ピクシブ百科事典

サガン鳥栖

さがんとす

サガン鳥栖とは、Jリーグに所属するプロサッカークラブである。ホームタウンは佐賀県鳥栖市を中心とした佐賀県全域。
目次[非表示]

解説

創設年1997年
加盟年2006年
ホームスタジアムベストアメニティスタジアム
クラブカラー水色とピンク
マスコットウィントス


通称「鳥栖の兄貴」。佐賀県唯一の公式球技チームである。

J2発足時に加盟したクラブで最後までJ1昇格を経験していなかったが、2012年シーズンで初の昇格を果たす。

昇格当初は残留できればまずまずという評価であったが、初年度で最終節までACL争いに食い込む5位、2年目はリーグ12位だが天皇杯でベスト4。さらに2014年シーズンではシーズン途中に首位に立つ。

昇格以来安定した成績の裏には2年連続で赤字を抱えており、改善しなければJ3へ自動降格という経営危機があった。それを克服したのがCygamesという超大型スポンサーである。それ以来財政は大幅に改善され、代表クラスの選手の移籍を狙えるようになった。スタジアムや佐賀新聞などにグラブルなどのサイゲの広告が多数掲載されたり、アウェイ福岡ドームのネット裏に広告を出したことも。

歴史(チーム創設まで)

1987年に静岡県浜松市を本拠にPJMジャパンの設立したサッカークラブ「PJMフューチャーズ」を佐賀県が誘致、1994年に移転、「鳥栖フューチャーズ」と改名、Jリーグ準会員となった。
しかし、PJMジャパンの撤退が原因となって深刻な経営難に陥り、1997年1月にチーム運営会社の株式会社佐賀スポーツクラブが解散を決議(翌年破産)、その受け皿として1997年2月4日に佐賀県サッカー協会会長の中村安昭を代表とする任意団体として「サガン鳥栖FC」が発足した。
その為、「鳥栖フューチャーズ」とは経営的、組織的に直接のつながりはない。選手も元フューチャーズの選手はサガンに″移籍″となっている。

マスコット

佐賀県の県鳥カチガラスの「ウィントス」。

『J最強守備』


ベアスタでのホームゲームでは鳥栖市公式キャラクターのとっとちゃんと一緒にいることが多い。

スタジアム

ベストアメニティスタジアム。四方のスタンドが全て2層式の球技場で、さながらイングランドのサッカー場を思い浮かべる人も多い。

鳥栖駅の貨物駅跡地に建設されたので、当然鳥栖駅からは近い(九州で最も駅に近いJリーグスタジアム)。ただし鳥栖駅の出入り口はスタジアムの反対にしかなく、線路を渡る歩道橋は狭いので試合終了時には混雑する。

ただし自動車では、鳥栖駅周辺の駐車場では足りない。九州新幹線駅でもある新鳥栖駅に駐め、そこから電車で向かうサポーターも多い。

まさかのコラボ

佐賀県ロマンシング佐賀を展開している中、「ロマンシングサガン」が誕生するとは誰が予想していただろうか?

6月20日のFC東京戦にて、スタジアム内のBGMやMCもコラボによる特別仕様となる。

Cygamesがスポンサーになった9月からはアイドルマスターシンデレラガールズとのコラボ「スターライ☆鳥栖☆ステージ」を開催。

2017年開幕時にはユーリ!!!onICEのコラボ広告を出した。

関連タグ

Jリーグ 鳥栖

ロマンシング佐賀

外部リンク

サガン鳥栖オフィシャルホームページ

pixivに投稿された作品 pixivで「サガン鳥栖」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41978

コメント