ピクシブ百科事典

野崎幸助

のざきこうすけ

野崎幸助(1941年 - 2018年5月24日)は、和歌山県出身の実業家・資産家。美女4000人に3億円を貢ぐ等の破天荒な生活や、謎めいた死を遂げたことなどから大きな話題を呼び、一時期日本のマスコミの注目の的となった。通称“紀州のドン・ファン”。
目次[非表示]

概要

和歌山県の実業家資産家
の“野崎”は二度目の結婚以降に名乗るようになったもので、旧姓は“樫山”。

1941年、和歌山県田辺市に7人兄弟三男(男兄弟の中では末っ子)として生まれる。

幼少時代は勉強が苦手で年上の子どもからいじめられるなど、あまりぱっとしない学校生活を送っていた。中学卒業後は実家が裕福でなかったこともあり、進学をあきらめて家業の酒屋を手伝っていた(一応、一時期並行して夜間学校に通っていたが、結局長続きしなかった模様)が、売り物の酒を勝手にスナックに売りに行って小遣いにするなど、この頃から金にがめついところがあったらしい。
両親からは男兄弟の末っ子だったこともあり、それなりに可愛がられていたようだが、上記のような素行の悪さもあり、兄弟の中ではかなり浮いた存在で、他の兄弟との関係も良いとは言えなかったようだ(実際、兄弟とは両親の死後に遺産相続を巡ってトラブルがあった)。

両親の遺産を元手に金融業(というと聞こえはいいが、実際は高利貸しである)を始める。当時はまだ貸金業の規制が緩かったこともあり、莫大な資産を築くことになる。一方で、その取り立ての悪評から、親族とは次第に疎遠になっていったという。
近年では次第に貸金業に対する規制が厳しくなり、さらに自身も一度脱税で告訴されたことなどもあり、家業である酒類販売や梅干し製造なども並行して行うようになった(なお、本人は自伝『紀州のドン・ファン』において金融業の他にも鉄くず拾いや当時珍しかったコンドームの訪問販売、不動産業等かなり幅広い事業を手掛けてきたと証言している)。ただ、金融業程は儲からずに赤字続きだったといい、本人もどうせ貸金業があるからとそこまで本腰を入れていたわけではなかったようだ。

女性関係は奔放である。「紀州のドン・ファン」の名前も、自らの好色ぶりをドン・ファンのそれに準えたものである。
先述のコンドームの訪問販売では、夫が仕事で外出中の主婦の元を訪ね、「実演」することもあったという。
不特定多数の女性と交際するようになったのはある程度資産に余裕が出てきた頃からで、自著では「4000人の女性に3億円を貢いだ」としている。
一方で、2016年には交際していた女性から6000万円相当の金品を持ち逃げされる事件が報道されるなど、女性がらみのトラブルに見舞われたことも珍しくなかった。野崎自身も惚れっぽいのと同時に冷めやすいところがあったらしく、交際を始めた当初は気前よく女性に金を渡していたが、飽きてくると次第に金を渡すことを渋るようになり、最終的に家から追い出してしまうこともあったらしい。

こうした破天荒な人生を歩んできたこともあり、男女を問わず彼に対して少なからず恨みを持っていた人物は決して少なくはなかったと思われる(実際、後述する事件の20年ほど前には従業員の知人に刃物で刺されて金を奪われる被害にも遭っている)。

謎の死

2018年2月に55歳年下の22歳(当時)の女性と結婚。
同年に自伝『紀州のドン・ファン』を出版する。

そして、その僅か3か月後の5月末に、夕食後に自室で死亡しているのを妻と家政婦に発見された。享年77歳。
発見されたときには殆ど全裸に近い状態だったという。
金儲けに人生を捧げ、贅沢の限りを尽くしてきた彼の人生を考えると、何とも皮肉で切ない最期と言わざるを得ないだろう。

