ピクシブ百科事典

丁稚

でっち

江戸時代から昭和初期にかけて存在していた、商家における奉公人の階級の一つ。

概要

かつては商人を志す者は、まずは商家に住み込みで雇ってもらい、商売の流れ・金銭勘定・しきたりなどを習いながら、年期をかけて修行して独立するのが習わしだった。その最下級の奉公人が丁稚である。

昼間は主に雑役をこなし、夜には読み書きやそろばんを教わる。ただし衣食住は保障される代わりに無給であり、10年ほどかけて手代に出世することで初めて給金をもらえるようになる。
そこから番頭に抜擢され、さらに暖簾分けを許されて自分の店を持てるようになれる者は、ほんの一握りであった。

関連タグ

商人 江戸時代

pixivに投稿された作品 pixivで「丁稚」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9398

コメント