ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

身長161cm(アニメ版公式設定資料より)
CV大原さやか


概要

吉田清子とは、『まちカドまぞく』の登場人物である。
吉田優子/シャミ子吉田良子母親で、吉田ヨシュアの妻。

人物

いかにも「お母さん」らしい白の割烹着姿がトレードマーク。
夫ヨシュアの失踪後、光の一族の呪いによって多くのパワーや運を差し押さえられ、貧乏生活の吉田家を女手一つで切り盛り。少ない生活費(医療費や教育費を除いて月額4万円)をやりくりするため、倹約を心掛けている。

シャミ子ママン


貧乏生活に負けない芯の強さがあり、しっかり者の倹約家で、なおかつ茶目っ気や愛嬌があり優しい母親ではあるが、同時にシャミ子に負けず劣らずのドジな一面を有する。というか、シャミ子のドジっ子ぶり自体、彼女由来の成分らしい。
また、寛容で細かい点は気にしない質だが、邪神像をドアストッパーや肉叩きに使用したり、あちこちに放置したりしており、若干ずぼらな所もあったりする。

性格

主婦として、月4万円の呪いを受けつつ、倹約してシャミ子と良子を育てた。貧乏生活でも娘二人がひねくれる事無く育ったのは、母親としての彼女の努力があってこそである。
倹約家として町内のスーパーの安売り情報に長じており、スーパーのタイムセールを利用し、食材や日用品などを格安で購入するような、しっかりした一面を持つ。

今日のお夕飯はハンバーグです♪


シャミ子は桃に「うちのハンバーグは鶏肉で作ります」と言っており、安価な食材で色々と工夫していた事をうかがわせる。
シャミ子が桃へおすそ分けに持って行った料理も、鶏肉ハンバーグに豚肉ともやしの卵とじ、小分けにしたお惣菜(内容は不明)などを、シャミ子に一部手伝ってもらい作っている。

他にも、「パンケーキを作る時、豆腐と冷やご飯を生地にまぜてかさ増しする」「お好み焼きの生地におからを混ぜてかさ増しする」といった工夫が劇中で判明している。

これらに加え、シャミ子に受け継がれたと思しきドジっ子成分はこの年齢でも健在である。家の冷蔵庫が故障し新調した時も「アパートの扉の大きさを失念しており、大きすぎて入れないサイズを購入」してしまい、返品する事になってしまった。
※この際、ごせん像も巻き添えで(というか半ば腹いせで)酒漬けにされた。

くるくるくる~ん
新しい冷蔵庫の舞


ちなみに、冷蔵庫を購入する際には、「新しい冷蔵庫の舞」なる踊りを踊っている。

シャミ子により月4万円の呪いが解けた後も、以前のような安価な食材を購入していた。これは「高級食材いくことに腹くくれなかった」事もあるが、「他にもいろいろ差し押さえ中なので、がっかり微調整が入らないように」という理由からである。

千代田桃がばんだ荘に越してくる際には、桃が挨拶品が何がいいかとシャミ子に相談している際に「くれるならお米券をお願いします」とリクエストしていた。

牛肉を見る権利


なお、高級な食材に対しては縁が無かったためか、桃が挨拶品として牛肉を提供した際、「牛肉を見る権利をくれました。みんなで拝みましょう」などと言っている。
この牛肉ですき焼きを作り、桃とミカンの歓迎会を開いて、娘たちのみならず魔法少女二人にも振舞っている。

まぞくの妻

漫画・アニメにおける「少年少女主人公の母親キャラ」ではよくある事だが、二人の子持ちとは思えないほど若々しい美人でもある。本人曰く「闇の眷属となってから老け止まりしました」。
「老け止まり」とは本作らしい軽い言い方だが、要は悪魔との契約で不老長寿の肉体を得たということであろう。こういったお約束要素に対して、設定上からの説明付けあるのはなかなか珍しいと言える。

妄想ヨシュアさんまとめ
シャミ子の誕生日イラスト


漫画によっては「夢魔の類と夫婦の契りを結び、まぐわり続けて複数の子を孕み、ヒトを辞め悪魔の一族となった永遠の若さを保つ美女」という存在はなかなかにダークファンタジーエッッな雰囲気を醸しそうだが、上述のようなほのぼの生活描写によって本作らしいライトな空気に抑えられている。

リリスがごせん像から直接喋れるようになってから(2巻14話、アニメでは一期7話)、家長として権威を振るおうとしたリリスに対し、缶チューハイをお供えしたり、ポン酒風呂を用意したりして、その発言を封じていた。
その際、
今はパーリータイムですので、込み入った話はご遠慮願います
仲良く同居したいですね、大姑さん
などと言っている。
その様子を見たシャミ子いわく「この家の新しいパワーバランス、ちょっと見えました

なお、当然ながら成人ゆえに、リリスとともに飲酒していたりする。

当初は病弱なシャミ子に気負わせないようにヨシュアの素性や現状を隠していたが、シャミ子が先祖返りして角としっぽが生えたことにより、吉田家の真相を語った。

趣味・その他

懸賞に応募する事を趣味にしていたらしいが、過去に全然当たらなかったらしい(シールを集めて送るものらしいが、当たらなかったため「当たらなかったら切手泥棒です」と言い放った)。これは、シャミ子が桃に挑戦するための資金(小遣い)を捻出するため、やめてしまった。

趣味とは違うが、たまさくら商店街のポイントカードを有しており、ポイントを溜めて「いい感じの皿」を手に入れていた。しかし一枚入手するごとにデザインが変更していったため、三枚入手する頃には、棚へのおさまりが悪かった。
それをふまえ、アニメ一期10話劇中では、三枚同時に交換できるまでポイントを溜め、同じデザインの皿三枚を交換するためにたまさくら商店街へと向かっていった。また、ポイントカードを出す際には、冷蔵庫の舞のように、ポイントカードの舞を踊っている。

これらの他、チラシを折り紙のように折って、色々と作れるらしい。
チラシからアート作品(劇中では原作4巻に、アニメは2期OPおよび10話に、チラシを折って作った鳳凰のオブジェが登場)を作るのみならず、生ごみを捨てるための小箱も作っていた。
シャミ子は小箱の作り方を習っており、ミカンがごみとともにチラシを溜め込んでいたことから、小箱を多く作っている。他にも紙鉄砲も作った。
シャミ子いわく「お母さんのチラシアートはすごいんですよ」。

関連タグ

まちカドまぞく
吉田優子/シャミ子 吉田良子 吉田太郎/ヨシュア リリス

関連記事

親記事

吉田家 よしだけ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「吉田清子」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「吉田清子」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 793693

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました