ピクシブ百科事典

リーフ・ラング・ド・シャー・ハルヴァー

りーふらんぐどしゃーはるゔぁーもしくはりーふおうじ

アニメ『DOG DAYS''』の登場人物。
目次[非表示]

CV:折笠富美子

概要

DOGDAYS´´6話から登場。

北方・聖(サンクト)ハルヴァー王国の第8王子。
ガレット獅子団ジェノワーズの一員であるベール・ファーブルトンは遠縁。

容姿はベールと同じくうさ耳の小柄な美少年。
幼少時は髪の毛が長く衣装と相まって女の子の様であった。
しかしレオンミシェリと出会ってから滞在の度に剣の稽古をつけてもらっており、
レオの帰国後も自身で鍛錬を欠かさず続けていた。
強く、優しく、自らに接し導いてくれたレオに特別な想いを抱き、
数年後レオに一騎打ちで勝った場合婚姻を検討される「お見合い興行」に参加する。
その際は全身を白装束(長いコートと覆面)姿で隠し、
レオに自分の身元がわかり手心を加え余計な気遣いをさせないよう配慮した。

その実力は小柄で華奢な姿とは裏腹に凄まじく高く、それまで大陸各国から集まった強者の求婚者たちを瞬殺してきたレオとほぼ互角に渡り合い善戦するほど。
機械弓と剣術を巧みに使い分け、巨漢の振るう大斧をも押し返すレオの腕力にも真っ向から打ち合い、
紋章砲さえ剣の一振りで真っ二つにした。

遂に作中での対人戦で初めて宝剣を抜いたレオを追い詰めるも、あと一歩のところで惜敗。
今以上に強くなることをお互いに約束し、今後の精進を決意した。

尚、戦闘でレオの防具を完全に破壊して全裸にするというシリーズ初の偉業を達した。

1期、2期でのレオのそれまでの戦績から考えてもかなりの実力を持つことが伺えるが、
お見合い興行に参加した理由はあくまで『レオと落ち着いた場所でゆっくり話し合う機会が欲しかった』だけで、お見合いそのものが結婚を前提とした物であることを理解していなかったという、
まだまだ子供らしい一面も見せている。

ちなみにウサ耳を除いた背丈は現時点での男性キャラの中では最も小さく、
女性陣でも比較的小柄なノワールミルヒオーレよりも更に小柄でクーベルとやっと同じか僅かに上と言うくらい。

その後は三国連合(ビスコッティ、ガレット、パスティヤージュ)に見聞を広めるため滞在する。
星鯨の一件後はベールと共にハルヴァーに里帰りした様子だが、荷物に等身大のミルヒオーレポップがあるあたり・・趣味はレオと一致した様で何よりである。

余談

レオとはお互いの中の人こんな繋がりも・・・。

めろりず♪


元々2期でもこの手のネタあった為、一部では今回もそれを意識してるのではとの推測も。
またプリキュア繋がりではリコもいる

関連タグ

DOGDAYS リーフ王子 うさ耳
おねショタ 男の娘
レオンミシェリ・ガレット・デ・ロワ ベール・ファーブルトン

pixivに投稿された作品 pixivで「リーフ・ラング・ド・シャー・ハルヴァー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22964

コメント