ピクシブ百科事典

ポール・アレン

ちんぼつせんのはっけんがしゅみ

ポール・アレンとはアメリカの資産家である。
目次[非表示]

概要

アメリカ合衆国の資産家であり、実業家。マイクロソフト社の共同創業者である。現在は資産運用や投資を業務とするバルカン社を経営している。

兵器遺産収集について

アレン氏は二次大戦の兵器に造詣が深く多くの軍用機を持ってるほか、私設航空機博物館を経営している。また、海底調査チームを組んで大戦時の軍艦を探索している。

戦艦「武蔵」探査

フィリピンレイテ島のシブヤン海で、太平洋戦争時に沈没した旧日本海軍の戦艦「武蔵」を発見したと、2015年3月3日、自身のTwitterアカウントで報告、翌4日には新たに自身のホームページに「旧日本海軍の『武蔵』」というタイトルの動画を公開した。なお「武蔵」は8年前から捜索を続けていたという。
長らく沈没した姿が発見されなかったこともあり、このニュースと共に日本国内における同氏の知名度が上昇した出来事でもあった。

巡洋戦艦「フッド」探査

ポールは1941年にデンマーク海峡海戦で沈没したイギリスの巡洋戦艦「フッド」にも関心を持ち、イギリス当局の許可を得て2012年に最初の海底調査を行う。その際、フッドの生存者が回収を望んでいたフッドの号鐘を回収しようとしたが、気象条件などにより、あと一歩のところで失敗に終わった。

2015年、ポールは再度調査を行い、8月7日についに号鐘の回収に成功した。号鐘は一年かけて修復される予定である。

重巡洋艦「インディアナポリス」探査

2017年8月18日、ポールが率いる民間のチームが太平洋の水面下18000フィートの海底で、重巡洋艦インディアナポリスを発見した。

西村艦隊の発見

2017年12月スリガオ海峡探査中に戦艦山城を発見した。さらに数日かけて調査したところ、時雨を除く西村艦隊全艦を発見したとのこと。時雨はスリガオ海峡に沈んでいないので、当該海域で戦没した艦艇のうち5隻(山城扶桑朝雲山雲満潮)を発見したとのこと(12/8現在)。
その後米海軍の駆逐艦ワードとクーパーの2隻を発見し、島風らしき船体も発見。
さらに近くで沈没していると思われる最上も調査予定とのことらしい(12/9現在)。

民間宇宙開発への参入

その一方でポールは初の純民間宇宙船「スペースシップワン」を開発した航空機設計の鬼才バート・ルータンと組んで空中衛星打ち上げ企業ストラトローンチ・システムズを設立。目玉は成層圏打上プラットホームにして最大幅117mの巨人機「モデル351 ロック」。既に完成してタキシング試験を終了しており、オービタルATK社開発のロケットが完成次第、2020年には試験打上を実行したいとしている。

関連タグ

戦艦 資産家 宇宙開発

捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇):同氏のスリガオ海峡調査中に開催されていた艦隊これくしょん期間限定イベントステージ。偶然にも調査海域と開催時期が重複していたこと、発見した艦艇も同海域で没したものであったことから、「リアルでイベント海域やってる人」と話題に。また後編のドロップ艦である浜波もイベント前に発見している。

pixivに投稿された作品 pixivで「ポール・アレン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1685

コメント