ピクシブ百科事典

ラティファ・フルーランザ

らてぃふぁふるーらんざ

ラティファ・フルーランザとは、『甘城ブリリアントパーク』のキャラクター。
目次[非表示]

CV:藤井ゆきよ

人物像

甘城市にある寂れた遊園地「甘城ブリリアントパーク甘ブリ)」の支配人。
薄桃色のフリル調のドレスを身に纏っている。
その正体は、「メープルランド」という魔法の国の王女であり、彼女の体調を気にかけるモッフルは叔父にあたる。千斗いすずの上司的存在。閉園寸前の危機を迎えた遊園地を救うため、「神託」で選ばれた高校生の可児江西也を頼り、彼に支配人代行として甘ブリの再建を依頼する。

盲目(アニメでは特に盲目という描写は見られない)で体も弱いが、それはとある「呪い」を体にかけられているため。コロッケが得意だったり、エレメンタリオの親睦会にすき焼きを振る舞ったりと、何故か庶民的な料理に通じている。

関連項目

甘城ブリリアントパーク 可児江西也 千斗いすず モッフル ティラミー マカロン(甘ブリ)  エレメンタリオ ドレス フリフリ フリル



















ネタバレ注意

彼女にかけられた「呪い」は故国に現れた巨大なドラゴンの退治をとある魔法使いに依頼した際、恩賞として魔法使いに彼女を嫁がせることを父王が約束、しかし、魔法使いがいざドラゴンを追い払うと父王は約束を破って軍隊を魔法使いに差し向けたことから始まる。 
怒った魔法使いは彼女に「呪い」をかけ、人々の喜び、笑いによって作られる一定の「エレメンタル」が得られないと「記憶」と「年齢」がリセットされ、それが断たれると最終的には命を失うことになるという、非常に厄介なものとなっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ラティファ・フルーランザ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5844576

コメント