その後の司法解剖の結果、体内から致死量を上回る覚醒剤が検出されたことから、死因は多量の覚醒剤を一度に摂取したことによる急性覚醒剤中毒であると結論付けられた。

しかし、その後の捜査で、彼の死にはいくつもの不可解な点があることがわかってきた。

まず、体内から大量の覚醒剤が発見されたことに関しては、生前、彼は自伝内で「煙草も覚醒剤もやらない」と書いており、実際、普段から覚醒剤を使用している様子はなかった。よって、常習の使用者が事故的に大量使用してしまったという事は考えにくい。
そもそも、野崎はこれまでに2度ほど脳梗塞で倒れたことがあり、そのこともあって健康を害するようなものには人一倍気を使っていたのである。
さらに、注射痕や吸入器具なども見つかっておらず、口から摂取した可能性が高い。
このため、何者かが野崎に薬物を飲ませて殺害した可能性が浮上してくることとなった。

もう1つ奇妙だったのは、彼が死亡する1週間ほど前に、彼の愛犬、イブが謎の急死を遂げていたことであった(野崎はイブを溺愛しており、遺産はイブにすべて相続させたいとまで話していたほどであった。愛犬の死に大きなショックを受けたことは言うまでもないだろう)。
イブは元々犬としてはかなりの老齢であったのだが、その死に様は「野崎の腕の中で激しく暴れ回って息絶える」という、老衰による自然死とはおおよそ考えられないものであったとされる。
前述の覚醒剤と絡めて考えると、何者かが覚醒剤の致死性を確かめるために、前もってイブに覚醒剤を投与した可能性が考えられる。
またこれに関連して、野崎は死の前にイブの葬儀を手配しており、自殺も考えにくい状況となっている。

その後、警察は庭に埋葬されていたイブの死骸を周囲の土ごと掘り起こし、専門機関に回して分析を行った。
しかし、覚醒剤の成分は体内に入ると変質してしまうことが知られており、仮にイブの死骸から野崎の体内で検出された成分と同じものが見つかったとしても、同じ薬物を飲まされたとすぐに結論付けることはできないとのことで、彼と愛犬との死の関係性を証明することはそう簡単ではない。
結果として、イブの死骸からは覚醒剤成分は発見されず、イブの死が覚醒剤を原因とするものだったのかどうかは謎のままとなった(同時に、野崎が所有する酒類販売会社にあった2000本以上のビールの空き瓶にも調査の手が入ったが、ここからも覚醒剤成分は検出されなかった)。

こうして事件の捜査は行き詰まってしまい、最初のうちは物珍しさからこの事件を取り上げていたマスコミも次第にこの事件を取り上げなくなり、いつしか野崎氏の一件はすっかり世間から忘れ去られてしまった。

そして約3年が経過した、2021年4月28日、警察は東京の自宅にいた元妻を、殺人と覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕したと発表した
元妻のスマートフォンからは覚醒剤について調べた形跡が見つかっており、インターネットを通じて売人と接触を図り購入したのではないかという可能性が指摘されている。
しかし、犯行動機やどうやって野崎に怪しまれずに覚醒剤を飲ませたのかは現時点ではまだ明らかになっておらず、今後の警察の取り調べなどの経過を待つしかないだろう。

もう1つの残された謎

死の約1ヶ月前に親交があったとされるデヴィ夫人の元に野崎の使いの者が訪問。一つの封筒をデヴィ夫人に渡すようにと頼まれたらしく、受け取ったデヴィ夫人は中身を確認すると、二枚の証書とだけが入っていた。
二枚の証書は「5000億円の還付金残高証明書」であり、総額一兆円ととんでもない額の証書だった…のだが、この証書は架空の証書であり昭和59年に摘発された詐欺事件で使われたものだった事が判明している。何故野崎がこれを持ちデヴィ夫人に託したのかは、大きな謎となっている。鍵に関してもどこの鍵なのかすら不明となっている。ちなみに使いの者も中身については野崎からは知らされてはいなかった。

関連項目

事業家 資産家 ドン・ファン
変死怪死ミステリー

事実は小説よりも奇なり

関連記事

親記事

資産家 しさんか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「野崎幸助」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 348

コメント