ピクシブ百科事典

ペチコート

ぺちこおと

ペチコートとは、スカートの下に着用する下着の一種であり、主な着用の目的としてスカートの足へのまとわりつきを防ぐためのものである。
目次[非表示]

ペチコート(英語:petticoat、仏語:jupon)とは、スカートの下に着用する下着の一種である。
 この下着を着用する目的としては、「スカートのまとわりつきを防ぐこと」ならびに「スカートの形を保つこと」であり、特に前者の目的のために利用される。ミニスカート用やキュロットスカート用もある。

 しかし、歴史上「ペチコート」と呼ばれるものには別の意味も存在する。後述。

歴史

 本来、19世紀以前の英語にてこの言葉で呼ばれた衣服は、現在のような衣装ではない。これは、スカートという単語が「ドレスコート等の腰から下の部分」と言う意味を持ち、この言葉は現在で言うところの下着の意味ではなく、むしろ「ガウン状態のドレス」や、「スカートドレス」の意味である。

しかし、この言葉が下着の意味を持つようになるのは、19世紀以降、このころに過去の「スカートを膨らませる」というスタイルがはやりだし、そのため「スカートを膨らませるためにごてごてしたスカートの下に着用する下着」が必要となり、英国ではその形状からよく似ていたこの言葉が使われるようになったと推測される。なお、フランス語などでは、アラビア語由来である単語がそのまま用いられれている(日本語襦袢も同じ単語由来)。

この言葉の由来より、英語では、「ペチコートをはいた」とは「女」という意味の隠喩を示す。
また、日本においてこの衣装が導入されるようになったのはアメリカを経由して風習が入ってきたため、英語にて表記されることになったと推測される。

下着としての利用法

この下着は裾丈おおむね40cmから70cm位であり、これはスカートの長さにより使い分けられる。機能としては「静電気そのほかによるスカートのまとわりつきを防ぐ」「スカートの形状を保つ」「下着が透ける事を防ぐ」などの働きを持つ。
このうち一番目の目的が主であり、二番目の目的を主にする下着はパニエと呼ばれ区別されている。

日本における着用

日本においては20年前前後にはこの下着やスリップなどを着用する習慣があったものの、スカートに裏地がつけられるようになったためにあまり着用されることはなくなった。
 ただし、セーラー服のスカートは通常裏地がついていないため、三つ目の目的で着用する必要があると推測されるが、着用の習慣が無いためほとんど着用されない。これは記述者にとっては喜ばしいことである。理由はお察しください。あ、制服のスカートが白いのは二次元だけですよ?
二次元のペチコートは「スカートの裏がチラッと見えるとお洒落に見える」のも人気の秘訣かも。

表記ゆれ

ペティコート

関連タグ

衣類 下着 インナーウェア ファウンデーション
アンダースカート クリノリン パニエ ペチパンツ フレアパンティ
スリップ キャミソール
レース フリル

pixivに投稿された作品 pixivで「ペチコート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 331466

コメント