ピクシブ百科事典

折神朱音

おりがみあかね

折神 朱音(おりがみ あかね)とは、テレビアニメ『刀使ノ巫女』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

CV:川澄綾子

折神家当主・折神紫の妹。紫が大荒魂に憑依されていることを知り、折神紫体制に対抗すべく「舞草」を組織して水面下で活動している。本来は折神家の祭事を司っている。

経歴

7年前、衛藤美奈都が亡くなった際に自分を責める十条篝の言葉をきっかけに20年前の相模湾岸大災厄の真実を調べ始め、紫が行った「鎮めの儀」を突き止めた。2年前のある日、大荒魂と会話する紫を目撃したことで、事の真相に気付き、篝に助力を請う手紙を出した。

その後、とあるアメリカ人の協力を得て舞草を結成、紫と密かに対峙、さらに「鎌倉でえらいことが起こってしまう」と予言した。

鎌倉での一件後、その後始末に追われ、挙げ句の果てには国会から証人喚問を受けるハメになった。

以来、紫の代行として刀剣類管理局の局長代理として活躍していたが、紫が負傷を機に引退したことを受けて、正式に局長のポストを引き継がれることとなる。

作中での立ち位置

体が弱いため表立って刀使としての活動はしていないが、刀使として戦える程度の体力はある。
しかし姉の紫の方が刀使としての適性があったことに加えて、朱音自身は巫女としての才能があったため、自然と役割が分かれていったようだ。

本編中、紫と朱音が会話する場面はさして多くないものの、大荒魂から開放された姉の行動を雰囲気で察するなど、その理解は深い。

関連タグ

刀使ノ巫女
折神紫 鏡島江麻 相模雪那 新見紗南 伏見結月 藤原美奈都 柊篝

関連記事

親記事

刀使ノ巫女 とじのみこ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「折神朱音」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5394

コメント