ピクシブ百科事典

可児江西也

かにえせいや

『甘城ブリリアントパーク』の主人公。甘ブリのオーナー代理。
目次[非表示]

CV:内山昂輝

概要

自分に見とれるようなイケメンで、勉強も運動もできる重度のナルシスト。常に人をバカにした、いわゆる「俺様キャラ」な態度を取っており、友達はいないしつくろうともしない。わざと人を遠ざけるために振る舞っているらしく、目上の人間に対しては敬語を使う。

かつて役者の世界で天才子役・児玉誠也として名を馳せるも、数年前に突如として引退。ただの万能高校生に成長するが、転校してきたお堅い巨乳美少女千斗いすずに、いきなりどこぞの黄色い魔法少女のような装飾過多なマスケット銃を突きつけられ、日本一残念な遊園地「甘城ブリリアントパーク(甘ブリ)」へとデートに連れ出される。
パークを回る中で見せつけられた、「残念」を通り越していっそ「悲惨」な園内の様子にイライラを募らせ、終いには支配人を名乗る女性から「あんたに支配人代行をやらせろという神のお告げがあった。だからやりなさい(意訳)」という無茶苦茶な要求を突き付けられる。当然ながら断ろうとする西也だったが、甘ブリの惨状を目の当たりにして我慢ができず、やってやろうじゃないかとばかりに期限付きで引き受けることに。
お告げで選ばれるだけあって、高校生離れした才覚でテーマパーク再建を推し進め、芸能界で得た知恵と経験を活かし、一筋縄ではいかない甘ブリ運営に奮闘する。

魔法

支配人代理就任に際し、リアル魔法の国出身であるいずず達から魔法を一つ授けられており、相手一人につき一回限り、相手の考えていることを読み取ることができる能力を持つ。
効力そのものは非常に有用であるものの、一度使ってしまった相手には効果がなくなってしまう
ため、支配人としてやっていくうえで、使いどころを考える必要のある「切り札」として使うことにしている模様。
……なお、西也はゲームに興じる際、強力なアイテムを手に入れても「後にとっておこう」と温存したまま、気が付けばゲーム終了まで通常ショットで進めていたようなタイプである。

家庭・学校における事情

両親の離婚を経験しており、元の名字は「久武」。「可児江」は母親の旧姓。
現在は、保護者である叔母のもとで暮らしており、父親のもとで育てられている妹がいる。

幼い頃から天才子役として芸能界で仕事に明け暮れていた反動や、離婚による家族離散の影響もあってか、およそ友達づきあいというものが不得手。学校でクラスメートに囲まれてはいても、気安く会話のできる「友達」と呼べるような存在は殆ど居らず(今の学校では辛うじていすずや、後輩にしてパークにおける部下でもある中城椎菜ぐらいか)、ともすれば高慢ともとれる上述の態度はその裏返しに近い。ちなみに、トイレランチ経験者でもある模様。

毎日が火の車な「甘ブリ」の経営に携わり始めてからは日常でも商談や業務で多忙になり、学校も休みがちになっていることから出席日数や単位が危うくなり始めており、そこら辺を担任教師に心配されてもいる。

関連タグ

甘城ブリリアントパーク 千斗いすず せいすず

pixivに投稿された作品 pixivで「可児江西也」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 811470

コメント