ピクシブ百科事典

ポエマー

ぽえまー

ポエム(Poem:詩)を記す、“人”。 そう思っていた。でも、違う…違うのだ―――
目次[非表示]

広義の概要

  1. を意味するポエム(Poem)を記す、その好きな人。
  2. 自称詩人に対する否定的な呼称、または完全な中傷
  3. 非常にポエムなモノローグを発するキャラクター。
  4. TRPGにおける迷惑GMの一種。プレイヤー二の次でNPC中心のシナリオを展開する者。


本記事では2と3について解説する。

2の概要

そもそも「poemer」とは実は和製英語であり、本来の英訳は「poet」である。
「poet」が正しい意味での詩人、即ち歴史に名を残した著名なpoetに対し、そうではない社会的に認められていないポエム作成者に対する揶揄、またはそれを他人に嬉々としてひけらかす厨二病患者に対する罵倒として使われる。つまり、本来は否定的な意味合いを含む造語である。

海外では「poet」自体もそのような意味合いで使われている場合があり、「poemer」は「空想家」など日本以上に否定的な意味合いが含まれる事がある。ジャンルによっては非常に強烈な罵倒として認識される。

3の概要

アニメやゲーム、ドラマなど各種創作では劇中のキャラクターがモノローグ発することが度々ある。が、その際に非常に詩的な言い回しや特徴的な口癖をくりかえしてしまった者に与えられる(ネタ的な意味で)名誉ある称号。内容はデスポエム謎ポエムなど多岐にわたる。
ナレーション次回予告を担当していると毎週のようにポエムを見せてくれることも。

主なポエマー

  • 皆城総士:SFロボットアニメ蒼穹のファフナー」のキャラクター。各回の〆に語る不穏なモノローグはデスポエムと称される。
  • 白雪少女漫画赤髪の白雪姫」主人公。アニメ版では爽やかなモノローグを度々披露してくれる。
  • キリコ・キュービィー:SFロボットアニメ装甲騎兵ボトムズ」の主人公。無口キャラなのだが、モノローグでは「予感。そうだ、俺だけが知る闇からの予感だ」「緑に塗り込められてはいるが、ここは地獄に違いない」などやたら詩的な言い回しを使うので、ファンから脳内ポエマーなどと呼ばれたりする。
  • マリー:「ペルソナ4ザ・ゴールデン」の登場人物。ゲーム中では一月に一回の割合でイタい内容のポエムを披露する(しかもフルボイス)。アニメ版では毎回開始直後に披露されるという出オチもの。P4U2では「そのイタさ、未来永劫! 虚ろの森のツンデレ詩人(ポエマー)」というキャッチコピーまでついてしまった。

pixivに投稿された作品 pixivで「ポエマー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10173

コメント