ピクシブ百科事典

出光佐三

いでみつさぞう

出光佐三は、日本の大手企業『出光興産』の創業者である。
目次[非表示]

概要

主に石油の販売を行っている、日本の大手企業である『出光興産』の創業者。
百田尚樹氏が手掛けた歴史経済小説海賊とよばれた男』の主人公である国岡鐵造(表紙イラスト、漫画版)のモデルとなった人物であり、タイトルになっている「海賊」とは、出光氏が実際に呼ばれていた異名である。

詳細

明治18年8月22日、福岡県宗像郡赤間村(現:宗像市赤間)において、藍問屋を営む父と母の間に生まれる。
「神戸商大」の通称で知られる神戸高等商業学校(現:神戸大学経済学部)に入学し、卒業後は同校では海運会社に就職するのが一般的だったが、神戸で小麦粉と石油・機械油などを扱っている酒井商店に丁稚として入店した。

そのことから学友の中には「気違い」「学校の面汚し」などと言う者もいたというが、この経験が後述した石油販売を始めるきっかけとなる。
そうして働きだす以前、神戸商校時代に生涯の恩人である資産家日田重太郎と出会い、彼から息子の家庭教師を頼まれて日田家を訪れるようになり、親交を深める内に彼から秘めたる資質を見込まれ、資金援助を受けて25歳で独立を果たす。
明治44年に『出光商会』を創業して機械油や石油の販売を開始し、多くの困難にぶつかりながらも事業を海外まで拡大させた。

戦後には、住居も食糧事情もままならない困窮した状態でも社員の首を1人も切らず、不当な占領下の政策に怒りGHQに真っ向から食ってかかり、過酷な状況を何度も乗り越え再び大企業へと返り咲かせた。

関連タグ

実業家 日本
出光興産 石油

コメント