍する中等部三年生。
母・(かがり)の死に絡む因縁を背負い、刀使の頂点に立つ折神紫を討つことを心に誓っている。真面目でストイックな性格から、不器用なほど真っすぐに目的達成へ突き進んでいく。刀使であった母譲りの資質を持ち、迅移による超高速の突きを得意とする。

プロフィール

所属平城学館(中等部三年生)
年齢14歳
誕生日1月22日
身長158cm
血液型AB型
好きなもの・ことチョコミントアイス
御刀小烏丸
流派鹿島新當流
声優大西沙織


人物

馬鹿がつくほどの真面目な性格で、自分にも他人にも妥協を許さない。天真爛漫な衛藤可奈美古波蔵エレン、マイペースな益子薫には調子を乱されがちである。
母の仇討ちのために行動していたこともあり、物語の当初はかなりツンケンとした振る舞いをしていた。後に仲間となる面々(可奈美、柳瀬舞衣糸見沙耶香、エレン、薫)にもそれぞれ一度は「目的の邪魔をするなら貴様も斬る」という趣旨で刀を向けている。一方で、人々を守る使命を持つ刀使として人間(荒魂と化した人間も含む)を殺めることについて葛藤を抱えてもいた。無謀といえる暗殺計画を単身実行することになったのもそうした生真面目さゆえかもしれない。
決して愛想よくはないが恩義を受けた相手への礼は忘れない。病気がちだった母親の世話をしていたこともあり、料理や掃除は得意なようである。

チョコミント味のお菓子が大好物で、指名手配犯として逃亡中にも理由を付けてチョコミントアイスを買いに行ったほどである。チョコミント味さえあればいいかのように決めつけられると嫌がるが、縁日のミント味バナナチョコに目を輝かせたり沙耶香のバースデーケーキに(却下されたが)チョコミントケーキを強く推したりと隠しようもなく一途にチョコミントを愛している。チョコミント党のご多分に漏れず「歯磨き粉みたいな味」と言われると激怒することを可奈美や薫にイジりのネタにされている。

黒髪ロングに凛とした顔立ちの和風美少女といった風貌。胸が小さいことを気にしているらしく、薫に「エターナル胸ぺったん女」「ヒヨヨン・ザ・ナイペッタン」「ホライズン胸」などと揶揄されては怒っている。もともとは薫の「ペット」である荒魂ねねを執拗に敵視していることへの仕返しだったため姫和にも非はあるのだが、最近では薫も単純に姫和の反応を面白がってからかっているようである。なお当の薫はどう見ても姫和よりお子様な外見(ただし学年は薫の方がひとつ上)である。

刀使として

迅移について特殊な才能を持ち、シフトチェンジ無しで一瞬にして三段階迅移の速度に到達するという破格の能力を誇る(通常は一段階→二段階→三段階と順次加速する必要がある上、そもそも三段階に到達できる刀使自体がまれ)。この三段階迅移で加速しながら繰り出す突き技を「一の太刀(ひとつのたち)」と名付けている。一の太刀は迅移を使用している相手にさえ視認・回避を許さないほどの強力な必殺技であるが、使用後は姫和自身が極度に消耗して数日間は能力を低下させるというリスクもある。
上述の迅移に関する才能は母方の柊家の刀使のみに代々受け継がれた資質であり、姫和の母は迅移の限界である五段階(極限の加速によって一瞬が永遠となり、現世に戻れなくなる階層)に到達しえたという。

御刀は母・篝から受け継いだ小烏丸先端から中ほどまでが両刃になった「鋒両刃造(きっさきもろばづくり)」という特殊な形状を持つ。伊勢神宮から遣わされた大鴉に授けられたという伝説がある。

流派鹿島新當流。戦国時代の剣術の色合いを強く残し、様々な技法が伝えられている古流。剣だけではなく、槍や薙刀などを相手にしての技法もあるなど、戦場で使われた実戦剣術であると同時に、鹿島神宮との縁から神秘的な側面も持ち合わせている。

経歴

胎動編(第1話~第12話)

