ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ライトノベル作家、白石定規原作のファンタジー小説

「旅々」は作者による造語。「魔女の旅」だと安直かつ他の作品と被るから、という理由でこのタイトルになった。


魔法使いとしての最高位「魔女」の称号を与えられた少女(女性)イレイナが、様々な国を渡り歩くロードムービーとなっており、主人公であるイレイナを除き話ごとに登場人物が入れ替わる他、度々イレイナが出てこない話も存在する。

基本的に一話完結だが、同巻、あるいは巻をまたいで、話に繋がりがある場合もある。


所謂『キノの旅』のファンタジー版と想像すれば分かりやすく、作者自身影響を受けた作品の一つに挙げている。

各国が城壁で囲まれ大きく文化・価値観が異なる点や、話ごとの作風が微笑ましいものから報われないものまで大きく違う点も共通する。


影響を受けた作品に挙げているだけに、原作初期はあちら同様、事件に深入りせず終始旅人としての立場をわきまえた話や、手を貸してもやるせない結末を迎えてしまうなど暗い話が多く、特に原作序盤の話が集められたコミカライズはそれが目立つ。このため原作非完読の人からは「暗い作品」という評価を付けられることが多い。

しかし原作全巻を通してみると、明るい話や馬鹿馬鹿しい話、ゲストキャラが報われるハッピーエンドが大半を占めている。


主人公の性格や能力の違い、もしくは打ち切りからの復活を経て需要を考えた結果路線を変更したのか、徐々にあちらとの差別化が進んで行く。

大雑把に記すと、キノの旅が全体的に薄暗く「国の文化や痛烈な風刺、メッセージ性の強い寓話」を主体にした淡々とした作品なら、魔女の旅々は明るい話の方が多く「出会った人との交流」が主体といった所。ついでに言うならイレイナを取り巻く百合要素も増えて行く。


元々はAmazonの電子書籍サービスkindleで電子書籍として発売されていたが、最初の頃は売れ行きに行き詰まり作者本人が2ちゃんねるのニュース速報Vip板でスレッドを立てるなどして宣伝していた。

やがて口コミで話題となり、GAノベル(⇒GA文庫の記事を参照)から発売された。

コミカライズ版も『マンガUP!』と『ガンガンONLINE』にて低頻度だが連載中。


さらにC2C制作のテレビアニメが2020年10月から同年12月にかけてAT-XTOKYOMXサンテレビKBS京都およびBS11テレビ愛知にて放送された。また、ABEMA等での配信も行われていた。

オープニングは上田麗奈の「リテラチュア」、エンディングはChouChoの「灰色のサーガ」。


登場人物

イレイナ

魔女名/灰の魔女

CV:本渡楓

主人公。故郷にて15歳という若さで魔法使いの最高位「魔女」の称号を獲得した少女。自他ともに認める美少女だが腹黒い守銭奴であり、作者曰く「性根の腐った丁寧語のクズ」。口癖はそう、私です

幼い頃に読んだ小説『ニケの冒険』に憧れ、同じ旅の魔女として各地を巡っている。


サヤ

魔女名/炭の魔女

CV:黒沢ともよ

東の国生まれの新米魔女の少女。出会ったイレイナの助力で試験に合格し、後輩の旅魔女としてデビューする。

イレイナの事を恩人として敬愛しているが、その愛はかなりの重さ。


フラン

魔女名/星屑の魔女

CV:花澤香菜

イレイナの師匠。

ロベッタの森で1年掛けて、イレイナに魔法を教えた。

現在は故郷の国にある魔法学校で教鞭をとっている。


シーラ

魔女名/夜闇の魔女

CV:日笠陽子

サヤの師匠。

魔法統括協会に勤務しているが、常に紫煙を吹かせるなどアウトローな雰囲気を持つ。

フランとは同じ魔法使いに師事した姉妹弟子の仲。


アムネシア

CV:小原好美

眠るごとにすべての記憶がリセットされてしまう謎の少女。「ある国」を目指し、イレイナと行動を共にする。


アヴィリア

CV:岡咲美保

アムネシアの妹。姉とは違い、魔法が使える。


ミナ

魔女名/煤の魔女

CV:高橋未奈美

サヤの妹で、姉より先に魔女となったクールな才女。

離れている間に姉のハートを奪ったイレイナに嫉妬気味。


ほうき

イレイナが乗っている愛箒。主の魔法により擬人化して行動出来る。

健気な性格で、度々イレイナを支援する。


ヴィクトリカ

CV:伊藤静

イレイナの母親。娘からは「ただの魔導師にしては卓越した実力を持っている」と思われていたが…?


