ピクシブ百科事典

六角清香

むすみきよか

六角清香とは、アニメ「刀使ノ巫女」を元にしたソーシャルゲーム「刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火」の登場人物のひとり。
目次[非表示]

「戦うのは……怖いです……」
「怖いです…やるしかないんですか?」
CV:藤田茜

プロフィール

誕生日8月30日
身長154cm
趣味ウィンドウショッピング 雑誌を読むこと
好きなものクリーム系のパスタ プチガトー
御刀蓮華不動輝広


人物

奈良県内のどこかにある刀使養成機関・平城学館に在籍する少女。中等部2年生の13歳。
前に出ることが苦手な控えめの性格で、影が薄い事がよく指摘されている。
趣味は読書で、雑誌のほか流行りの恋愛小説なども嗜む。
任務で原宿に赴いた際には洋服やスイーツなどに目を輝かせ、いつも以上に積極的になるなど、調査隊の他のメンバーよりも女の子らしさが目立つ。

現在は「蓮華不動輝広」という御刀を愛用するが、その前は「小龍景光」に選ばれていた。流派は不明だが、PVでは刀で真円を描いている。
叔父の剣術道場に通っていた頃、試合で無類の強さを発揮し、将来を有望視されており、本人も褒められていたことから「小説の次に稽古が好き」というほどのめり込んでいたらしい。
刀使になれた事も本来は嬉しく思っていたが、生来の気の弱い性格から現実とのギャップを目の当たりにして恐怖心が芽生え、争い事に関して消極的な態度を取るようになる。

先のことから平城学館から「赤羽刀調査隊」に推薦されたほどの、天才的なセンスの持ち主で、小龍景光に選ばれた際も抜群の相性の太鼓判を押されていたほど。
しかし写シありきでも痛みが伴うことを肌で感じたことで「命にまつわる危機感」にトラウマめいたものが根付いてしまい、命懸けの任務に対しては後ろ向きな態度を取るようになった。
こうして戦いに対する心理的な忌避感が固着したせいなのか、最初の御刀であった「小龍景光」からは見放されてしまったとのこと。
ちなみに現在の「蓮華不動輝広」の先々代の持ち主は高等部三年の小池彩矢(ゲームにおけるサポートキャラ)であり、今でも小池彩矢が御刀の抜けばそれに呼応するなど、様々な刀使と相性の良さを発揮する御刀である。

どこぞの先輩同様胸ぺったん女であるが、実は水着などで胸のラインがかろうじて出るレベル。しかしねねにとっては対象外レベルである。

刻みし一閃の燈火

実戦の過酷な状況を目の当たりにした結果、刀使という仕事に恐怖を抱いてしまい、結果戦う事を忌避する(というよりは「試合は好きだが命のやりとりがある実戦は嫌い」)ようになってしまった。また、調査隊の任務で戦闘が起きるとは思ってもいなかったらしく、戦闘で怯える事が多々ある。
その様は安桜美炎にも「刀使なのに?」と唖然とされてしまったほど。

とはいえ道場では神童と呼ばれるほどの腕前であり、ミルヤの采配で後衛に回った際は、前衛が撃ち漏らした弱った荒魂を確実に仕留めるなどは可能で、ミルヤ曰く「前衛を任せるのは難しいが自分を守るくらいなら手放しでも大丈夫」というくらいには基本的な技術は持っている。
また、臆病さに関しては自覚はあり、皆に迷惑をかけたくないという思いが強く、調査隊が獅童真希此花寿々花に追い詰められた際は奮起、仲間達を庇いながら2人と互角の打ち合いを展開するという実力を見せつけた。それを目の当たりにした美炎は見方を改め後に謝っている。
また、この一件を聞きつけた燕結芽が独断で狙いに来たこともあった。

以降も荒魂との戦いを始め荒事に対して消極的な姿勢になりがちなのは変わらないものの、守りたいものを守る時には足手まといにならないよう、「精一杯頑張って戦いたい」と考えるようになった。

本編外のイベントでは必ずしも戦闘を忌避するわけではなく、仲間のために力になろうと苦手な荒魂退治を引き受けることに賛同したりしている場面もある(イベントは時系列というより世界観自体が異なるが)。

みにとじ

戦いにおいてはゲーム同様あまり乗り気でない一方、私生活ではグイグイくる性質が本編以上に出ている。特に呼吹には本編以上に懐いているようで、ファッションの相談などもしている。
また、本編では十条姫和のようにイジられてはいなかったが、第7話では「ホライズン同盟」という謎めいたチームを結成していることが判明。豊胸を目指して姫和と会合を重ねているらしい(ただし姫和は加入していると認識していなかった)。

関連タグ

刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火

pixivに投稿された作品 pixivで「六角清香」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10302

コメント