ピクシブ百科事典

ファンタ

ふぁんた

ビールよりコーラ。コーラよりファンタ。

概要

1940年第二次世界大戦コカ・コーラの原液を輸入できなくなったコカ・コーラのドイツ法人で開発された。
これはリンゴジャムチーズの製造工程中に生じる副産物より開発・製造されたもので、味は果汁入りオレンジジュース:コーラ:レモンジュースを0.375:0.375:0.25位の割合で、当時、この味に慣れ親しんだ世代のドイツ人の間ではシュペツィという名称の飲み物として名残りが残っている。
ブランド名は、商品名を決める会議で主任が「想像力(Fantasie)を使え」(英語のFantasyの「空想」とは意味が少し異なる)と言ったのに対して、「Fanta」との即答が返ってきたことによる。

日本では、戦後1958年に初めて販売された。
1960年にはコカ・コーラ社によって商標が買い取られ、1961年、アメリカ国内では「7Up」に対抗するため、ドイツ国内で販売されていたファンタクリアレモン味を「スプライト」という名称で販売した。
現在は世界180カ国で販売されており、最も消費量が多い国はブラジルである。

関連タグ

炭酸飲料 ソーダ
コピペBot:かつてファンタが無果汁だったことをネタにした与太話がある。

pixivに投稿された作品 pixivで「ファンタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 607055

コメント