ピクシブ百科事典

宗像三女神

むなかたさんじょしん

宗像三女神とは、日本神話のうち古事記・日本書紀に登場する女神の名前である。

概要

日本神話において天照大神須佐之男が喧嘩になり、誓約(うけい)でスサノオに邪心が無いか確かめることに。アマテラスはスサノオから剣を受け取ってそれを三つに砕き、それによって三人姉妹女神が生まれた。それがタキリヒメイチキシマヒメタギツヒメである。
現在、福岡県にある宗像大社で海上交通の守護神として祀られ、でタキリヒメが沖津島の沖津宮に、イチキシマヒメが大島の中津宮、タギツヒメが田島の辺津宮に各々祭られているである。

関連タグ

日本神話 古事記 日本書紀 宗像大社

刀使ノ巫女:三女神をモチーフしたと思わしき人物が登場する。こちらに登場する同名人物に関しては、以下のタグを使用する事を推奨。

タギツヒメ(刀使ノ巫女) イチキシマヒメ(刀使ノ巫女) タキリヒメ(刀使ノ巫女)

pixivに投稿された作品 pixivで「宗像三女神」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4824

コメント