ピクシブ百科事典

オーバーシュート

おーばーしゅーと

元々は、「的を外す」、「(出口などを)行き過ぎる」という意味の動詞。2020年のコロナウィルス関連の会見等で使われ、感染症の爆発的な感染拡大をも指すようになった。
  1. 目標となる地点を行き過ぎること。適正値などを超過すること。「航空機のオーバーシュート」「酸素濃度がオーバーシュートする」
  2. 相場が、予想以上の大幅な変動を起こすこと。
  3. 感染症の患者が、ある時点から爆発的に増加することとされている。この用法は日本以外では通じない。(もっと言ってしまえば日本ですら世界共通の知識が求められる学者、医学では通じない。自民党の御用集団のみでしか通じない表現)これは和製英語と呼ぶ事すら愚かしい。疫病と言う世界共通の問題でありながら日本の政治の都合、印象操作を優先すると言う愚行から使われた日本語(カタカナ)である


3の概要

2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して、20年3月、感染対策について話し合う政府の専門家会議はオーバーシュートが起きるおそれがあるとして、対策の徹底を要請する提言を行った。その中には日本全土での大規模なイベント実施への慎重な対応、感染が確認されていない地域での学校活動やスポーツ観戦などについてのリスクを判断したうえでの実施などが盛り込まれた。

アウトブレイクを使わなかった理由?

本来、感染爆発という意味合いならばアウトブレイクという単語が既に存在する。なぜ耳慣れない、上記の会見以前ならば経済用語だった(参考記事)オーバーシュートをなぜ使ったのか…?
 上の参考記事の2ページ目には、理由の仮説が二つ示されている。一つは物騒な響きのパニック回避のため。もう一つは、人間の意思決定が今後の感染拡大を大きく左右する、だからこれからの行動を変えていこうという警鐘を込めたからという可能性である。身も蓋も無い事を言ってしまえば日本の専門家は自民党の御用学者の面が強く英語圏を中心にした共通の知識をもっていない事と疫病と言う世界全体の問題よりも自民党の都合が優先された事が理由

関連記事

親記事

感染 かんせん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オーバーシュート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1680

コメント