ピクシブ百科事典

日田重太郎

ひだじゅうたろう

日田重太郎は、日本の資産家。出光興産の創業者である出光佐三の最大の恩人。

概要

神戸淡路島徳島などに多くの土地を持っていた日本資産家である。
主に石油の精製・販売などを行っている日本の大手企業である出光興産の創業者である、実業家出光佐三の支援者で、最大の恩人である。

ベストセラーとなった百田尚樹氏の小説である『海賊とよばれた男』に彼の存在と出光氏との関係が描かれていたことから、一般にも広く知られるようになった。
同作を原作とした実写映画版では、主要人物と同様に「木田章太郎」という架空の別名で登場し年配の人物に描写されているが、実際は出光と10歳前後しか歳は変わらず兄と弟のような関係であったという。

出光は神戸高等商業学校(現:神戸大学経済学部・経営学部)の学生時代に、実家との仲が悪化したことから神戸に住み、茶道骨董を楽しみながら若くして高等遊民のような隠遁生活を送っていた日田と出会い、彼に息子の家庭教師を頼まれて日田家を訪れるようになったことで親交を深め、その内に日田は出光の秘めたる資質を見込んで、彼が当時勤めていた酒井商会からの独立を薦め、資金援助を行った。

彼を相当に見込んでいた日田は、その後は出光が経営危機に陥るたびに徹底して援助を続け、全財産を担保として提供したこともあった。

関連タグ

資産家 海賊とよばれた男
実業家 出光佐三 出光興産

コメント