ピクシブ百科事典

衛藤美奈都

えとうみなと

衛藤 美奈都(えとう みなと)とは、テレビアニメ『刀使ノ巫女』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

CV伊藤静

主人公・衛藤可奈美の母親で、旧姓は藤原(ふじわら)。可奈美にとっては剣術の最初の師匠であり、彼女に剣術の基礎を叩き込んでいる。しかし本編の7年前、若くしてこの世を去った

本編の20年前は折神紫らと共に刀使として活躍し、特務隊の主攻撃手を務めていた。当時の御刀は千鳥で、これは後に娘の可奈美に受け継がれている。
刀使としての実力は抜きん出ており、紫も一目置いていたという。反面、力にムラがあり、大会では一勝もできなかったという。
本人曰くセクシー系だが、後輩の柊篝からは「がさつ系」と冷たくあしらわれている。破天荒な性格で、共に組んでいた鏡島江麻や篝は度々苦労させられていた模様。

本編での活躍

過去

20年前の相模湾大災厄で、紫や篝と共に「鎮めの儀」によってタギツヒメを鎮めたが、本来はタギツヒメと刺し違えるはずの篝を救った代償として刀使としての力を失う。その後は結婚して家庭を持ち、可奈美と共に穏やかに暮らしていたが、「鎮めの儀」の影響で寿命を削ったことから、若くして死去する。

現在

本編では何故か可奈美の夢の中に現れ、剣術の稽古を付けている。このため可奈美は睡眠学習というべき方法で、自然と剣術の腕を上げていた。なお、夢に出てくるのは17歳当時の彼女であり、夢の中では当時の記憶しかないため、可奈美が自分の娘だという実感はなかった。このことから可奈美には「師匠」などと呼ばせている。

本編では最強格とも言える可奈美を相手にほとんど負けたことがなく、単純な実力では作中に登場する刀使全体で見ても次元が違うレベルと言える。

生前は剣術を教えていた一方、刀使時代の話は可奈美に一切教えていなかった。よって相模湾大災厄の事は勿論、美奈都が刀使であったことすら全く知らされていない。可奈美が人伝にその事を知った際には流石に目を丸くし、同時に十条姫和柳瀬舞衣までも可奈美の「血筋」を知って驚いていた。

最終決戦後

最終回にて、タギツヒメを隠世に送るため共に飛んだ可奈美と、隠世にあった自宅と同じ空間において対面する。そして現世での事情を知った後、同じく隠世に存在していた篝とも再会する。
17歳の姿のままなのは、現世と隠世で魂が半分に分かれたためで、夢の中に出てきた美奈都もこの半身とも言うべき存在と同一人物である。
しかし、消滅していく隠世の運命を悟り、娘である可奈美と心残りが無いよう何戦か交えたあげく、打ち負かされる。さらに最後は母親として篝と共に可奈美と姫和に別れを告げた。
娘達を見送った後は、その光景を密かに眺めていたタギツヒメに「一戦交えないか」と呼びかけた。

なお、本編では一瞬しか映っていないが、結婚相手(可奈美の父)は同級生で、可奈美曰く「ラブラブだった」とのこと。本人曰く腐れ縁で、恥ずかしそうに「うぇ~想像したくないな~あんな奴と…」「何がどうやってあんな奴と~」と語りつつ、おかげで可奈美が生まれたと考えることで一応納得していた。生前はいわゆるツンデレだったのかもしれない。

関連タグ

刀使ノ巫女 衛藤可奈美
折神紫 折神朱音 鏡島江麻 吉野いろは 相模雪那 新見紗南 伏見結月 柊篝

pixivに投稿された作品 pixivで「衛藤美奈都」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3804

コメント