ピクシブ百科事典

大江奏

おおえかなで

「ちはやふる」の登場人物。

概要

CV:茅野愛衣

綾瀬千早真島太一らと同じで瑞沢高校かるた部員。
かるた部創立メンバー。会計11月3日生まれ。16歳17歳。1年6組→2年5組。私立文系。
実家は「呉服の大江」という呉服屋で、和服をこよなく愛している。当初、和服を着たいがために弓道部に所属していたが体力に乏しく、他の部員から浮いていた。千早から競技かるた部に誘われ、試合のときにを着用することを条件にかるた部へ転部する。
千早や西田駒野からは「かなちゃん」と呼ばれている。常に敬語で話す。
古典おたくで、百人一首や歌に関して造詣が深い。和歌の背景や意味を大事にしており、試合でも札の確認などにその意向が強く表れている。また、彼女の和歌への思いは、千早にも影響を与えている。しかし「百人一首」と「競技かるた」の違いを理解していなかったためか、かるた部入部当初は、その違いに戸惑う部分も見られた。そのためか、かるた部創設メンバーでは今だC級のままである(1年後輩の筑波にも抜かれている)。
巨乳で、富士崎高校江室曰く「Hカップ」。そのため、対戦相手から「ボインちゃん」と、からは「ロリ巨乳」と呼ばれた。また、名人戦・クイーン戦の東日本予選で出会った原田からは「おでこちゃん」と呼ばれた。

翠北かるた会所属で、専任読手に憧れを抱いている。しかし専任読手は一定期間A級で活動しなければならないことを知って落ち込んでいた。

古典文学などに精通しており、百人一首も意味や背景をすべて理解している。
「かるたが歌であることをわすれたくないんです」 というセリフも。

おそらく部内の2年生で太一の恋に気づいているのは彼女だけであるように観察力もある。
見た目こそロリ系だが、太一の退部による精神的ショックを引きずっている千早に休部を勧告したり、ざわついている下級生を叱るなど、芯が強い一面がある。

名前の大江は「大江山 いく野の道の 遠ければ、まだふみも見ず天の橋立」から。

関連タグ

ちはやふる 百人一首 大江 かなちゃん
トランジスタグラマー

pixivに投稿された作品 pixivで「大江奏」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 721473

コメント