ピクシブ百科事典

恋雪

こゆき

恋雪とは『鬼滅の刃』の登場人物である(曖昧さ回避付き)。
目次[非表示]

曖昧さ回避

恋雪さんとアイラスさん
綾瀬恋雪
をそれぞれ参照。

概要

狛治さん もうやめて
「私は狛治さんがいいんです 私と夫婦になってくれますか?」

恋は雪のように儚い


恋雪とは、漫画『鬼滅の刃』の登場人物である。花の形の瞳と、雪の髪飾りが特徴的な少女。
153話で炭治郎に頚を斬られても動き続け、攻撃をやめない猗窩座を引き留める形で初登場。
狛治(人間だった頃の猗窩座)が慶蔵に連れられてきた彼の道場、素流道場の一人娘。
病弱で寝込んでいたが、狛治の看病により普通に暮らせるようになるまで回復。花火の下で恋雪からプロポーズをし、祝言を上げることになった。

『この温もりと共に』




しかし、狛治が父親の墓に祝言を上げることになった報告に言っている間に、ひょんなことから道場や土地を手に入れた慶蔵をよく思っておらず嫌がらせを繰り返していた素流道場のとなりの剣術道場が、狛治と慶蔵とまともにやり合っては勝てないという理由で井戸に毒を入れたことで、慶蔵とともに殺されてしまった。
父の墓から帰って「命に変えても守りたい」と思っていた2人が殺されたことを知った狛治は、隣の道場を襲撃し67人を殺害した。

その後、156話にて無惨の呪いによって復活しようとする猗窩座を引き留め、157話の扉絵で一緒に地獄に向かった。

狛恋



余談

猗窩座の技の名前の由来が花火の名前、術式展開の時に恋雪の髪飾りである雪の模様が地面に出てくる、猗窩座は決して女性を食わないし殺さないなど、猗窩座の鬼としてのあり方にかなり影響を与えた。

また、猗窩座初登場回の扉絵が猗窩座の背中であり、猗窩座退場回の扉絵が振り向き、半分狛治へと戻っている猗窩座であるため両扉絵は恋雪視点ではないかとの考察がある

猗窩座の名の由来(要約して役立たずの狛犬)や炭治郎の台詞(「煉獄さんは守り抜いた!誰も死なせなかった!」→猗窩座は誰も守れず、皆を死なせてしまった)等初登場時のあらゆる描写がその過去を示唆している事から彼女も設定として存在していたはずというのが根拠となっている。

キメツ学園

狛恋


20巻で狛治共々設定が明かされた。
こちらでは「素山(そやま)恋雪」という名前で、年齢は16歳(素山姓の由来は、おそらく父である慶蔵が修めた流派『素流』から)。高等部1年紫陽花組。
現代設定に合わせ、結い上げていた髪はショートボブとなっており前髪をポンパドールにしている。
狛治とは家が隣の幼馴染らしく、幼い頃から結婚の約束をしていて(親公認)、なんと現在既に結婚している。狛治とのあだ名は「姫」と「狛治殿」。狛治と手芸部に入っている。

関連タグ

鬼滅の刃 狛治 猗窩座 
慶蔵 狛恋 
鬼滅の刃の登場キャラクター一覧 
花火 雪の結晶 恋人

関連記事

親記事

狛治 はくじ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「恋雪」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3741448

コメント