元刀使の女性、十条篝の娘として奈良県に育つ。
あるとき病床の母に宛てられた一通の手紙を読み、警察庁特別刀剣類管理局局長(つまり刀使に関する最高権力者)の折神紫が荒魂になり代わられていること、更には母の病因がその荒魂との戦いであったことを知ってしまう。その手紙によれば、20年前に起きた「相模湾岸大災厄」と呼ばれる大荒魂出現事件の際に紫と共に出撃した特務隊の一人が十条篝(当時は旧姓の柊篝)であったという。篝は大荒魂を討伐する能力を持った唯一の刀使であったが、討伐は結局失敗に終わった。このとき篝は刀使としての能力と寿命の一部を失い、大荒魂は討伐されたように装い紫に憑依した。紫になり代わった荒魂が国を救った英雄として祭り上げられる一方、篝の名は事件の記録から抹消された。
本編の1年前に篝が亡くなり、姫和は自らの手で紫を討つ決意をする。刀使としての使命感と母の仇への復讐心、2つの動機に突き動かされながら。

第1話における折神家御前試合(伍箇伝各校を代表する刀使による剣術大会)に出場した姫和は、古波蔵エレンらを破って決勝戦へ進出する。紫が折神家当主として決勝戦を観覧に訪れたのを見てとり、姫和は対戦相手の衛藤可奈美には目もくれず試合開始と同時に紫に斬りかかった。しかし渾身の「一の太刀」を紫に防がれ、逆に折神家親衛隊の獅童真希に斬られたことで一転して窮地に陥る。このとき無関係のはずの可奈美が助太刀に入り、辛くも試合会場からの脱出に成功する。
共にお尋ね者となった可奈美の「協力して逃げよう」という申し出を当初は拒むが、可奈美の強引な態度に根負けし、更には先の戦闘の最中に可奈美が紫の正体を垣間見ていたことを知ってなしくずしに同行を認めた。追手から逃れるために共闘する中で可奈美の覚悟を知った姫和は、篝への手紙に書かれていた「大災厄」の顛末を打ち明ける。可奈美は全ての事情を聞いた上で改めて姫和の目的に協力することを誓い、2人は互いへの信頼を深めた。
逃亡を続ける姫和と可奈美は、謎の人物ファインマンとその関係者であるエレン・益子薫によって、反折神紫体制組織「舞草(もくさ)」に誘われる。エレンたちの協力もあって折神家親衛隊の追撃を振り切った姫和と可奈美は舞草の本拠地である隠れ里にたどり着く。

隠れ里にて姫和たちは折神朱音真庭紗南・ファインマン(本名リチャード・フリードマン)という舞草の幹部たちから「大災厄」時に起こったことの詳細を聞かされる。その中で、篝とともに大荒魂タギツヒメと戦って彼女の命を救ったのが可奈美の母・衛藤美奈都(当時の姓は藤原)であったことが明かされる。可奈美自身すら知らなかった事実に驚きながらも、母たちと大荒魂の因縁を知った姫和と可奈美は覚悟も新たに舞草への正式な参加を決意する。
そんな矢先に紫(タギツヒメ)によって隠れ里の場所が突き止められ、里は機動隊によって包囲される。姫和たちは朱音とフリードマンを連れて脱出したが、長船女学園などの拠点も一斉に押さえられた舞草は壊滅状態となった。更に大荒魂の復活の前兆である「隠世の波動」が観測されたことを受け、もはや一刻の猶予もないと判断した姫和たち6人は折神家本部へ起死回生の強襲をかけた。

姫和と可奈美は迎撃に現れた真希と此花寿々花を破り、ついに紫のもとにたどり着く。「龍眼」の未来予測によってあらゆる攻撃を防ぐ紫の前に姫和と可奈美は劣勢を強いられ、舞衣・沙耶香・エレン・薫が合流して6対1で仕切り直すも、仲間は次々に紫に討ち取られ姫和1人を残すのみとなった。絶体絶命と思われたとき、可奈美が突然立ち上がり母の美奈都の人格が憑依したかのような戦いぶりで紫に大打撃を与えた。好機と見た姫和はかつて母が使ったのと同じ真の「一の太刀」で紫を刺し貫く。そのまま紫もろとも隠世の彼方に消えようとした姫和を寸前で可奈美が引き戻し、奇跡的に2人は無事に無事で生還した。
紫に憑依したタギツヒメは打ち倒され、篝から引き継いだ姫和の悲願は果たされた……かに見えた。

波瀾編(第13話~第24話)


ゲーム『刻みし一閃の燈火


関連タグ

刀使ノ巫女 衛藤可奈美 十条篝 黒髪ロング

pixivに投稿された作品 pixivで「十条姫和」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 108384

コメント