ピクシブ百科事典

タキリヒメ(刀使ノ巫女)

たきりひめ

「刀使ノ巫女」に登場する大荒魂「三女神」の一人。

CV:斎藤千和

概要

タギツヒメ本体から分裂した三女神の一人で、タギツヒメの「人間への支配欲」を原動力とする。眼元を人間の手のような物(フェイスハガーのようにも見える)で覆っている。
市ヶ谷の防衛省にて厳戒体制の下で軟禁されており、折神朱音でさえも面会の許可が下りることは少ない。人間は不完全な存在で、自分が支配することが幸福であると豪語し、イチキシマヒメを自身の元へよこすよう要求した。

当初は人間との対話を頑なに拒否していたが、益子薫の元を離れて自身の元を訪れたねねの記憶を読み取り、薫の先祖との出会いを通じて自身の汚れを和らげることに成功したことや、衛藤可奈美が立ち会いを通じて対話を求めたことから人間のことを理解する。しかし、その直後にタギツヒメが防衛省を襲撃、タギツヒメに挑むも力及ばずに敗北、可奈美に「千鳥の別名(雷切)のように雷さえ切り裂いて飛べ」と言い遺しながら消えていった。

消滅寸前に覆いの取れたその顔は穏やかで、可奈美に向けて笑みを浮かべていた。

pixivに投稿された作品 pixivで「タキリヒメ(刀使ノ巫女)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6118

コメント