ピクシブ百科事典

シードル

しーどる

リンゴの果汁を発酵させて醸造した酒。あるいはそこから名前を採られたキャラクター。
目次[非表示]

シードルとは

  1. リンゴ果汁を原料として醸造した。りんご酒。 → 本頁で記述
  2. 架空キャラクターの名前。本頁に一覧あり。

リンゴ酒としての『シードル』

果実酒の一種。リンゴの果実を圧搾、その汁を発酵させて作る。発泡性がある場合が多いが、発泡性でないものも存在する。アルコール度は5%前後。

語源は、「果実を醗酵させてできた」を意味するラテン語「シセラ(Cicera)」。
ワインと同じくらい古い歴史がある。11世紀になって、フランスのノルマンディー地方に定着し、その後イギリスロシアなどのヨーロッパ各地、オーストラリアカナダでも愛飲されるようになった。
現在生産が最も盛んな国はイギリスで、以下フランス、ドイツスペインスイスと続く。

フランス語ではシードル(cidre)、スペイン語ではシードラ(Sidra)、ドイツ語ではアプフェルヴァイン(Apfelwein)、イタリア語ではシドレ(Sidre)。
英語ではサイダー(cider)というが、日本清涼飲料水であるサイダーとは別物。
フランスブルターニュ地方とノルマンディー地方のものが、とくに知られている。

シードルを蒸留するとリンゴのブランデーが得られる。中でもノルマンディー地方で造られるものは「カルヴァドス」と呼ばれ、有名である。

関連タグ

曖昧さ回避 pixpediaで分割された項目


『シードル』という名のキャラクター


「ファントムキングダム」のシードル

シードル


声:池田秀一
ファントムキングダム』に登場する魔王

かつてはサムライと呼ばれた人間の勇者でありながら、死して冥界に堕ち冥王となった異端の魔王。
着流しをまとい、腰には「天乃羽々斬」を差す。
その目には狂気が見え隠れしており、普段は何に対しても無気力・無関心で薄笑いを浮かべながら皮肉な物言いをするだけだが、なぜかサロメに対しては狂気と殺意を剥き出しにし、異常な執着心を見せる。

「王ドロボウJING」のシードル

王ドロボウJING』の「ドロボウの都」編 に登場するJINGガール
コニャックに囚われていた、人魚の姿をしている結晶生物の少女。

pixivに投稿された作品 pixivで「シードル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 106906

コメント