ピクシブ百科事典

辞世の句

じせいのく

辞世の句とは死ぬ間際に遺したことばの諸々のことである。

概要

死に際に遺されたのことを指す。多くの場合は死ぬ前に遺してあった最後の作品であるが、文字通り、死ぬ間際に咄嗟に詠まれたものもある。主に東アジア風習であると言われ、日本でも鎌倉時代以降に流行し、文人の多くが辞世の句を遺したとされている。
内容としては未練生涯の総括、死に対する考え方などである場合が多い。

和歌(短歌)をイメージされることが多いが実際には短型の歌であれば、漢詩であっても辞世の句に入る。→参考:Wikiquote

関連タグ

 
タマミツネ - 作成できる武器は日本史偉人(主に戦国武将)の辞世の句の一部から採られている。

pixivに投稿された作品 pixivで「辞世の句」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11338

コメント