※その他ゲストキャラも多い作品なので、これ以上は実際に読んで頂きたい。



世界観

多くのファンタジー作品と同様に、中世ヨーロッパを思わせる街並みの国が多く描かれ、様々な特色を持つ国家が点在している。

国々は城壁に囲まれているのが基本だが……ぶっちゃけ、イレイナのように空を飛べる魔法使い相手には意味のないものである。その辺のツッコミを解消するような設定は特に書かれていないため(魔法による防壁の存在、上空への見張りが多い、空からの不法侵入は重罪など)、空からの侵入を考えるような小賢しい魔法使いは存在しない世界なのだろう、多分。



悲喜交々な物語が描かれるため、アニメ勢からは武力が必要な過酷な世界と思われがちであるが、原作では魔女のような力がなくとも国外を気ままに放浪できる旅人が大勢出て来るため、実際は大分平和な世界である。

休暇を利用して国外旅行をする学生コンビ、とある国を目指しながら物見遊山の観光を繰り返す魔道師、魔女を詐称している豪運の少女など、その他にも魔女未満の実力の旅人が多数登場する。


その他にも命の危機に見舞われるような危険な悪党や魔法に長けた賊が存在しないに等しい(遭遇しても武器は棍棒だったりと、非常に原始的)、見ず知らずの他人から貰った食べ物を警戒することなく口にすることができる、初対面あるいは偉い立場の相手でもコミカルかつ無礼なやり取りが通じてそれに不快感を示す人間が登場しない、というか基本的にポンコツな人が多い……等々、世界全体基準での治安はかなり良い。


長旅を続けるイレイナも正当防衛などで人を手にかけた経験はなく、美少女の一人旅だからこそ、というような危機的状況に陥ったこともない。死体を見たこともあまりない、と語られている。

しかし大蛇や大狐といった魔物のような生物は一部の地域にはいるようで、それらを狩って生活しているゲストも稀に登場する。



魔法の扱いは生まれつき男性よりも女性の方が優れている、というのも本作の特徴。

また、魔女が畏怖や恐怖の対象ではなく、稀有で尊敬される存在となっており、「魔女である自分の言葉なら、耳を傾けてもらえるだろう」とイレイナが自信を持って語ることもあるほど。国によっては丁重に扱われ、何かしらの依頼を受けることもある。


しかし定期的に来るシリアスな話では、問題の元凶の黒幕が魔女である話が多い他、ポカをやらかして周囲に迷惑をかけている魔女もいる。

レギュラーキャラの魔女たちも悪事を働く弟子を叱らず、むしろ本人たちも詐欺行為を行っていたり、引き受けた仕事を放り出して職場に帰還するなど、人間性に何かしら問題のある人物の方が多いため、「魔女は偉大である」「讃えられる稀有な存在」というには説得力に欠ける部分も、あるにはある(むしろ畏怖の対象である方が自然かもしれない)


上記の通りコスプレをして魔女を騙るキャラもいるが、事実を知ってもイレイナは特に忠告をしていなかった他、初めは普通に騙されていた。このことを踏まえると、魔女の詐称や、魔女でも偽物と見抜けないブローチの偽造は罪に問われることはないと思われる。



何も成していなくても称号さえ持っていれば各地でもてなされる存在ではあるが、強大な力を持っているという立場上課されてもおかしくはない制限や、地位に驕り悪事に走ることを未然に防ぐような抑止となるべき法などは、特に定められていない。

魔法を用いた犯罪行為で路銀を稼ぐ道徳観の人間でも実力さえあれば称号を与えられ、気分次第で強大な力を奮える人間たちが自由気ままに旅している世界…という意味では、物騒な世界なのかもしれない。



関連動画

ティザーPV

PV2

PV3

ニコニコ版はこちらから


関連項目

GA文庫 ファンタジー小説 2020年秋アニメ

上田麗奈:アニメのOPが2ndシングルの『リテラチュア』。第8話のゲストキャラ役でも出演している。


users入り


外部リンク

GA文庫公式サイト内特設サイト

アニメ公式サイト

関連記事

親記事

白石定規 しらいしじょうぎ

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 130018260

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました